≫LINEにてブログ無料相談OKです。

【解説】アフィリエイト初心者が記事執筆で意識する3つのポイント

はじめ

  • 初心者がアフィリエイト記事を書く時に何を意識すれば?
  • アフィリ初心者なんだけど何から書けば良いの?

本記事は、上記のようにアフィリエイト初心者が記事を書く時のポイントってなに?と悩んでいる方に向けて書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

ブログ歴は2年。現在はアフィリ収益だけで夫婦で仲良く暮らしております。

さて、私も初心者の頃はアフィリエイト記事ってどうやって書くの?何を意識すれば良いの?とわからない事ばかりでした。

結論をお話すると、記事を書くために「下準備」が7~8割重要です。

この記事を読めば、アフィリエイト初心者が記事執筆で意識するべき3つのポイントを理解することができますよ。

1. アフィリエイト初心者が記事執筆で意識する3つのポイント

さて、アフィリエイト初心者が記事執筆で意識するポイントは以下の3つです。

意識すべき3つのポイント
  1. 記事ネタはユーザーの悩みから
  2. 記事の読者設定
  3. キーワードの検索意図を満たす

冒頭でもお話した通り、重要なのは記事を書く前の「下準備」です。

具体的に一つずつ解説していきます。

 

1-1. 記事ネタはユーザーの悩みから

ユーザーの悩みを知らずにいきなり記事執筆に入るのはNGです。

理由は書きたいことだけを書いてしまうとそれは単なる自己満足になるから。

自分の書きたいネタ・お題を考えて、記事を書くというのが最も良くないやり方です。

例えば…

悪い例
  • 今日、ラーメンを食べた感想を記事にしよう!
  • 老後2000万円問題について俺はこう思ってる!
  • 芸能人の不倫問題、俺はこう思っているぞ!

ぶっちゃけ、一般人の思想や考えに全く価値はないです。

読みたいと思う人はマジで少ないです。

あなたが有名人であれば、思想や考えに価値が生まれますが一般人の方である場合、これらの記事は書かない方が良いです。

なので、まずはユーザーの悩みを徹底的に調べることが記事を書くスタートです。

悩みを解決するための情報にこそ価値があります。

 

【具体例】脱毛案件をアフィリエイトする場合

仮に脱毛案件をアフィリエイトする場合なら「どんな人が?どんなことを?」悩んでいるのかを徹底的に調べましょう。

使うのはYahoo!知恵袋でOKです。

悩みの具体例
  • 脇毛を処理したいんだけど、剃ったらチクチクしない?
  • 除毛クリームで処理してもチクチクするの?

Yahoo!知恵袋を見てみると上記のように「脇毛の処理」について悩む男性がいることがわかります。

このことから、「脇毛の処理」に悩んでいる男性の問題を解決してあげるための記事を書いてあげれば「脱毛案件」が売れるのが予測できます。

つまり、記事を書くためには「ユーザーの悩み」を知ることがスタートです。

また、アフィリエイト記事のネタ切れで困っていると悩んでいる方向けに以下の記事で詳しくお話しているのでどうぞ。

【簡単】アフィリエイト記事のネタ切れは「ユーザーの悩み」を知れば解決です

 

1-2. 記事の読者設定

次に、その記事が誰に向けて書いているものかを明確に設定してあげることが重要です。

記事の読者設定(ペルソナ設定)です。

理由は単純で、読者は「自分に向けられて書かれた記事ではない」と感じると、行動を起こさない可能性が高くなるからです。

人は名指しされなければ、行動しないのです。

ちなみに、これは傍観者効果という心理が関係していると言われています。

傍観者効果とは、社会心理学の用語であり、集団心理の一つ。

ある事件に対して、自分以外に傍観者がいる時に率先して行動を起こさない心理である。

傍観者が多いほど、その効果は高い。

引用:ja.wikipedia.org

例えば…

具体例
  • 「この商品は、脇毛の処理で悩むみなさんにおすすめです。是非ご購入下さい。」
  • 「この商品は、脇毛の処理で悩む20代男性会社員の方におすすめです。是非ご購入下さい。」

