≫メルマガにてブログ無料相談OKです。

アフィリエイト広告の種類は2つ。大きく稼ぐなら成果報酬型広告への取り組みは必須。

はじめ

  • アフィリエイト広告って何種類かあるの?
  • アフィリエイト広告の種類が知りたいんだけど…

本記事は、上記のようにアフィリエイト記事の種類が知りたいと悩む方に向けて記事を書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

私は、現在専業ブロガー・アフィリエイターとしてして活動しており、アフィリ収益のみで生計を立てています。

さて、初心者の方であればアフィリエイト広告にはどんな種類があるの?と疑問に思っている方も多いのでは?

私も最初は「アドセンスって何?」というところからスタートしました。

結論を言ってしまうと、アフィリエイト広告の種類は主に2つです。

この記事を読めば、そんなアフィリエイト広告の種類を理解し、またアフィリで稼ぐために重要な要素も理解する事ができますよ。

1. アフィリエイト広告の種類は2つ。大きく稼ぐなら成果報酬型広告への取り組みは必須。

さて、冒頭でもお話した通り、アフィリエイト広告の種類は以下の2つです。

アフィリ広告の種類
  1. 成果報酬型広告
  2. クリック型広告

具体的に一つずつ解説していきますね。

 

1-1. 成果報酬型広告

まずは、アフィリエイトの定番の広告「成果報酬型広告」です。

ASP広告(案件)とも言ったりします。

成果報酬型と言っても、成果地点は様々で以下のものがあります。

成果報酬型広告
  • 商品購入
  • サービス申込
  • 来店・参加
  • 資料請求
  • 会員登録

ブログに設置したアフィリエイト広告から商品が購入されたり、サービスが申し込まれたり、読者が商品の購入を完了したら報酬がもらえるタイプです。

基本、アフィリエイト広告というとこちらを指すケースがほとんどです。

ちなみに、以下の記事で「稼いでいる人が使っているアフィリエイトASP」をご紹介していますのでご参考までに。

稼いでいる人が使うアフィリエイトASP 7選【全て登録するべき理由】

 

1-2. クリック型広告

次に、クリック型広告です。

クリック型広告には以下の種類があります。

クリック型広告
  • Googleアドセンス
  • nend
  • i-mobile

この他にもクリック型広告は存在するのですが、最も代表的なものを抜粋しました。

こちらはその名の通り、広告がクリックされた時点で報酬が発生するタイプの広告です。

ちなみに、アフィリエイトのおすすめのクリック型広告については以下の記事でお話していますので合わせてどうぞ。

アフィリエイトのおすすめクリック型広告は1択。戦略までを解説します。

 

1-3. 大きく稼ぐなら成果報酬型広告の取り組みは必須です。

そして、アフィリエイトで大きく稼ぐためには「成果報酬型広告」への取り組みは必須です。

理由は、アフィリエイトで利益を出している人・企業のほとんどが「成果報酬型広告」に注力しているからです。

ちなみに、大きく稼ぐとは50万以上が一つのラインになるかなと。

なので、50万円以上をアフィリエイトで稼ぎたいと考えているのであれば「成果報酬型広告」を取り組みましょう。

 

【比較】成果報酬型広告とクリック型広告で月50万を稼ぐためのPV数

例えば、50万円を成果報酬型広告とクリック型広告で稼ぐメディアは以下の通りです。

成果報酬型広告メディア

1件10,000万円の案件×50件=50万円

PV数が5万PV~10万PVとそこまで多くなくても、50万円以上稼ぐ事が可能です。

※ちなみに、私の運営しているブログ4万PVで月間確定が70~90万ほどです。

クリック型広告メディア

1PV当たり0.3円×160万PV=50万円

「PV数=収益の最大化」なので、こちらはPVが命となります。

つまり、160万PV以上のブログを作らないと50万は厳しいです。

成果報酬型広告でマネタイズした場合、5万PV~10万PVでも50万円以上を稼ぐ事が可能。

逆にクリック型広告でマネタイズした場合、160万PV以上ないと50万円以上を稼ぐ事ができない。

5万PVのブログと160万PVのブログ、どちらを作るのが難しいかというと圧倒的に後者であるという事。

なので、月間50万円以上をアフィリエイトで稼ぎたいと考えているのであれば、「成果報酬型広告」でマネタイズすることがおすすめだということです。

また、以下の記事では「アフィリエイトの収益化方法」について解説していますので成果報酬型広告で稼いでいきたい方はどうぞ。

【簡単】アフィリエイトブログの収益化方法。月収70万の私が解説します。

 

2. 「売れるブログ」にするためには重要なのは「読者設定とキーワード」です

はじめ

でも、セールスライティングとか商品を売るためのスキルがないんだけど大丈夫なの?

