≫LINEにてブログ無料相談OKです。

青汁王子ことメディアハーツ社長「三崎 優太氏」が脱税容疑で逮捕。アフィリエイト広告・ASPに与える影響と対策

はじめ

  • 元アフィリエイターの青汁王子が逮捕?
  • 「すっきりフルーツ青汁」で有名な会社の社長が?
  • メディアハーツのASP案件はどうなる?

「メディアハーツ」アフィリエイトをやっている人であれば一度は聞いたことのあるのでは?

本記事では、2019年2月12日に報道されたニュース「青汁王子ことメディアハーツ社長「三崎 優太氏」が脱税容疑で逮捕」について個人的見解をお話していきます。

 

1. 青汁王子ことメディアハーツ社長「三崎 優太氏」が脱税容疑で逮捕。

青汁王子ことメディアハーツ社長「三崎 優太氏」の逮捕容疑は以下の通り、報道されております。

架空の広告宣伝費を計上するなどして計約1億8千万円を脱税したとして、東京地検特捜部は12日、インターネットで青汁を販売する健康食品販売会社「メディアハーツ」(東京都渋谷区)の社長、三崎優太容疑者(29)を法人税法違反などの疑いで逮捕し、発表した。

関係者によると、三崎容疑者は「広告宣伝費は正当な支払いだった」と容疑を否認しているという。

特捜部は、会社役員の加藤豪容疑者(34)とメディアハーツ経理責任者の内藤由美子容疑者(49)の2人も同幇助(ほうじょ)容疑で逮捕した。

発表によると、三崎容疑者は2015年9月期と17年9月期の各年度で、架空の広告宣伝費を計上するなどして所得を隠し、法人税約1億4千万円を免れたほか、消費税約4千万円を免れた疑いがある。

加藤容疑者と内藤容疑者は、架空の広告宣伝費を加藤容疑者の会社名義の口座に入金させた疑いがある。

引用:www.asahi.com

 

1-1. 青汁王子ことメディアハーツ社長「三崎 優太氏」の来歴

メディアハーツ社長の三崎 優太さんは、1989年3月29日(29歳)の北海道札幌市出身。

高校3年生の時に本屋でアフィリエイトのことを知り、高校卒業後に月間400万以上の収入を稼ぎ出すアフィリエイターに。

その後、2014年にアフィリエイトで得た経験を活かし、「美容とITの融合」という理念を基に美容業界へ参入し、累計1億個以上の「すっきるフルーツ青汁」をリリース。

他にも着圧タイツやその他化粧品など多くの商品をアフィリエイトを主とした広告宣伝で販売していました。

20代という若さ、そしてアフィリエイターから大きく成功した実業家の一人ですね。

 

1-2. 私個人の青汁王子「三崎 優太氏」に対するイメージ

私、個人的には青汁王子三崎 優太氏に対しては、非常に良い印象を持っていました。

理由は、同じ同郷である北海道札幌市出身ということ、アフィリエイト出身の実業家である点からですね。

アフィリエイトで月間400万以上の報酬を稼ぎ、累計1億個以上のヒット商品を作ったという実績の裏には底知れぬ努力があったのは間違いないです。

少々、派手なライフスタイルやチャラそうな見た目からアンチも多く作ってしまいそうな方ですが、私はビジネスマンとして非常に尊敬できる部分が多々あると考えています。

また、私はフルーツすっきり青汁をアフィリエイトしていた経験もあるので、そういった点からも今回の逮捕報道は非常に残念であったと感じています。

 

2. メディアハーツ社長「三崎 優太氏」の逮捕がアフィリエイト・ASPに与える影響は?

さて、トレンド的なお話はここまでとして、本題はここからです。

青汁王子ことメディアハーツ社長「三崎 優太氏」の逮捕がアフィリエイト・ASPに与える影響は非常に大きいでしょう。

本事件がASPに与える影響
  1. afbのメディアハーツの全プロモーションが休止
  2. 「すっきるフルーツ青汁」のイメージキャラクター降板がプロモーション停止の前兆だった?

 

2-1. afbのメディアハーツの全プロモーションが休止

メディアハーツは、ASP「afb」「レントラックス」などで様々な商品(全14個)をプロモーションしていましたが、その全てのプロモーションが停止になりました。

そして、afbからは以下のメールが届きました。

 

報道されたのが「2月19日(火)12時頃?」→プロモーション休止が「2019年2月12日(火)17時頃」

afbの対応がとても早かったですね。

ただ、afbさんは相当焦っていたのか、配信されたメールの文章に謎の文言が記載されていました。

恐らくこれは、社内的な申し送り事項ですね。(笑)

また、afbから届いたメールには、プロモーション再開日が未定となっているので、当分は再開はないかもしれませんね。

というよりも、abfやレントラックスなどのASPとメディアハーツが取引を再開するのかもまだわかりません。

ちなみに、2019年2月12日の16時まではafbにあるメディアハーツのプロモーション案件を閲覧することができましたが、

 

17時以降には検索結果にすら出てこない状態になっております。

そして、アフィリエイトというビジネスモデルにおいて、こういった広告主の不祥事によるプロモーション停止も大きなリスクであると再確認されたのではないでしょうか。

 

2-2. 「すっきりフルーツ青汁」のイメージキャラクター降板がプロモーション停止の前兆だった?

