MENU
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。
【当ブログ限定】FlexiSpot15%割引クーポンはこちらから

amband Moving Fortress Classicレビュー!シリコン&ステンレスがカッコ良い。

amband Moving Fortress Classicってぶっちゃけどうなの?と思っていましたか?

ツヨシ

どうも!こんにちはツヨシ(@ 24shi_insta)です!
私はambandが大好きで全モデルを購入し、普段から愛用しています!

最初に結論を言ってしまうと、amband Moving Fortress Classicはアメリカより購入・発送というデメリットはありますが、シリコンとステンレスボディのG-SHOCKのような見た目でファッション性の高いApple Watchバンドなのでハマる人は絶対好きです!

ambandにはSports・Classic・Proの3種類があって、Classicはシリコン+ステンレスというファッション性も高く、それでいてオールステンレスよりも軽いというのが最大の特徴です。

私はG-SHOCKのような男らしい無骨なデザインが好きなので、とても好みです。

この記事ではamband Moving Fortress Classicの商品概要からメリット・デメリット、おすすめな人の特徴について詳しく解説していきます。

なので、これからaamband Moving Fortress Classicの購入を検討している方は是非参考にしてみてください!!

ちなみに当ブログ限定のambandの割引クーポンを発行していますので、購入検討している人はよければ使ってください!

この記事の内容

1. amband Moving Fortress Classicの商品概要について

まず初めにてamband Moving Fortress Classicの商品概要について解説します。具体的には以下の通りです。

商品概要
製品名amband Moving Fortress Classic
価格$49.90(約5,700円)
※amband公式HP調べ
ベルトサイズベルト:13.0cm
留め具ベルト:10.0cm
製品重量45g
素材ステンレス+シリコン
対応機種Apple Watch4/5/SE/6/7
カラーブラック/コメットブラック/グレー
ゴールド/パープル/ブルー/ビーナスゴールド

1-1. デザイン

まずはデザインです。amband Moving Fortress Classicはシリコンバンドの上にステンレスカバーがついている構造になっています。

内側はシリコンです。

その上にステンレスカバーがついています。

装着方法は裏側からApple Watchを押し入れて使います。

デジタルクラウンを最初に入れてから一気に押し入れるのがコツです。

正面のデザインはステンレスとシリコンのG-SHOCKのGM-5600-1JFに非常に似たデザインです。

正面部分は削りっぱなしで、サイド部分の光沢艶がある輝きと異なる感じのデザインです。

そして、Apple Watchサイドのスピーカー部分はシリコンで保護されています。

デジタルクラウンがあるサイドのデザインは以下の通りです。

デジタルクラウン部分はステンレスカバーがくり抜かれています。

サイドボタンは、シリコンで覆われています。

裏面を見てみるとしっかりとApple Watchとフレームがキツめにジャストフィットしているので落ちる心配はないです。

ベルト部分もG-SHOCKのデザインに非常に似ています。

ベルト穴は2列のタイプで、無骨な感じがとてもカッコ良いです。

留め具の色はステンレスカバーの色と同色になっています。

ベルトループにはambandのロゴマークが彫られています。

1-2.付け心地・操作性

amband Moving Fortress Classicの付け心地はとても良いです。

ステンレスカバーがついている分、ambandスポーツモデルよりは重量が約20g重いです。

クラシックモデル
スポーツモデル

デジタルクラウンの操作は問題ないです。

ただ、サイドのボタンが固く、私が持っているステンレスがグレーのモデルはボタンの押した感触がないです。

しかし、ゴールドモデルはサイドボタンの押し心地は硬いですが押す感触はあります。なので、個体差があるのだと思われます。

裏側のセンサーについてはなんら問題ないです。

ディスプレイ全体が覆われているので壁や地面にぶつけてApple Watchを傷つける心配はないです。

しかし、その反面Apple Watchの端の操作が多少しづらくなります。

以上がamband Moving Fortress Classicの商品概要、デザイン、操作性についてでした。

\当ブログ限定10%割引クーポンです!/

クーポンコード「TSUYOSHIMIZOGUCHI」
ambandクーポンの使い方はこちらの記事を確認ください。

2. amband Moving Fortress Classicを使ってみた感想

Moving Fortress Classicの評価グラフ
価格
7.0
デザイン性
9.0
機能性・快適性
6.0
総合評価
7.5

実際にamband Moving Fortress Classicを使ってみた感想、メリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • シリコン+ステンレスのデザインがカッコ良い
  • Apple Watchを傷から保護してくれる
  • シリコンバンドが柔らかく、付け心地が良い
  • Apple Watch7にも対応している

デメリット

  • ケースに入れるのが結構キツイ
  • サイドボタンの押し心地が硬い
  • Apple Watch充電スタンドが合わない場合あり
  • 米国販売のみ。海外発送のため時間かかる
一言MEMO

オールシリコンよりもファッション性が高くておしゃれ!それでいて、オールステンレスよりも重量が軽いのでカジュアルなファッション向けのApple Watchバンドです。

私の使ってみた感想は、サイドボタンの押し心地の悪さはあるもののステンレスとシリコンの混合バンドは軽量かつオシャレに使えるのが非常に良いと感じました!

