≫LINEにてブログ無料相談OKです。

【事実】アフィリエイト市場は伸びている。個人が稼ぎやすい時代と言われる理由

こんにちは。ツヨシです。

この記事では以下の悩みについて解決していきます。

はじめ

  • アフィリエイト市場は今後伸びていくの?
  • 今からアフィリエイトを始めても遅くないの?

アフィリエイトはもうオワコンじゃないか?と考えている人も多いのでは?

全然、オワコンじゃないです。それよりも、これからもっと拡大していく市場だと感じています。

と、私の意見だけでは説得力に欠けると思うので、第三者の意見・データを使って解説していきますね。

この記事を読めば、アフィリエイト市場の伸びを理解し、すぐにアフィリエイトが始めたくなりますよ。

1. アフィリエイト(ネット広告)市場は伸び続けている

さて、結論からですがアフィリエイト(ネット広告)市場は右肩上がりで伸びており、これからも伸び続けるのは必須だと思います。

なぜなら、スマホの普及によって私たちの情報収集源は、TV・新聞・雑誌からインターネットに完全にシフトしたからです。

そのため、多くの人の目に留まる媒体に広告を打つのは企業として当然ですので、アフィリエイト(ネット広告)市場が伸びることも当然といえますよね。

 

1-1. 【データ】アフィリエイト市場動向予測と広告費の推移

さて、実際に矢野経済研究所の調査では2020年には、アフィリエイト市場は3,500奥円の規模まで拡大するという予測がされています。

出典:eczine.jp

参考:アフィリエイト市場が増進 2020年には3,500億円規模に拡大との予測も

2018年はどうだったかと言うと、上記の予測よりは低い結果となりましたが、2,615億円(昨年度12%増)です。

また、ネット広告全体で見ていくと、年間のTV広告を超えるのは時間の問題です。

出典:dentsu-ho.com

参考:テレビ広告費を抜いたかもしれないインターネット広告費1兆7589億円(2018年)

電通調べの広告費の推移を見ていただければわかる通り、ネット広告の伸び率はすごいです。

2018年実績を見ても、TV広告:29.3%、ネット広告:26.9%ですからね。

2020年までには完全にTV広告をネット広告が上回っていると私は思います。

このデータを見れば、誰もがアフィリエイト市場が伸び続けることを感じていただけますよね。

 

1-2. TV広告は費用対効果がわからず、ネット広告はコスパが良い

スマホの普及は、TV広告が衰退していった要因かもしれませんが、もう一つの理由としてTV広告は費用対効果がわかりずらいというデメリットがあります。

ぶっちゃけ、TVでCMを流したところで、実際にどれくらいの人が見てくれているかもわからないですし、さらにそこからどれだけの人が購入に至ったかが全く分かりません。

でも、アフィリエイトの場合、成功報酬型の広告のため、広告がクリックされたら、または商品が購入された時点で広告費が初めて発生します。

広告を出す企業からすれば、どちらが費用対効果が高く、コスパが良いのかは一目瞭然ですよね。

実際に私もGoogle広告に出向していますが、ユーザーの属性を細かく絞り込み指定できたり、クリックがあった時だけ広告費が発生するのでコスパがめちゃくちゃ良いのを実感しています。

なので、そういった費用対効果の面からもネット広告は様々な企業に求められているプロモーションスタイルであると考えています。

 

1-3. Googleアップデートの影響でアフィリエイトはオワコンか?

はじめ

Googleアップデートでサイトは飛んじゃうし、アフィリはオワコンでしょ?

