MENU
プロフィール背景画像
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。

DELL 40インチ5K2K曲面ワイドモニター(U4021QW)レビュー。

ツヨシ

どうも!こんにちはツヨシ(@24shi_web)です!
先日DELL40インチ5K2K曲面ワイドモニター(U4021QW)を購入し、M1Macをデスクトップとして使っています!

実際にDELL U4021QWを購入してもうすぐ1ヶ月くらいが経とうとしているんだけど、このモニターは購入して本当に良かったなと思っています!

なので、こちらの記事では実際にDELL40インチ5K2K曲面ワイドモニター(U4021QW)を購入し、1ヶ月間利用してきた感想をレビューしてきたいと思います。

これからDELL40インチ5K2K曲面ワイドモニター(U4021QW)の購入を検討している方の参考になれば幸いです。

ちなみに、YouTubeでもDELL U4021QWレビュー動画をアップしているので動画で詳しく知りたい方はそちらを参考にしてみてください。

この記事の内容

1. DELL 40インチ5K2K曲面ワイドモニター(U4021QW)レビュー

さて、早速 1ヶ月使ってみた感想をお話しすると、DELL 5Kワイドモニター(U4021QW)は価格が約20万円と高いけどめっちゃ人におすすめできるモニターです!

まず、21:9のワイドモニターでありながら、画質は4Kととても綺麗です。そして、このDELLのモニターの一番の売りはドッグステーション機能がモニター側に備わっているところです!

私はM1MacBookをメイン機として使っているのですが、M1MacBookにケーブル 1本挿せばデスクトップ環境になり、さらに90W給電・モニター出力・その他周辺機器までが利用可能になるのは本当に便利です。

本来であれば、モニターとは別にドッグステーションを購入しないとケーブル 1本で給電からモニター出力、周辺機器接続はできないのですが、DELL U4021QWを使えば、ドッグステーションなしでもケーブル 1本のデスク環境を構築することが可能です。

なので、デスクをよりスッキリさせたい人には最高のPCモニターだなと感じています!私もこんな高いモニターを買ったのは初めてなのですが本当に大満足な買い物になりました!ちなみに、近年買った私のガジェット買って良かったランキングでは圧倒的に1位です!

2. DELL U4021QWのメリット

具体的に1ヶ月使ってみて私が感じたDELL 5Kワイドモニター(U4021QW)の良い点・メリットについて詳しくお話ししていきますね!具体的には以下の通りです。

  1. 画面がデカくてとにかく綺麗
  2. ドッグステーション機能が備わっている
  3. PIP/PBP機能がついている
  4. テンションが上がる

2-1. 画面がデカくてとにかく綺麗

まず、DELL 5Kワイドモニター(U4021QW)は画面がデカくととにかく綺麗です!5K2Kの解像度なので当たり前なのですが、画面のきめ細やかさはフルHDのものとは比べ物にはなりません!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-04.jpg

私はこれまでLGのフルHDのモニターを使ってきたのですが、違いは歴然です。MacBookユーザーならRetinaディスプレイに見慣れていると思いますが、Retinaディスプレイの解像度を少し上げて、40インチにした感じです。

またDELL公式HPにはApple Pro Display XDRを職場で使っている人のレビューが掲載されていて、私はそのレビューがとても参考になりました。

IPSの5k2kは極めて美しく、職場で使用しているPro Display XDRと比べても、価格差ほどの違いは感じません。
並べて使えば違いはわかるでしょうが、その違いが致命的な差になる職はそう多くないはずで、多くのオフィスワーカーは本機がベストバイだと思います。

DELL公式HPより

ちなみにApple Pro Display XDRとはYouTuberの瀬戸弘司さんが使っている32インチの6Kディスプレイ。価格は50万円でDELL U4021QWが20万円です。

そんな約30万円差のApple Pro Display XDRと比較しても引をとらない綺麗さを持つモニターということでDELL U4021QWの画面の綺麗さは非常に高いと感じています。

2-2. ドッグステーション機能が備わっている

私がDELL U4021QWを使ってみて最も感動したのがこのドッグステーション機能が備わっているという点です。先ほどもお話しした通り、このDELL U4021QWとMacをケーブル 1本で挿すだけで以下のことが可能です。

