≫LINEにてブログ無料相談OKです。

2019最新|プラグイン「BackWPup」の使い方と設定方法【WordPressを簡単バックアップ】

はじめ

  • WordPressのバックアップを定期的に取りたい。
  • プラグインで簡単にバックアップを取りたい。
  • プラグイン「BackWPup」の使い方と設定方法が知りたい。

本記事では、上記の疑問にお答えしていきます。

アフィリエイトを行うのであれば、Woedpressの万が一のトラブルに備えて日頃からバックアップを取っておくことは必須です。

この記事を読めば、プラグイン「BackWPup」を使って簡単にWordpressのバックアップを取ることができるようになりますよ。

1. プラグイン「BackWPup」の使い方を簡単に解説

WordPressデータを自動バックアップしてくれるプラグインが「BackWPup」です。

「BackWPup」の使い方は以下の2通りあります。

BackWPupの使い方
  1. BackWPupで「Wordpressファイルとデータベース」の定期的にバックアップを取る
  2. BackWPupで「バックアップファイル」の一括ダウンロードする

 

1-1. 「Wordpressファイルとデータベース」の自動バックアップ設定

まず、Wordpressのデータには以下の2種類があります。

 

「BackWPup」を使えば、上記の2つの「Wordpressファイルとデータベース」を定期的にバックアップすることが可能です。

  • WordPressファイル(画像・プラグイン・テーマ等のデータ)
  • データベース(記事文章・タイトル・カテゴリ等のデータ)

※日時を指定したり、バックアップの頻度など細かく設定可能。「Wordpressファイルは週1~2回」、「データベースは毎日」バックアップするのがおすすめです。

つまり、「BackWPup」でこの2種類のファイルをバックアップしておけば、Wordpressに何らかのトラブルが発生してもいつでも復元できるようになります。

 

1-2. BackWPupで「バックアップファイル」の一括ダウンロードも可能

「BackWPup」を使えば「バックアップファイル」の一括ダウンロードが簡単にできます。

どういった時に一括ダウンロードを使うかと言いますと、代表的なのが「サーバー移行」の時です。

サーバー移行の時に「Wordpressファイルやデータベース」を一括でダウンロードできれば、あとは新サーバーにアップロードするだけになります。

初心者の方はとても移行手順が分かりやすくなるので便利ですね。

 

2. プラグイン「BackWPup」の設定方法

さて、それでは実際にプラグイン「BackWPup」の設定方法について解説していきます。

先ほどもお話した通り、以下の2つの設定を行えばOKです。

  1. WordPressファイル(画像・プラグイン・テーマ等のデータ)
  2. データベース(記事文章・タイトル・カテゴリ等のデータ)

具体的に一つずつ解説していきます。

 

2-1. 「Wordpressファイル」のバックアップ設定

プラグイン「BackWPup」を持っていない方は、「BackWPup」をインストール→有効化しましょう。

すると、Woedpress管理画面の左側のメニューに「BackWPup」が追加されていますので、その中から「BackWPup→新規ジョブを追加」を選択します。

 

① タブ「一般」の設定

まずは、タブ「一般」の設定です。

ジョブ名は、お好みのものに設定しましょう。

例えば、File_backup・ファイルのバックアップ等。

 

ジョブタスクは、「ファイルのバックアップ」のみにチェック

上記の画像の通りです。

 

アーカイブ形式、Windowsの方は「Zip」、Macの方は「Tar GZip」にチェック

Windowsの方は「Zip」、Macの方は「Tar GZip」と言われています。

※Windows環境でgzip形式の圧縮ファイル解凍したい場合は、窓の杜でこちらをダウンロードしておきましょう。

 

バックアップファイルの保存方法は、「Dropboxにバックアップ」を選択しましょう。

私はレンタルサーバー以外の場所にバックアップを保存することを推奨しています。

なぜなら、レンタルサーバーのバックアップデータが消えてしまったら終わりですからね。

基本「レンタルサーバー・レンタルサーバー以外のクラウド・自分のPC」の3つでバックアップデータを管理することが望ましいと考えています。

※ちなみに「フォルダへバックアップ」を選択するとレンタルサーバー内にバックアップが保存されます。

 

ログファイルにメールアドレス設定します。

ここでは、あなたのメールアドレスを設定しましょう。

さらに、「エラー」のチェックボックスにチェックを入れます。

 

② タブ「スケジュール」の設定

次にタブ「スケジュール」の設定です。

ジョブの開始方法は「Wordpressのcron」にチェックを入れます。

上記の画像通り、チェックを付けましょう。

 

スケジューラーの種類は「基本」にチェックを入れます。

上記の画像通り、チェックを付けましょう。

 