売れるブログを作るために、ライティングスキルももちろん重要ですが、それよりも大事なのは「読者設定とキーワード」です。

 

2-1. 深い悩みを持つ読者を集客する

売れるブログ作るためには、深い悩みを持つ読者を集客することが非常に大事。

理由は単純で、深く悩んでいればいるほど問題を解決したいと考えており、行動に移す可能性が高いから。

例えば、以下の3名が検索キーワード「ブログ 稼ぐ」と検索したとします。

  • 23歳、専業主婦。夫婦仲も良好。遊ぶお金が欲しくブログで稼ごうと考えいる。
  • 32歳、会社員。ホワイト企業勤務で時間に余裕があったので副業を始めようと検討中。
  • 38歳、契約社員。借金取りに追われている。人生を変えるためにブログを始めようとしている。

この3名のうち、最も深い悩みを持っている読者はどれか?

誰もがわかると思いますが、3番目の38歳契約社員の方です。

そして、3番目の方は悩みが深く、何としても今ある問題を解決したいと考えています。

なので、この方に「ブログで稼ぐなら絶対この本を読んだ方が良いです。」とおすすめすれば本が売れる可能性は高いということ。

なので、「売れるブログ」を作りたいなら深い悩みを持つ読者を集めよう。

ちなみに、アフィリエイトのペルソナの設定方法については以下の記事でさらに詳しく解説していますので合わせてどうぞ。

【重要】アフィリエイトの「ペルソナ」とは?設定方法まで解説します。

 

2-2. 深い悩みを持つ読者が検索するキーワードで記事を書く

次に、深い悩みを持つ読者層が決まったら、その読者が検索するキーワードで記事を書きましょう。

理由は簡単で、深い悩みを持つ読者を集客するためです。

読者を設定しても、実際にブログに集客できなければ何の意味もありませんからね。

キーワードは市場から拾ってきつつ、先ほどの38歳の契約社員の人が検索するか考えていきます。

具体的に私なら以下のキーワードを選定します。

  • ブログ 稼ぐ すぐ」→借金に追われていることからすぐに稼げる方法を探す可能性大。
  • ブログ 稼ぐ 期間>」→ブログを始めたら、どれくらいの期間で稼げるようになるのか知りたい可能性がある。
  • ブログ 稼ぐ 100万」→実際にブログで大きな金額を稼ぐことができるのか?ブログで今ある借金返済は可能か調べる可能性がある。

あくまで例ですが、38歳の借金に追われている契約社員の方を集客する事を考えると上記のキーワードが良いかなと。

このようにキーワード選定では、「悩みの深い読者を集めるためには?どのキーワードで記事を書けば良いのか?」と考えることが重要です。

深い悩みの読者が決まったら、キーワード選定でそのターゲットを集客しましょう。

以下の記事では、アフィリエイトのキーワード選定について深掘り解説していますので合わせてどうぞ。

【初心者必見】アフィリエイトの「キーワード選定」のコツは3つだけ。

また、アフィリエイト記事の種類についても理解を深めておきましょう。

【初心者向け】アフィリエイト記事の種類は2つ。集客記事と収益化記事。

 

まとめ

今回は、アフィリエイト広告の種類についてお話ししてきました。

アフィリ広告の種類
  1. 成果報酬型広告
  2. クリック型広告

アフィリエイト広告は上記の2種類です。

そして、アフィリエイトで50万円以上を稼いでいきたいと考えているのであれば「成果報酬型広告」への取り組みは必須です。

理由は記事内でもお話しした通り、圧倒的に少ないPV数で稼ぐことができるからです。

ぶっちゃけ、100万PVを超えるブログを作ることは誰にでもできることではありません。

なので、少ないPVでも稼いでいくためには「成果報酬型広告(ASP案件)」を絡めたブログ運営を行なっていきましょう。

ちなみに、アフィリエイトのジャンル選定が終わっていない方は以下の記事で詳しく解説していますのでご参考までに。

【失敗しない】初心者のアフィリエイトのジャンルの選び方は簡単です。