  • 最大90W給電
  • モニター出力
  • UCBポート5つ使用可能
  • 有線LAN接続
  • DisplayPort1つ使用可能
  • HDMIポート2つ使用可能

本来であれば、これらの接続をケーブル 1本で行うためにはモニターとは別にドッグステーションが必要になります。しかし、DELL U4021QWならThunderboltケーブル 1本で全てが利用可能になります。つまり、必要な機器が一つ減るわけだからデスクもスッキリさせることができるということです。

私は事務所に着いたらThunderboltケーブルを挿し、デスクトップ環境で仕事をする。そして、自宅に帰ったらM1MacBookで仕事をしています。このケーブル 1本でデスクトップ環境にできるのは使っていて楽だなと感じています。

2-3. PIP/PBP機能がついている

PIP/PBP機能がついている点もDELL U4021QWのメリットです。PIP/PBP機能とは、ワイドモニターを2つの画面に区切って使うモード。例えば、右にWindows・左にMac Bookを表示させることが可能です。

正直、私自身はこの機能を使うことはほとんどないのですが、人によってはかなり便利な機能です。さらにlogicoolのマウス「MX Master3」と組み合わせれば、一画面にWindows・Macを表示させつつ、互いのPCのデータのやり取りもドラックアンドドロップで行うことができ、とても便利です。

2-4. テンションが上がる

購入して思ったんですが、やっぱりワイドモニターってかっこいいんですよね。しかも5Kという解像度に加えて40インチの大画面なので所有欲が満たされ、見るたびにテンションが上がります。

商品を買って所有欲が満たされるのってとても大事ですよね。例えば、Apple製品って他の製品と比較すると価格が高い製品が多いですよね。でも、Apple製品を購入する人が非常に多い理由は所有欲を満たしてくれるからだと私は感じています。

DELL U4021QWはそんなApple製品と同じように所有欲を満たしてくれるので個人的には大満足です。

3. DELL U4021QWのデメリット

次にDELL U4021QWを使ってみて感じたデメリット・悪い点です。具体的には以下の通りです。

  1. 価格が高い
  2. 曲面モニターなので使う人を選ぶ
  3. ぶっちゃけ解像度5K(4K)って必要なのか?

3-1. 価格が高い

まず、DELL U4021QWの価格が高い点ですね。約20万円のモニターなので気軽に買えるモニターではないです。

私は以前、LGのフルHDモニターをデュアルで使っていたんだけど、1枚2万円で合計4万円です。ディスプレイを2枚買うよりも高いです。

そして、ぶっちゃけフルHDモニターでも十分ブログ執筆や動画編集などの仕事ができていたのでそこまでのお金を出して購入する必要性を見出せない人も多いと思います。なので、DELL U4021QWの約20万円という価格はデメリットだなと感じています。

ただ、私自身は高いけど購入して後悔はないです。

3-2. 曲面モニターなので使う人を選ぶ

DELL U4021QWは曲面モニターなので、使う人を選ぶというデメリットもあります。なぜなら、曲面ディスプレイなので多少の歪みは絶対にあるからです。ちなみに私はブログ執筆・動画編集がメインなので画面の歪みを全く感じていないのですが精度の高いデザインを行う人にはおすすめできないと思いました。

例えば、建築の図面・パースなどをデザインする仕事の方です。ただし、DELL U4021QWの曲率は2500Rと曲面ゲーミングモニターなどと比較すると緩やかなカーブになっているのでほとんどの人は気にならないかなとも思います。

3-3. ぶっちゃけ解像度5K(4K)って必要なのか?