恐らく、後者の文章の方が20代男性会社員が見た時「自分のことだ!」と認識してもらい、購入までつながる可能性が高いです。

前者はより多くの読者層に呼び掛けている文章にはなっているのですが、傍観者となってしまう可能性が高いということです。

なので、この記事は誰に向けて書いている記事なのか?読者設定をしてあげることはとても重要です。

詳しくお話するとこれだけではないので、アフィリエイトの読者(ペルソナ)設定の方法については以下の記事で詳しく解説していますのでご参考までに。

【重要】アフィリエイトの「ペルソナ」とは?設定方法まで解説します。

 

1-3. キーワードの検索意図を理解する

次にキーワードの検索意図をしっかりと理解することです。

理由は単純で、検索意図を満たす記事はSEO的にも有利だからです。

  1. Googleは検索キーワードの意図を読み取る
  2. ユーザーの検索意図を満たすことができるページを検索結果として表示
簡略的に書くと、Googleの検索エンジンはこのようなシステムです。

なので、検索意図を満たして記事を書く事は、SEO攻略に繋がるということです。

 

検索意図は2つある

ちなみに、検索意図には以下の2種類があります。

検索意図の種類
  • 顕在ニーズ
  • 潜在ニーズ

この二つを簡単に説明すると、

  • 「読者が求めている情報」が顕在ニーズ
  • 「+αで教えてくれると読者が喜ぶ情報」が潜在ニーズ

そして、Googleから評価され、上位表示されるためにはこれら2つのニーズを満たすことが重要であるということです。

なので、キーワードの検索意図を理解しない事には記事が書けないので、検索意図を理解することが重要なのです。

SEOキーワードにおける検索意図を読み解くコツは以下の記事でお話していますのでどうぞ。

【必須】SEOキーワードの検索意図を読み解く。顕在・潜在ニーズを知ればOK

 

2. 【SEO】アフィリ初心者が記事を書く際の注意点

はじめ

実際に記事を書く時の最低限気を付けるべきポイントは?

アフィリエイト初心者の方は記事執筆の際、以下の3つは最低限徹底しましょう。

気を付けるべきポイント
  1. 記事タイトルにキーワードを入れる
  2. 見出しにもキーワードを入れる
  3. 記事の冒頭に答えを書く

 

2-1. 記事タイトルにキーワードを入れる

当たり前ですが、記事タイトルには狙っているキーワードを入れましょう。

理由は簡単で、そのキーワードで上位表示するためです。

記事を書く目的は集客のため。集客するためには、上位表示が必須だからです。

例として本記事の記事タイトルで解説します。

本記事タイトル
【解説】アフィリエイト初心者記事執筆で意識する3つのポイント

私が本記事で狙っているキーワードは「アフィリエイト 初心者 記事」です。

タイトルを見ていただくとわかる通り、上記の狙っているキーワードを入れてます。

このように記事タイトルにしっかりとキーワードを入れることは、上位表示させるためには必須要素です。

 

2-2. 見出しにもキーワードを入れる

タイトルだけではなく、見出し(h2,h3)にもキーワードを入れましょう。

こちらの理由も狙っているキーワードで上位表示を獲得するためです。

SEO的にも見出し(h2,h3)はタイトルの次に重要な要素になっている可能性が高いです。

例えば、本記事の見出しを例にしてみると…

1. アフィリエイト初心者記事執筆で意識する3つのポイント
1-1. 記事ネタはユーザーの悩みから
1-2. キーワードの検索意図を満たす
1-3. 記事の読者設定

2. 【SEO】アフィリ初心者記事を書く際の注意点
2-1. 記事タイトルにキーワードを入れる
2-2. 見出しにもキーワードを入れる
2-3. 記事の冒頭に答えを書く

狙っている「アフィリエイト 初心者 記事」のキーワードを見出しに入れるようにしています。

ただし、文章が不自然になってしまう場合は入れなくても良いかもしれませんが、h2の見出しには基本キーワードは入れた方が無難だと私は考えています。

なので、初心者の方は見出しにキーワードを入れることを徹底するのがおすすめです。

 