それともう一つ気になるのが、2019年2月5日(火)にメディアハーツの「すっきりフルーツ青汁」のイメージキャラクターを務めていたペコさんとの契約が切れたというメールが配信されています。

これは、勝手な憶測ではありますが、この時にはすでにペコさんの事務所にはメディアハーツ社長「三崎 優太氏」が逮捕される、又は取り調べを受けているなどの情報が伝わっていた可能性がありますね。

つまり、ペコさんの契約解除のメールはメディアハーツのプロモーション停止の前兆だったのかもです。

結果論にすぎませんが…。

なので、日々ASPからは様々なメールが届くと思いますが、特に芸能人のイメージキャラクターが解除されたなどは今後も注意深く確認することが重要かもしれません。

ただ、こういったリスクを完全に予見することは不可能ですが。

 

3. 本事件から学ぶ今後のアフィリエイトブログの運営と対策

「青汁王子ことメディアハーツ社長の三崎 優太氏の逮捕された。でも、自分には関係ないや。」と簡単に終わらせるのではなく、

本事件から今後のアフィリエイトブログ運営における対策を学ぶことが重要だと私は考えます。

本事件から再確認したことは以下の三点です。

今後のアフィリエイトブログの運営と対策
  1. 特定のアフィリエイト広告・ジャンルばかりに依存しない
  2. 商標の独自ドメインサイトという脆さを理解する
  3. アフィリエイトというビジネスのリスクを理解する

 

3-1. 特定のアフィリエイト広告・ジャンルばかりに依存しない

今回のニュースから再確認できたことは、特定の広告・ジャンルに依存ししていることは非常にリスクが高いということです。

なぜなら、アフィリエイトは広告主・商品の宣伝代理という位置づけのため、その広告主のプロモーションが無くなれば、報酬を得ることができなくなるからです。

2018年はGoogleアップデートで「健康系ブログ」が飛び、そして2019年はメディアハーツの広告が全て飛ぶという事態にまで発展しました。

メディアハーツのプロモーションをメインで行っていたアフィリエイターは大打撃です。

私のようにアフィリエイトを本業にしているものからすれば、このニュースは非常に怖いものだと感じました。

つまり、長くアフィリエイトで稼ぎ続けるためには、特定のアフィリエイト広告・ジャンルばかりに依存しないブログ運営を行う必要があるということです。

 

3-2. 商標の独自ドメインサイトという脆さを理解する

商標の独自ドメインサイト(ペラサイト)という手法は、もはや時代遅れであると感じています。

なぜなら、どんなに売上が上がっていたとしても商標の独自ドメインサイト(ペラサイト)の場合、ドメイン自体がその商標・その広告のためのコンテンツになっているので、

その広告主がプロモーションを停止してしまったら、終わりです。

今回で言えば、「すっきりフルーツ青汁口コミ.com」みたいなサイトですね。

すっきりフルーツ青汁は人気のプロモーションの一つであったため、こういったペラサイトをPPCなどで運用していた人も多いと予測されます。

現にメディアハーツの商品の商標サイトが大打撃受けたとツイートしている人もちらほら。

さらに、ペラサイトはSEO的にも非常に弱いサイトであるので、先行者優位で上位表示を取ることが可能な時期もあるかもしれませんが、長期的な目線で考えると資産になるブログを構築した方が良いと私は考えています。

こういった点から、商標の独自ドメインサイト(ペラサイト)量産という手法は、時代にマッチしていないと個人的に感じました。

 

3-3. アフィリエイトというビジネスのリスクを理解する

アフィリエイトを始める理由として、「楽して稼げる」「不労所得になる」「ノーリスクハイリターン」と考えている方も多いのでは?

しかし、アフィリエイトは決して楽なものでもないですし、当然リスクもあります。

そして、本事件がアフィリエイトのリスクを再確認させてくれた出来事になったと個人的には考えております。

アフィリエイトのリスク
  • Googleアップデートによるリスク
  • 広告停止によるリスク
  • サーバーデータ消滅のリスク

など、アフィリエイトにも多くのリスクは存在しておりますし、私のように専業でやっている人にとっては今回のニュースは死活問題になる可能性です。

そのため、アフィリエイトのリスクを理解し、リスクを分散したブログ制作・運営を行っていくことが重要であるということです。

 

まとめ

今回は、青汁王子ことメディアハーツ社長「三崎 優太氏」が脱税容疑で逮捕、アフィリエイト広告・ASPに与える影響と対策についてお話してきました。

正直、ASP(afb・レントラックスなど)がメディアハーツのプロモーションを全て停止したことは、他人事には思えなかったというのが私の感想です。

私も月収100万円を超えるアフィリエイト収入を稼いでいますが、それが来月には0円になってしまうリスクがあるということを忘れてはいけないと痛感しました。

アフィリエイトにおけるリスク分散と次なる事業に向けて歩み始めようと思った次第です。