スケジューラーは「毎週」「日曜」「3時00分(午前)」にチェックを入れます。

この設定は、バックアップを実行する日時の設定です。

WordPressファイルは基本「週1回」バックアップしておけばOKです。

なので、毎週日曜の午前3時00分に設定しましょう。

ちなみに、毎週日曜午前3時00分は最もアクセス数が少ない時間であるといわれているからです。

なので、もしあなたが自分のブログのアクセスが一番少ない時間帯を把握しているのであれば、その時間帯に設定してあげましょう。

※記事更新が多いという方は「週2回」の設定がおすすめ。その場合は「スケジューラーの種類」の「高度」を選択します。

 

③ タブ「ファイル」の設定

タブ「ファイル」はデフォルトの設定のままでOKです。

 

④ タブ「宛先」の設定

最後にタブ「宛先」の設定です。

先程もお話ししましたが、私は「Dropbox」へのバックアップを推奨しています。

BackWPupのバックアップの保存先をDoropboxにする方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、わからない方はそちらをご覧ください。

 

2-2. 「データベース」のバックアップ設定

次に「データベース」のバックアップ設定について解説していきます。

先ほど同じように「新規ジョブを追加」を選択します。

 

① タブ「一般」の設定

先程同じくタブ「一般」から設定していきます。

このジョブの名前はお好みの物を設定しましょう。

例えば、Datebase_Backup・データベースのバックアップなど。

 

ジョブタスクは「データベースのバックアップ」と「インストール済みのプラグイン一覧」にチェック

上記の画像通り、2つにチェックを付けましょう。

 

アーカイブ形式、Windowsの方は「Zip」、Macの方は「Tar GZip」にチェック

先程同じくPC環境に合わせた圧縮形式を選択しましょう。

 

バックアップファイルの保存方法は、「Dropboxにバックアップ」を選択しましょう。

理由は、先ほどお話した通りです。

※レンタルサーバー内に保存したい方は「フォルダへバックアップ」を選択します。

 

ログファイルにメールアドレスを設定します。

メールアドレスを設定し、先ほど同じようにエラーにチェックボックスにチェックを入れます。

 

② タブ「スケジュール」の設定

次にタブ「スケジュール」の設定を行います。

ジョブの開始方法は「Wordpressのcron」にチェックを入れます。

上記の画像通り、チェックを付けましょう。

 

スケジューラーの種類は、「基本」にチェックを入れます。

上記の画像通り、チェックを付けましょう。

 

スケジューラーは「毎日」「3時00分(午前)」にチェックを入れます。

データベースは、記事文章・タイトル(記事情報)等に関するのファイルです。

そのため、毎日バックアップしておくのがおすすめです。

実行する時間帯については「毎日」「3時00分(午前)」のデフォルテのままでOKです。

又は先程同じく、アクセス数が少ない時間帯を把握しているのであればその時間帯に設定しましょう。

 

③ タブ「DBバックアップ」の設定

次にタブ「DBバックアップ」の設定を行います。設定箇所は1つのみです。

バックアップファイルの圧縮は「GZip」にチェックを入れます。

バックアップするテーブルが全て選択されていることを確認し、圧縮は「GZip」にチェック入れればOKです。

 

④ タブ「プラグイン」の設定

タブ「プラグイン」の設定はデフォルトのままでOKです。

 

⑤ タブ「宛先」の設定

最後に同じくタブ「宛先」の設定です。

データベースのバックアップも、先程と同じで保存先は「Dropbox」へのバックアップを推奨しています。

BackWPupのバックアップの保存先をDoropboxにする方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、わからない方はそちらをご覧ください。

 

2-3. BackWPupのバックアップ実行

最後に今設定したジョブ(Wordpressファイルとデータベースのバックアップ)が正常に実行されるか確認を行います。

Woedpress管理画面の左側のメニューから「BackWPup→ジョブ」を選択します。

 

そして、ジョブ一覧の「今すぐ実行」を選択するとバックアップが開始されるので、「Wordpressファイルとデータベース」のバックアップを順に実行しましょう。

 

完了すると以下のように表示されます。

 

そして、Dropboxにバックアップファイルがダウンロードされているか確認してみましょう。

 

Dropboxにしっかりとバックアップファイルが保存されていることが確認できれば「BackWPup」の設定は以上で完了です。

 

まとめ

今回は、簡単にWordpressのバックアップを取ることができるプラグイン「BackWPup」の使い方と設定方法について解説していきました。

BackWPupのポイント
  • BackWPupで自動でバックアップを取ることができる
  • レンタルサーバーの自動バックアップが消えても復元できる
  • 「Wordpressファイル」と「データベース」の2つのジョブ設定だけでOK

アフィリエイトブログを運営していく上で、最大のリスクはブログの記事データが消えてしまうことです。

稼いでいるブログであればあるほど、記事データの重要性は増します。

なので、そんな大事な記事データ(資産)を守るために、BackWPupを使ってバックアップを取るようにしましょう。