≫LINEにてブログ無料相談OKです。

アフィリエイトで「継続」することが初心者の第1ステップです【失敗者から学ぶ】

はじめ

  • アフィリエイトは継続すれば稼げるの?
  • 継続しても稼げない人の特徴は?

本記事では、アフィリエイトは継続すれば稼げるのか?という悩みを持つ方のために書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

私は北海道でブログを更新しつつ、アフィリエイト収益だけで家族を養っています。

私も初心者の頃はどうすればアフィリエイトで稼げるのかと悩んだものです。

稼げるようになった今だからこそ「アフィリエイトで継続がいかに大事か」理解することができました。

この記事を読めば、あなたもアフィリエイトで稼ぐには「継続」するしかないということを理解できますよ。

1. 初心者の第1ステップはアフィリエイトで「継続」することです【失敗者から学ぶ】

さて、結論からお話しすると初心者がアフィリエイトで稼ぐ第一ステップは「継続」することです。

ここでいう「継続」とは、ユーザーの悩み・問題点を解決する記事を更新し続けることを指します。

なぜ「継続」が重要かと言うと、新規ドメインからブログ・サイトを立ち上げて記事が上位表示されるまである程度の時間がかかるからです。

 

1-1. Googleから記事(ブログ)が評価されるのに時間がかかる

記事をアップしてから、Googleから評価されるまでに「2~3ヵ月」は時間がかかります。

つまり、よほどの競合がいないキーワードでない限り、記事をアップしてすぐにアクセスが来るということはないということです。

よくある失敗例で…

失敗例

はじめ

アフィリエイトで稼ぐぞ!今日から毎日更新だ!

1ヵ月後、毎日記事更新するも…

はじめ

30記事書いたのに全然アクセスも伸びないし、アフィリエイトの成約も全然取れねーじゃん。

もうアフィリエイトはオワコンだな。やめた。

それから2ヵ月後…

記事(ブログ)がGoogleから評価され始め、上位表示される記事がちらほら出てくるもその時には、彼はもうブログを辞めていた。

上記のようにブログや記事も評価され始めて、これからと言う時には、ブログの更新を辞めてしまっている人も多いです。

こういった失敗ケースにならないためには、継続すること大事ということです。

 

1-2. 私のアクセス推移から学ぶ「継続」の重要性

また以下の画像は、私の運営する1つのブログのアクセス推移です。

2018年1月より本格的に運営し始めて、少しずつアクセスが伸びていき、10万PVに達したのは2018年8月(記事数は300記事)です。

つまり、ブログ開設から最低6ヵ月(半年間)は、継続しないと目に見える成果(アクセス・報酬)が得られないということです。

ぶっちゃけ、ほとんどの人がこの期間でアフィリエイトを辞めていきますからね。

また、アフィリエイトで月収500万円以上を稼ぎ続けているクロネコ屋さんも以下のようにコメントしています。

ブログのアクセス数が伸びない人は半年待つべし!1ヶ月目のアクセスなんて飾りです。

引用:moonpower2020.net

つまり、Googleから記事が評価されるには時間がかかるということを理解し、長期間「継続」することが初心者におけるアフィリエイトの第1ステップです。

 

2. アフィリエイトを「継続」しても稼げない人と稼げる人の違い

はじめ

じゃあ、アフィリエイトを1年間継続すれば誰でも稼げるってこと?

アフィリエイトで「継続」は、大事ですけどこの質問に対する答えは「NO」です。

当たり前ですよね、アフィリエイトは簡単に始めれますけど「ビジネス」です。

継続すれば誰でも稼げるようになるということではありません。

はじめ

毎日素振りを1000回継続すれば、イチロー選手のようになれますか?

と聞いているようなものです。

アフィリエイトを「継続」しても稼げない人と稼げる人の違いは以下の3つです。

稼げない人と稼げる人の違い
  1. 継続しながら、PDCAサイクルを回しているか
  2. 継続しながら、知識を学び続けているか
  3. 上手くいかなくても他人のせいにしていないか

 

2-1. 稼げない人は「何も考えずに継続」、稼げる人は「失敗→改善を繰り返し継続」

稼げない人は、「継続が大事」と聞くと→「毎日、記事を書けば良いんだ」と何も考えずに継続し続けます。

それに対して、稼げる人は記事を書きながら、PDCAサイクルを回し、失敗から学び改善を繰り返します。

アフィリエイトを継続していく中で以下の問題点が発生したとします。

ブログの問題点
  • アクセスが集まる記事と集まらない記事ができる
  • 読まれる記事と読まれない記事ができる
  • 収益が生まれる記事と生まれない記事ができる

稼げない人は、上記の結果を分析せずに、ひたすら記事を書き続けます。

そして、いつの間にか「記事を書くこと」が目的となります。

稼げる人は、上記の結果を見て、「なぜこうなったのか?」と考え、改善を行います。

そして、「ユーザーに求められる記事にするには?」と考えるようになります。

結果、ユーザーの求める記事を多く書けるようになると、収益は後からついてくるということです。

 

2-2. 稼げない人は「学ばず」、稼げる人は「学び続ける」

稼げない人は「学ばず」に、上手くいっていなくても記事を書き続けます。

それに対して、稼げる人はうまくいっていない場合、新たな知識やスキルを身に着けるために動きます。

アフィリエイトを継続していく中で以下の問題点が発生したとします。

ブログの問題点
  • 記事の平均滞在時間が短い
  • ある記事の成約率が低い

稼げない人は「文章書くの苦手だから仕方ない」と諦め、学ぶことなく記事を書き続けます。

そのため、問題点は解決しないままになります。

それに対して、稼げる人は「心理学・セールスライティングを学べば、滞在時間・成約率を改善できるのでは?」と考えて、ネットや著書から新たな知識やスキルを学びます。

結果、平均滞在時間・成約率が改善され、収益はさらに伸びていきます。

 

2-3. 稼げない人は「他人のせいにする」、稼げる人は「全て自己責任」

稼げない人は、「稼げない状況は他人のせいだ!」と考え、自分自身では何も学びません。

それに対して、稼げる人は「今稼げていない状況は全て自己責任である」と考え、さらに学びます。

稼げない人は良く以下のことを口にします。

稼げ人の言い訳
  • アフィリエイトは飽和状態だからか…
  • アフィリエイトに参入するのが遅かったか…

稼げない人は、稼げない原因が自分にあるとは考えません。

そのため、アフィリエイトから徐々にフェードアウトしていきます。

稼げる人は、稼げていない原因は全て自分が悪いと考えるため、さらに学びを加速させます。

その結果、さらに知識・スキルが向上するため、より稼げるようになるのです。

 

まとめ

今回は、初心者の第1ステップはアフィリエイトで「継続」することが重要というお話をしてきました。

まとめると、初心者はまず半年間継続すること。

そして、半年を過ぎたら、自分のブログを分析して、問題点を明確にし、その問題点を解決するために知識やスキルを学んでいきましょう。

これを繰り返していくこと、PDCAサイクルを回す習慣をつけることができれば、アフィリエイトで稼げるようになる確率はグンッと高まります。