2-3. 記事の冒頭に答えを書く

記事の冒頭にタイトルに対する答えを書く事を徹底しましょう。

理由は単純で、ユーザーは文章を読みたいわけではなく「結論」が知りたいからです。

このことはウェブライダーの著書「沈黙のWebライティング」に書かれています。

※ちなみに、ウェブライダーとは京都に本社を置く、業界では有名なSEOコンサル会社です。

なので端的に結論・情報を伝えてあげることがユーザーの満足度を高めることに繋がります。

例えば、本記事の構成を見てみると…

タイトル:【解説】アフィリエイト初心者が記事執筆で意識する3つのポイント

h2:アフィリエイト初心者が記事執筆で意識する3つのポイント

さて、アフィリエイト初心者が記事執筆で意識するポイントは以下の3つです。

  1. 記事ネタはユーザーの悩みから
  2. キーワードの検索意図を満たす
  3. 記事の読者設定

タイトルに対する答え(結論)を記事の冒頭に書いています。

基本はこの流れ(タイトルに対する答えを冒頭に書く)を徹底しましょう。

悪い例は…

悪い例

タイトル:【解説】アフィリエイト初心者が記事執筆で意識する3つのポイント

h2:読まれない記事とは?

□□□□□□□□□□□□□□□

タイトルとは関係のない理由や事例、または「~とは?」みたいな見出しから始まっている記事をよく目にします。

そういう記事に限って、前半でダラダラと理由を述べて、最後にちょこっと結論を書いている記事構成になっているのですが、これはユーザービリティが低い文章構成です。

ユーザーはまず「結論」が知りたいんです。

まずは「結論」を書き、その後に結論の理由・補足をするという文章構成を徹底しましょう。

実際に私が実践しているアフィリエイト記事の書き方については以下の記事でまとめていますので、そちらも合わせてどうぞ。

【収益120%UP】稼げるアフィリエイト記事の書き方。「型」を意識する。

 

3. アフィリエイト初心者は数をこなすべき

色々とアフィリエイト初心者が記事執筆で意識するポイント・注意点をお話してきましたが、

最初はとにかく数をこなし、記事を書きまくることが重要です。

 

3-1. 最初は「数が正義」

始めた当初は、悩む暇があったらまずは手を動かし記事を書いていきましょう。

理由は単純でスキルを上達させるためには数をこなすしかないからです。

ZOZOの田端信太郎さんの著書にも以下のように書かれています。

とにかく量をこなせ。量が質を生む。

引用:著書「ブランド人になれ!」より

正直、最初はこれが本質かなと。

いくら良い情報を手に入れても、実際に手を動かし、経験しない事にはブログに必要なスキルは伸びていきません。

なので、最初の1年間はとにかく記事を書きまくることに集中し、数をこなしましょう。

アフィリエイトの失敗は間違いなく「途中で諦めること」ですからね。

【経験者が語る】アフィリエイトの最大の失敗は「途中で諦めること」です。

 

3-2. アップしてみないと記事の評価はわからない

SEOの内情などGoogleのみぞ知るなので、いくら優秀なアフィリエイターでも上位表示されるかされないかは記事をアップしてみないとわかりません。

実際にアフィリエイトで年間5,000万円以上を稼いでいるスーパーアフィリエイターのクロネコ屋さんも以下のようにコメントしています。

ぶっちゃけ、これが本音という部分もあります。

要は記事を書いてみてアップしてみないと、どういう結果が起こるのかは未知数。

もし、記事をアップして評価されなければ、リライトしてあげればいいだけです。

まずは行動しない事には結果もわかりませんよ。

 

まとめ

今回は、アフィリエイト初心者が記事執筆で意識する3つのポイントについてお話してきました。

意識すべき3つのポイント
  1. 記事ネタはユーザーの悩みから
  2. キーワードの検索意図を満たす
  3. 記事の読者設定

繰り返しにはなりますが、アフィリエイトの記事を書く下準備が7~8割重要です。

最初は時間が掛かるかもしれませんが、慣れれば5~10分でできる作業になります。

初心者の方は、上記の3つのポイントを気を付けつつ、記事を書いてみてください。

以下の記事では、アフィリエイトの始め方について具体的に解説していますのでそちらをどうぞ。

【ゼロから学ぶ】アフィリエイトの始め方。稼ぐために必要な3つの要素を解説