≫LINEにてブログ無料相談OKです。

アフィリエイトのレッドオーシャンの潜在層に「青い海」あり。

https://24shi-web.com/wp-content/uploads/2020/03/hajime05.png
はじめ

自分の得意分野がレッドオーシャンと呼ばれる領域だった…。

アフィリエイトのレッドオーシャンはやっぱり避けた方が良いんだよね?

本記事は上記のような悩みを持つ方のために記事を書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

現在私は専業ブロガーとして活動し、アフィリエイトの収益のみで生計を立てています。

さて「アフィリエイトのジャンル選定」をしたら、自分の発信したいジャンルが「レッドオーシャン」と言われる領域だったから悩んでいましたか?

確かに、レッドオーシャンで戦うのはキツいです。

しかし、全く不可能かと言われるとそうではないと私は考えています。

なので、この記事では初心者がアフィリエイトのレッドオーシャンで戦っていくための戦術について解説しますので参考にしてみてください。

1.アフィリエイトのレッドオーシャンの潜在層に「青い海」あり。

さて、私はアフィリエイトのレッドオーシャンであっても、ユーザー・キーワード選定次第ではまだまだ戦える領域も残っていると考えています。

具体的に言うと、レッドオーシャンの「潜在層」を狙っていけば、ある程度の結果は残せるかなと考えています。

理由は以下の通りです。

潜在層を狙うべき理由
  1. レッドオーシャンで本当にキツいのは「顕在層」が検索するクエリ
  2. 潜在層のクエリは母数が大きく全てを網羅しているサイトはほぼない

具体的に一つずつ解説していきますね。

1-1.レッドオーシャンで本当にキツいのは「顕在層」が検索するクエリ

まず、レッドオーシャンで本当にキツイ領域は「顕在層」が検索するクエリです。

例えば、レッドオーシャンで有名な「クレジットカード」で言うと以下のクエリですね。

上位表示がキツいクエリ
  • 楽天カード 口コミ(商標)
  • エポスカード 口コミ(商標)
  • クレジットカード 比較(ジャンル)
  • クレジットカード おすすめ(ジャンル)

これらは顕在層が検索するクエリであり、成約までの距離が近いことから多くのライバルが上位表示を獲得したいと考えています。

クレジットカード 比較」で上位表示されているサイトのドメインパワーや被リンクを見てみるとまぁ強いですよ。

価格.com・ZAI ONLINEが上位を独占しており、被リンクの数・ドメインパワーどれを見ても個人じゃキツイと私ならやる気はしないですw

また、商標系キーワードに至っても同じですね。

なので、アフィリエイトのレッドオーシャンは確かにきついですが、キツイのはレッドオーシャンの「顕在層」のクエリ、一部分であるという事です。

1-2.潜在層のクエリは母数が大きく全てを網羅しているサイトはほぼない

レッドオーシャンの「潜在層クエリ」には現在でも競合が少ない領域が残っています。

なぜなら、「潜在層」の方が圧倒的に見込み客となり得るユーザー母数が多く、それら全てを網羅しているサイトはほぼないからです。

また、例として「クレジットカード」のクエリで解説します。

具体的に言うと以下のようなユーザーは「クレジットカード」の見込み客となりえます。

具体例
  • 節約志向が強い方
  • 国内・海外旅行に行きたい方

そして、これらの潜在層ユーザーが必ずしも「商標やジャンルのクエリ」で検索して、成約まで行くとも限らないという事です。

なぜなら、これらの潜在層ユーザーは「使った方が良いクレジットカードがあること」に気づいていないからです。

具体的な潜在層のキーワードをあげると「海外旅行 行きたい お金ない」です。

この悩みは、クレジットカードで日常の支払を行い、ポイントを貯めて、ポイントで旅行に行けば悩みが解消される可能性ありますよね?

そして、実際に検索してみると、

「顕在層」と比較しても、上位表示されているサイトのドメインパワーや被リンクは圧倒的に違います。

しかも、個人ブログが上位を占めているので私ならいけると判断します。

以上のことからレッドオーシャンであっても、「潜在層」の検索するクエリであれば十分に上位表示でき、成約まで持っていくことが可能になるというわけです。

【補足】潜在層の方が圧倒的に見込み客の母数が大きい

そして、顕在層よりも潜在層の方が圧倒帝に多いと言われています。

ちなみに、顕在層と呼べる層は「今すぐ客(商標)」・「お悩み客(ジャンルKW)」くらいまでなので全体の15%くらいしかいないです。

その層を数多くのライバルと取り合うんですから、上位表示が厳しくなるのは当たり前です。

それに対して、潜在層は全体の80~85%ほどを占めると言われており、見込み客の大多数は「潜在層」です。

なので、レッドオーシャンの中の潜在層にアプローチするためには?を徹底的に考えれば勝機はまだまだあると私は考えています。

ちなみに、この手法を取り入れるにはアフィリエイトのキーワードの種類の理解は必須です。以下の記事で解説していますので合わせてどうぞ。

【重要】アフィリエイトのキーワードの種類。稼げるキーワードを理解すべき。

2.アフィリエイトのレッドオーシャンの潜在層へのアプローチ方法

https://24shi-web.com/wp-content/uploads/2020/03/hajime05.png
はじめ

でも、具体的にどうやってレッドオーシャンの潜在層へアプローチすれば良いの?