アフィリエイトをすでに実践している方であればGoogleアップデートの脅威もご存じかもしれませんね。

でも、Googleアップデートは確かにブロガーにとっての脅威ですが、「集客」の部分をSEOだけに依存しなければ問題ないかなと感じています。

現に、私はこの2年間幾度のGoogleアップデートを乗り越えて、ブログでご飯を食べています。

YoutubeやSNSが非常に伸びてきていますが、マネタイズのし易さと言う面では、ブログが抜きに出ています。

つまり、これからの時代は「集客」をGoogle依存から脱却することで、アフィリエイトで稼ぐことは可能だということです。

と言うか、SNS集客は法人より個人の方が有利かなと個人的には感じているので、さらに個人が強くなる時代に突入すると感じています。

 

結論:アフィリエイト市場(ネット広告)は伸びているからこそ参入するなら早く

なので、アフィリエイト市場は伸び続けているからこそ、始めるなら一日でも早い方が良いということです。

  • よく今始めても飽和状態なんじゃないの?
  • もうアフィリエイトはオワコンでしょ?

と何らかの理由をつけて始めない方が非常に多いかなと思います。

Never too Late(何事にも始めるのに遅いということはない)

今日からアフィリエイトを始めてみましょう。

 

2. 個人が稼ぎやすい時代と言われる理由

スマホの普及、アフィリエイト市場(ネット広告)が伸びている現代社会は「個人が稼ぎやすい時代」であると言われています。

はじめ

個人が稼ぎやすいなんてそんなわけあるかい!

そう思った方のために、個人が稼ぎやすい理由について解説していきますね。

 

2-1. これからは自分の「好きなこと」を仕事にできる時代

出典:www.sbbit.jp

ホリエモンこと堀江貴文さんは、インタビューにてこう答えています。

ホリエモン(堀江貴文さん)のコメント

自分の「好き」という感情に、ピュアに向き合い、ひたすらに没頭すれば、いつかそれは仕事になる。

これからの時代において、「仕事がないから、収入がない」というのは、言い訳に過ぎない。

誰にとっても、仕事は「引き受ける」ものから「作るもの」へと変わっていくのだ。

引用:ビジネス+IT

つまり、あなたの好きなことを本気で誰かのために発信したらそれは仕事になるということです。

これからの仕事に対するとても重要な考えじゃないかなと私は考えています。

生活のために嫌いな仕事をこなすんじゃなくて、好きなことをやっても稼げる時代に突入したんですよね。

そして、発信する情報はあなたが夢中になっている事、好きなことを発信すればいいんです。

例えば、

  • 盆栽が好きなら、盆栽の魅力を伝えましょう。
  • スノーボードが好きなら、スノーボードの魅力を伝えましょう。
  • ダイエットに成功したことがあるなら、その実体験を伝えましょう。
  • お金を稼ぐことができた経験があるなら、その実体験を伝えましょう。

あなたの持つ「好き」なことに対する知識を必要としている人は、日本中にはたくさんいるということです。

 

2-2. 【事実】無名の私ですら会社員以上のお金を稼いでいる

恐らく、この記事を読んでくれているあたなは私のことなど知るはずもないと思いますが、私はフリーランスのブロガーになって3年目に突入しました。

そんな無名の私ですら、自分の好きなこと、自身の体験をインターネットに発信することで会社員以上のお金を稼ぐことができています。

今月(2019年3月26日時点)の発生で約85万円、確定が69万円(税込みで74万円)です。

ぶっちゃけブロガーとしての収入としては、まだまだペーペーの分類に入りますが、会社員で毎月70万以上の給料をもらうとなると大変なことですよね。

私の会社員時代の給与は月30万程度でしたから。

そんな無名の私ですらできているんですから、この記事を読んでいるあなたも出来ないわけがないということですよ。

 

まとめ

今回は、アフィリエイト市場は伸びている。個人が稼ぎやすい時代と言われる理由についてお話していきました。

ネット・SNSで誰でも簡単に情報を発信できるこれからの時代は、「仕事」に対する概念が大きく変わってくる、もう変わりつつあると感じています。

そして、私もインターネットに自分の好きなこと、自身の体験を発信することで、働き方も人生もガラリと変わりました。

もし、あなたも今の生活・人生にくすぶっているのであれば、あなたの「好き」をインターネットに発信し続けてみてください。

そうすれば、1年後のあなたの人生は確実に変わっていると思います。