≫LINEにてブログ無料相談OKです。

アフィリエイトの高単価・高額ジャンル一覧。月50万以上を目指すなら取り組み必須。

はじめ

  • アフィリエイトの高単価のジャンルが知りたい。
  • 1万円以上の高額ジャンルを取り組んでいきたい。

本記事では、上記のようにアフィリエイトの高単価・高額ジャンルが知りたいと悩んでいる方に向けて書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

現在、アフィリエイトで生計を立てながら、札幌にて妻と仲良く暮らしています。

さて、高単価・高額ジャンルに取り組み、大きく稼ぎたいとあなたも考えていましたか?

事実、私も月100万円を稼ぐために色々と高単価・高額ジャンルを調べました。

なので、この記事を読めば、アフィリエイトの高単価・高額ジャンルを知ることができるとともに、高単価ジャンルを取り組むべき理由が理解することができますよ。

1. アフィリエイトの高単価・高額ジャンル一覧。

さて、早速ですがアフィリエイトの高単価・高額ジャンルを一覧にまとめてみました。

ちなみに、こちらの単価目安はA8.netの通常単価をもとに算出しています。

高単価・高額ジャンル名単価目安
結婚相談所~5万
医療系転職
パーソナルジム~4万
薄毛・発毛治療
光回線~3万
HP制作
英会話・TOEIC
プログラミングスクール
脱毛
IT転職~2.5万
FX口座開設
男性器治療~2万
不動産
浮気調査
ウォーターサーバー
プロパンガス見直し
自動車・トラック買取
ITフリーランスエージェント
合宿免許~1.5万
ワキガ・多汗症治療
カードローン・キャッシング
保険見直し
家庭教師
ウェディング(式場探し・前撮り)
占い
レンタルサーバー~1万
一般転職
健康食品・サプリメント
格安SIM
家電買取
リゾートバイト
美容化粧品
チャットレディ募集
精力剤
リフォーム

 

1-1. 特別単価による高単価案件も存在する

上記の一覧表に記載している単価目安は、先ほどもお話しした通りA8の通常単価の数値を使用しています。

しかし、ASP案件の中には「通常単価」は低いけど、特別単価にて大幅に増額される案件も存在しています。

例えば、私がいただいている特別単価は以下の通りです。

通常単価:3,000円 → 特別単価:11,000円

ざっくり、通常単価の約3倍の報酬をいただくことができています。

このように通常単価は低いけど、特別単価になると爆上がりする案件も存在するので、通常単価だけでは判断できないものもあります。

ちなみに、以下の記事「アフィリエイトの特別単価をもらう方法」では私の実際の取り組みなどについてもお話ししていますの気になる方は合わせてどうぞ。

【暴露】アフィリエイトの特別単価を貰う方法。交渉テンプレート無料配布します

 

2. アフィリエイトで月50万円以上を稼ぐのに高単価・高額ジャンルが必須な理由

私は月50万以上稼ぐなら高単価・高額ジャンルを攻めるべき!と言う考えを持っています。

そして、高単価・高額ジャンルを攻めるべき理由は以下の通りです。

高単価・高額ジャンルを攻めるべき理由
  1. アフィリ報酬が安くても高くても1記事の労力が変わらない
  2. アドセンスで50万円を稼ぐ為には推定「160万PV」が必要
  3. 少ないPVサイトを作る方が圧倒的に楽です。

具体的に一つずつ解説していきますね。

 

2-1. アフィリ報酬が安くても高くても1記事の労力が変わらない

1つ目の理由は、アフィリ報酬が安くても高くても1記事にかかる労力が変わらないからです。

例えば、以下の二つの商品を売るために記事を書くとします。

  • アフィリ報酬500円の商品
  • アフィリ報酬1万円の商品

どちらの記事の労力がかからないと思いますか?

答えは簡単で、かかる労力は同じです。

かかる労力が同じなのであれば、アフィリエイト報酬が高い商品を売った方が特ですよね。

この点については、以前YouTubeでも動画にしていますので、合わせてご覧ください。

 

2-2. アドセンスで50万円を稼ぐ為には推定「160万PV」が必要

2つ目の理由は、アドセンスで月50万円を稼ぐためには「160万PV」必要だからです。

つまり、クリック広告や低単価の案件だと大きな金額を稼ぐのにかなり苦労すると言う意味です。

 

アドセンスのみで月50万稼ぐ場合

具体的にアドセンスで月50万円稼ぐことを想定した場合、以下の計算式になるかなと。

アドセンス収益の計算式
1,600,000PV × PV単価0.3円 = 480,000円

※PV単価は取り扱っているジャンルによっても異なりますが、ざっくりPV単価0.3円と計算しておけばOKです。

このようにアドセンスのみだと、月50万稼ぐのに「160万PV」も必要だと言うことです。

 

アフィリ報酬500円の案件で月50万円稼ぐ場合

具体的にアフィリ報酬500円の案件で月50万稼ぐと想定した場合、以下の通りです。

500円の案件の計算式
1,000,000PV × CTR2% × CVR5% × 500円= 500,000円

アドセンスと同じく、500円の案件で月50万円稼ぐのに「100万PV」程度必要だと言うことです。

 

アフィリ報酬1万円の案件で月50万円稼ぐ場合

具体的にアフィリ報酬1万円の案件で月50万稼ぐと想定した場合、以下の通りです。

1万円の案件の計算式
50,000PV × CTR2% × CVR5% × 1万円= 500,000円

机上の空論にはなりますが、アフィリ報酬1万円の案件の場合、「5万PV」程度で月50万円を達成できるということです。

以上のことから、高単価案件を取り扱うことで、少ないPVで月50万以上を稼ぐことが可能になると言うことです。

MEMO
ちなみにCTR2%は私の実績値を参考。CVRは5%は現実的な数値を入れています。

 

2-3. 少ないPVサイトを作る方が圧倒的に楽です。

3つ目は、少ないPVサイトを作る方が圧倒的に楽だからです。

先ほど計算した3つを例に解説します。

  • 160万PVのサイト
  • 100万PVのサイト
  • 5万PVのサイト

この中のどのサイトを作るのが最も難易度が低いと思いますか?

答えは簡単で、「5万PV」のサイトですよね。

このように高単価案件を取り扱うことによって、アクセスを大量に集める必要性がなくなるので、戦略的に圧倒的に楽になると言うことです。

 

結論:月50万以上を目指すなら高単価・高額ジャンルを攻める

以上のことから、月50万以上を目指すのであれば、高単価・高額ジャンルを攻めるのは必須であると私は考えております。

なので、「薄利多売」のやり方はやめて、勇気を持って高単価・高額ジャンルの案件を絡めたマネタイズを心がけましょう。

 

まとめ

今回は、高単価・高額ジャンルの一覧を作成してみました。

繰り返しになりますが、月50万円以上稼ぎたいと考えているのであれば、高単価・高額ジャンルの案件に取り掛かるのは必須かなと考えております。

ちなみに、高単価とは1万円以上かなと個人的には考えております。

安い単価ばかりをセールスするのではなく、高単価案件にも積極的に取り組んでいきましょう。

ただし、単価だけでジャンル選びをしてしまうと失敗する可能性もあります。

なので、記事「初心者向けのアフィリエイトのジャンルの選び方」でジャンル選定方法を解説しているのでこちらも合わせてどうぞ。

【失敗しない】初心者のアフィリエイトのジャンルの選び方は簡単です。