レッドオーシャンの潜在層へのアプローチ方法は以下の通りです。

潜在層へのアプローチ方法
  1. 商品(サービス)のメリットを徹底的に洗い出す
  2. そのメリットをおすすめできるユーザーの悩みを調査
  3. その見込み客に対して提案する記事を書く

2-1.商品(サービス)のメリットを徹底的に洗い出す

まずは商品(サービス)のメリットを徹底的に洗い出します。

具体例として「クレジットカードの中の楽天カード」を潜在層に売る場合で解説します。

楽天カードのメリットは以下の通りかなと。

楽天カードのメリット
  • 日常の買い物をするだけでポイントが貯まる
  • 貯まったポイントは買い物に使える(商品に変えられる)
  • また楽天トラベルがあるので旅行にも行ける
  • クレジット明細が作成されるので家計簿をつける必要がない
  • 楽天ゴールドに入会するとラウンジを利用できるようになる

ざっくり、楽天カードのメリットを上げるとこんな感じですよね。

そして、次の行程に行きます。

2-2.そのメリットをおすすめできるユーザー、悩みを仮定・調査

次にそのメリットをおすすめできるユーザー、その悩みを仮定・調査します。

私であれば以下のユーザーと悩みを仮定します。

私のペルソナ設定
  • 節約志向が非常に強い
  • 貯金があまりなく、給料も安い
  • だけど、数年に1度くらいは家族旅行に行きたい

需要がある悩みか?検索需要の調査

そして、次にその仮定したユーザー、悩みの検索需要があるかを調査していきます。

実際に私はYahoo!知恵袋で以下のような悩みが投稿されていました。

わずかな貯金を崩してでも家族旅行に行きたがる夫について相談です。

家族構成は30代半ばの夫婦+小3の子供ですが、恥ずかしながら貯蓄が300万程しかありません。

-中略-

正直、旅行なんかにお金使ってる場合じゃないよと思うのです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

上記の方のように「貯金がない、けど家族旅行に行きたい」と言う悩みがあるということがわかりました。

次に、検索需要を調べていきます。

検索需要
  • お金ない 海外旅行(検索ボリューム:10)
  • 海外旅行 行きたい お金ない(検索ボリューム:10)

上記の通りで、 「貯金がない、けど家族旅行に行きたい 」と言う悩みを持つ方が検索している可能性があるという事です。

ここまでがアフィリエイトにおけるペルソナ設定です。ペルソナ設定については以下の記事でお話していますので合わせてどうぞ。

【重要】アフィリエイトの「ペルソナ」とは?設定方法まで解説します。

2-3.その見込み客に対して提案する記事を書く

最後は仮定した悩みを持つユーザーに対して、「お金がない人でも家族旅行に行くための提案」を記事にしていきます。

私なら以下のようにポイントを記事に詰め込み提案します。

提案する記事のポイント
  • お金がなくても、家族旅行に行く方法はあります。
  • それは日常の支払いを全てクレカで支払い、ポイントを貯めていく方法です。
  • そこでおすすめのクレジットカードは「楽天カード」です。
  • なぜなら、楽天トラベルでポイントを使う事ができ「航空券+ホテル込み」に交換することができるからです。
  • つまり、お金がなくても「日常の支払いを楽天カードで支払うだけ」でポイントが貯まり、そしてそのポイントを使って家族旅行に行くことができます。

私ならこんな感じに記事を仕上げます。

さらに潜在ニーズを満たすために「楽天ポイントをより効率的に貯める方法」を記事後半につけてあげると尚良いかなと思います。

現段階ではあくまでも仮定ではありますが、レッドオーシャンであってもこのように「潜在層」からであれば成約を獲得することは十分可能です。

まとめ

今回はアフィリエイトのレッドオーシャンに参入する際の注意点をお話しました。

レッドオーシャンは確かにキツいです。

ただし、一言でレッドオーシャンと言っても得にキツイのは「顕在層」のクエリです。

「潜在層」から成約を獲得することにシフトすれば、まだまだアフィリエイトのレッドオーシャンでも十分戦っていけると私は考えています。

これからレッドオーシャンに参入しようと考えている方は参考にしてみてください。

\一部無料公開中です!/
ごく普通の会社員だった私が月100万円を稼ぐために行った4つの事とは?
ノウハウを試し読み
\一部無料公開中です!/
元会社員の私が月100万円を稼ぐために行った4つの事
試し読み