オールステンレスのambandは重量が結構あるので好みが分かれます。

それに対して、オールシリコンはシンプルになり過ぎると感じる人も多いはず。

オールステンレスとオールシリコンの中間に位置するのがMoving Fortress Classicなのでカジュアルなファッションには非常に相性が良いです。

見た目と付け心地のバランスがとても良いですね。

ツヨシ

なので、シリコンじゃシンプル過ぎるけど、ステンレスはちょっと重いと考えているならamband Moving Fortress Classicです。

\当ブログ限定10%割引クーポンです!/

クーポンコード「TSUYOSHIMIZOGUCHI」
ambandクーポンの使い方はこちらの記事を確認ください。

3. amband Moving Fortress Classicのメリット

次にamband Moving Fortress Classicのメリットについて解説します。具体的には以下の4つです。

  1. シリコン+ステンレスのデザインがカッコ良い
  2. Apple Watchを傷から保護してくれる
  3. シリコンバンドが柔らかく、付け心地が良い
  4. Apple Watch7にも対応している
ツヨシ

メリットについて具体的に詳しく解説します!

3-1. シリコン+ステンレスのデザインがカッコ良い

まず1つ目のメリットは「シリコン+ステンレスのデザインがカッコ良い」という点です。

シリコン+ステンレスは、見た目がカッコ良くて付け心地が良いのが特徴です。

  • フレームがステンレスなので高級感もある
  • バンドがシリコンなので重量が軽い(45g)

オールステンレスのMoving Fortress Proの重量は109gなので1/2です。

ステンレスの高級感もありつつ、それでいて軽量なのはMoving Fortress Classicのメリットです。

ツヨシ

見た目と付け心地の良さのバランスが最大の魅力ですね!

3-2. Apple Watchを傷から保護してくれる

2つ目のメリットは「Apple Watchを傷から保護してくれる」という点です。

この点はamband Moving Fortressシリーズ全てに言えることですが、ClassicモデルもApple Watchを完全防御してくれます。

具体的にディスプレイからは全て覆われています。

さらに、ディスプレイから立ち上がりがあるのでデスクや地面、壁に前面ガラス側をぶつけたとしてもしっかりと守ってくれます。

ツヨシ

なので、Apple Watchをしっかりと保護してくれるのはとても良い点です!特に雑な性格の私にはありがたいバンドです!

3-3. シリコンバンドが柔らかく、付け心地が良い

3つ目のメリットは「シリコンバンドが柔らかく、付け心地が良い」という点です。

ベルト部分のシリコーンは柔らかいです。なので、長時間つけていたとしてもストレスに感じることはないです。

ツヨシ

ステンレスベルトが苦手な人にとっては大きなメリットです。

3-4. Apple Watch7にも対応している

4つ目のメリットは「Apple Watch7にも対応している」という点です。

Apple Watch7からケースサイズが1mm拡大しているので、シリーズ6以前の全面ケース(ケース一体バンド)は利用することができないです。

しかし、amband Moving Fortress ClassicはApple Watch7専用対応モデルが発売しています。実際に私はApple Watch7にて使用しています。

ツヨシ

なので、私と同じようにApple Watch7を使っている人には嬉しいですね!

ちなみにApple Watch7チタニウムのレビューは以下で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

4. amband Moving Fortress Classicのデメリット

次にamband Moving Fortress Classicのデメリットです。具体的には以下の通りです。

  1. ケースに入れるのが結構キツイ
  2. サイドボタンの押し心地が硬い
  3. Apple Watch充電スタンドが合わない場合あり
  4. 米国販売のみ。海外発送のため時間かかる
ツヨシ

デメリットについても具体的に1つずつ解説します!

4-1. ケースに入れるのが結構キツイ

1つ目のデメリットは「ケースに入れるのが結構キツイ」という点です。

そのため、ケースに入れる際にサイドボタンで誤操作してしまう可能性もあります。

ジャストフィットしているのは良いのですが、Apple Watchに負荷がかかるのではないか?と多少不安になります。

ツヨシ

なので、個人的にはもう少し緩めにフィットする感じでも良かったんじゃないのかな?とも感じました。

4-2. サイドボタンの押し心地が硬い

2つ目のデメリットは「サイドボタンの押し心地が硬い」という点です。

Moving Fortress Classicはサイドボタンをシリコンのボタンで押す仕様になっているのですが、サイドボタンの押し心地がとても固く、カチッという押した感覚がほぼないです。

ただし、私のグレーは押す感覚がないですが、ゴールドは押す感覚が結構あります。なので、この点は個体差があるのだと思われます。

どちらにしても押す感覚がない個体があるというのはデメリットですね。

ツヨシ

Apple WatchのサイドボタンはダブルプッシュでApple Pay起動なので、キャッシュレス決済を頻繁に使う方は注意です!