そして、5Kモニターを購入しておいてなんなんですが、ぶっちゃけ解像度5K(4K)って必要なのか?という問題もあります。なぜなら、4K解像度を必要とするコンテンツがまだまだ少ないこと、4Kは作業するときに不便な点も多いからです。

まず、動画配信サービスなどの作品一覧を見てもまだま4K配信は多くありません。YouTubeでは4K配信を行うクリエイターも増えてきましたがレビュー動画などについては4Kである意味はないかなと感じています。大自然の映像とか動物の映像とかを4Kで見ると迫力は違うけど、例えば私のレビュー動画を4Kで見たい人というのは限りなく0に近いはずですw

あと、4Kモニターは高解像度がゆえに表示される文字がフルHDモニターと比較してかなり小さくなります。フルHDモニターの4枚分の情報量を表示できるという風に言われているんですが、文字もその分小さくなります。なので、4Kモニターを作業用として使う場合は、解像度を下げ、文字を拡大表示するのが一般的で、私もいつもDELL U4021QWの解像度を下げて使っています。

4Kモニターを購入したけど、解像度を下げて使う。なんか本末転倒な気がしませんか?w

さらに解像度が上がることでモニターの価格も格段に上がります。現にDELL U4021QWが20万円します。なので、フルHDよりも解像度を綺麗にしたい!と考えているのであればWQHDのワイドモニターを検討してみるのがまず先かなと思っています。

WQHDのワイドモニターであれば6-7万円払えば購入することができ、DELL U4021QWの約1/3の価格ですから。

なので、DELL U4021QWは本格的な映像関係の人向け、または私みたいに高解像度のワイドモニター欲しい!というちょいとマニア向けなモニターだなとも感じているのが正直な感想です。ぜひ、購入前には本当に5Kという高解像度が必要なのかを考えてみることをおすすめします!

4. DELL U4021QWの最安価格・購入先

DELL U4021QWはAmazonとDELL公式オンラインストアから購入することが可能です。

私はDELLの公式ストアから購入したんですけど、DELL公式ストアだと期間限定割引された価格になっていて、その割引が適用されるとAmazonよりも安く購入することができます。

  1. Amazon:224,800円
  2. DELL公式ストア:197,982円
  • 2021年6月時点の調査時点

ちなみに、期間限定とは言いつつも私が購入した時もこの割引は行われていたので今後も続いていくと思いますが、購入前はAmazonとDELL公式 ストアの両方の価格をチェックすることをおすすめします!

恐らくDELL公式HPで購入する方がお得な場合が多いと思います。

6. DELL U4021QWのよくある質問

最後にDELL U4021QWのよくある質問について解説をしていきます。

6-1. Macとの接続相性問題は大丈夫?

Macとの接続相性問題は大丈夫?

価格.comのレビューに「DELL U4021QWとMacBook Airのモニター接続の相性が悪い」との書き込みがあったので私も購入前にとても気になりました。具体的な内容は「モニター信号を認識してくれない」というものです。しかし、いざ購入してMacとDELLを接続してみるとそのような事象は起きていないので個人的には一安心。もしかすると個体差があるのかもしれませんが、1ヶ月使っていてもモニター信号が認識しなかったことはないので個人的にはこの点は大丈夫だと感じています。

6-2. U4021QWのリフレッシュレートは?

U4021QWのリフレッシュレートは?

DELL U4021QWのリフレッシュレートはDisplayPort・Thunderboltケーブルでモニター出力した場合が「60Hz」HDMIケーブルでモニタシー出力した場合は「30Hz」となります。

6-3. U4021QWはエルゴトロンなどのモニターアームに取り付けれるの?

U4021QWはエルゴトロンなどのモニターアームに取り付けれるの?

問題なくつけることができます。事実、私はDELL U4021QWをエルゴトロンのモニターアームに取り付け配置しています。ただし、DELL U4021QWのモニター重要は約10kgもあるのでその重量に耐えられるモニターアームを選択してあげる必要はありますがモニターアームへの取り付けもなんら問題ないです。

まとめ

今回はDELL 5Kワイドモニター(U4021QW)のレビューについてお話ししてきました。

DELL 5Kワイドモニター(U4021QW)の価格は約20万円と高いですが、画面は大きく、画質もとても綺麗。そして何よりMacへの接続はThunderboltケーブル1本で完結し、給電からモニター出力、その他周辺機器への接続が完了するのが本当に便利です!

私のようにデスクをシンプル・スッキリ見せたい人には最高のワイドモニターなのでとてもおすすめです!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

1986年生まれ 34歳 札幌在住のツヨシ(溝口剛)です。
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスブロガー兼YouTuber。スマホ・光回線・ガジェット・クレジットカードなど自分で使ってみて良かったモノを発信しています。

この記事の内容
閉じる