4-3. Apple Watch充電スタンドが合わない場合あり

3つ目のデメリットは「Apple Watch充電スタンドが合わない場合あり」という点です。

Moving Fortress Classicを使用しているとApple Watchを平置きすることができないです。そのため、充電スタンドが使えない場合があります。

ちなみに私はSpigenのApple Watch充電スタンドを使っているのですが、こちらであればケースをつけたままでも銃ですることが可能です。

あとはBelkinの以下の充電器のようにApple Watchを宙に浮かせるタイプなら問題なく充電できます。

Amazonより
ツヨシ

なので、Moving Fortress Classicを装着したままだと使えない充電器があるというのはデメリットです。

4-4. 米国販売のみ。海外発送のため時間かかる

4つ目のデメリットは「米国販売のみ。海外発送のため時間かかる」という点です。

ambandは米国ブランドで、国内正規販売をしていないので発送から商品受け取りまで時間がかかります。

  • amband公式HP:2-3週間で到着

ちなみに私はamband全モデルを公式HPから購入しましたが、ざっくり購入から到着まで約2週間ほどです。

ツヨシ

なので、すぐ欲しい!と考えている人は到着まで2週間ほど待たされてしまうという点は注意です!

5. amband Moving Fortress Classicがおすすめな人の特徴

次にamband Moving Fortress Classicがおすすめな人の特徴について解説します。具体的には以下の通りです。

おすすめな人

  • オールシリコンはシンプル過ぎる
  • オールステンレスは重過ぎる
  • Apple Watchをファッションアイテムとして使いたい人

おすすめできない人

  • 軽いバンドが良い→オールシリコン
  • 高級感が欲しい→オールステンレス

見た目の良さとつけ心地の良さ、軽さがMoving Fortress Classicの最大の魅力です。ハマる人にはめちゃくちゃハマるApple Watch用ケース一体型バンドです。

ツヨシ

なので、上記に当てはまる人には非常におすすめなので是非検討してみてください!

6. 【当ブログ限定】amband10%割引クーポン

当ブログ限定のamband割引クーポンを配布しています。クーポン内容は以下の通りです。

クーポン概要
クーポンコードTSUYOSHIMIZOGUCHI
割引額全商品10%割引
注意事項・以下のリンクよりamband公式HPにアクセスする
・会計時にDiscountCode欄に入力する

\当ブログ限定10%割引クーポンです!/

クーポンコード「TSUYOSHIMIZOGUCHI」
ambandクーポンの使い方は以下の記事を確認ください。

まとめ

今回はamband Moving Fortress Classicのレビューをご紹介しました!

Moving Fortress Classicの評価グラフ
価格
デザイン性
機能性・快適性
総合評価

繰り返しになりますが、amband Moving Fortress Classicを使ってみた感想、メリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • シリコン+ステンレスのデザインがカッコ良い
  • Apple Watchを傷から保護してくれる
  • シリコンバンドが柔らかく、付け心地が良い
  • Apple Watch7にも対応している

デメリット

  • ケースに入れるのが結構キツイ
  • サイドボタンの押し心地が硬い
  • Apple Watch充電スタンドが合わない場合あり
  • 米国販売のみ。海外発送のため時間かかる
一言MEMO

オールシリコンよりもファッション性が高くておしゃれ!それでいて、オールステンレスよりも重量が軽いのでカジュアルなファッション向けのApple Watchバンドです。

また冒頭でもお話しした通り、amband Moving Fortress Classicはアメリカより購入・発送というデメリットはありますが、シリコンとステンレスボディの見た目の良さと重量感の軽さのバランスはとても良いです!

そして、シリコンとステンレスボディの見た目が好きな方には非常におすすめなのでぜひ参考にしてみてください。

\当ブログ限定10%割引クーポンです!/

クーポンコード「TSUYOSHIMIZOGUCHI」
ambandクーポンの使い方は以下の記事を確認ください。

ambandの各モデルレビュー記事

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonはギフト券にチャージしてから買い物した方がお得って知っていましたか?

  • 初回現金5,000円以上チャージで1,000ポイントGET!
  • さらにチャージ金額に応じて0.5〜2.5%ポイントGET!

つまり、5,000円チャージして6,000円の買い物ができちゃいます!

ツヨシ

まだこのキャンペーンを利用していない人は、是非活用するのがおすすめですよ!

\5,000円以上チャージで1,000ptプレゼント/

還元率20%以上!
5,000円で6,000円のお買い物ができる!

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonはギフト券にチャージしてから買い物した方がお得って知っていましたか?

  • 初回現金5,000円以上チャージで1,000ポイントGET!
  • さらにチャージ金額に応じて0.5〜2.5%ポイントGET!

つまり、5,000円チャージして6,000円の買い物ができちゃいます!

ツヨシ

まだこのキャンペーンを利用していない人は、是非活用するのがおすすめですよ!

\5,000円以上チャージで1,000ptプレゼント/

還元率20%以上!
5,000円で6,000円のお買い物ができる!

よかったらシェアしてね!
この記事の内容
閉じる