MENU
Category
プロフィール背景画像
ツヨシ|溝口 剛の画像
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。
>>「無料LINEマガジン」登録はこちら<<

【口コミ評判】JINはアフィリエイトに適した機能が多いWordPressテーマです。

2020 5/23
【口コミ評判】JINはアフィリエイトに適した機能が多いWordPressテーマです。
はじめのアイコン画像はじめ

WordPressテーマ「JIN」を購入しようと思っているんだけど、ぶっちゃけ口コミ・評判ってどうなの?

本記事は上記の悩みの方に向けて記事を書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

私は現在フリーランスブロガーとして活動しており、ブログ収益のみで生活しております。

またWordPress歴は3年以上でこれまで10個以上の有料テーマを実際に購入し利用してきました。

※ちなみに私の現在のWordPressテーマは「SWELL」を利用しており、個人的には一番おすすめです。

実際に私は以下のWordPress有料テーマを購入・比較してきました。

最初に使ってみた感想を言ってしまうと「アフィリエイトブログでJINを使うなら全然あり!」と言った感じです。

私は複数のWordPressテーマを利用した経験を持っており、さらにWordPress歴も3年以上なのでこの記事の信頼性はある程度保たれていると考えています。

なので、この記事を読んでいただければ、WordPressテーマ「JIN」のメリット・デメリットを知ることができますので検討材料にして頂ければ幸いです。

お洒落なサイトが誰でも作れる!

ブログを書くのが楽になるテーマ「SWELL」

  • 誰でも簡単にオシャレなブログが作れます!
  • WordPressの使いやすさがアップします!
  • キャッシュ機能とページ高速遷移機能で初心者も簡単にWordPressの高速化が可能です!
  • アフィリンクの一元管理機能が標準装備されてます!

\一度使うと他のテーマには戻れません!/

※実際に私の当ブログは「SWELL」を使って運営しており、大満足のテーマです!

この記事を書いてる人

溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi

   

1986年生まれ 33歳 札幌在住
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスへ。現在はブログより年間1,000万円の収益を得ています。

この記事の内容

1.【口コミ評判】JINはアフィリエイトに適した機能が多いWordPressテーマです。

JINの評価

価格(3.0)
使いやすさ(4.0)
デザイン性(4.0)
機能性(4.0)
サポート性(4.0)
総合評価(4.0)
↑上記の評価は実際に私が使ってみて感じた評価です。

さて、早速結論からお話させて頂くとJINは「アフィリエイトブログ」を運営するのであれば、おすすめなWordPressテーマであると感じました。

理由は主に以下の3つです。

JINがおすすめな理由
  • アフィリ記事を書く上で必要な装飾機能が取り揃えられている
  • カテゴリ毎のCTA設定・カテゴリのページ化ができる
  • インフィード広告などが簡単に設定できる

アフィリエイトの記事を書いていく上でボックスや吹き出し、さらにはランキングなどの装飾があるのは非常に便利です。

そして、JINはこれらの機能がしっかりと搭載されているので、HTML/CSSの知識がなくても簡単に見やすい記事を書く事ができます。

また、アフィリエイトにおいて「最初の見出し前」と「記事の終わり」に広告や収益化記事へのリンクを貼るのがおすすめなのですが、この点もJINであれば簡単に設定することが可能です。

さらにアドセンスやASP広告などを記事一覧に溶け込ませて表示させる「インフィード広告」の設定も簡単に行うことができます。

以上のようにWordPressテーマ「JIN」はアフィリエイトブログを運営するにはとても便利な機能が豊富に取り揃えられているため、収益化という点では非常にありがたいテーマであるのは間違いないです。

それもそのはず、こちらのテーマを開発したのはアフィリエイターでもある「ひつじさん」ですので、そういった部分はしっかりと考えられて作られているようにも感じています。

そんな良いテーマではあるのですが、Gutenberg対応が進んでいない点・デザイン性・Wordpress高速化の簡単さで「SWELL」には劣っているので、私はSWELLのテーマを使っているといった感じです。

しかし、JINのブログデザイン・収益化の利便性に魅力を感じているのであれば、おすすめできるWordPressテーマです。

\有名アフィリエイターが開発!/

収益を最大化させる機能が豊富!
ブロガー利用者が多くカスタマイズ情報も豊富です!

2.私が感じた「JIN」のメリット・デメリット【まとめ】

さて、実際に私がWordPressテーマ「JIN」を使ってみて感じたメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 記事装飾デザインの詳細が簡単に変更可能
  • カテゴリ別にCTAが設定できる
  • カテゴリページの記事化がとても簡単
  • インフィード広告が設定可能
  • 「All in One SEO Pack」のインストール不要
  • アフィリエイターひつじさんが作っているという安心感

デメリット

  • Gutenberg対応が弱い
  • 記事装飾機能の種類がちょっと少ない
  • WordPress高速化機能が付いていない

具体的に一つずつ解説していきます。

3.WordPressテーマ「JIN」のメリット

3-1.記事装飾デザインの詳細が簡単に変更可能

まず、「JIN」の記事装飾デザインはカスタマイザーから簡単にデザインを細かく変更することが可能です。

本来であれば、見出し・ボックス・ボタンと言った記事装飾デザインは「CSS」にコードを追記・編集してデザインを変更していきます。

でも、JINの場合カスタマイザーで直感的に「色やデザイン」を変更することが可能になっているので初心者の方も簡単にお好みのデザインにカスタマイズすることが可能です。

地味ですけど、記事装飾デザインのカスタマイズ性能が高い部分はJINのメリットの一つです。

3-2.カテゴリ別にCTAが設定できる

次に、カテゴリ別にCTAが設定できるのもJINのメリットです。

先ほどもお話した通り、アフィリエイトブログにおいて「最初の見出し前」と「記事終わり」は読者の行動を行動を促すCTA(コール・トゥ・アクション)を設置するのが一般的です。

JINの場合、記事終わりのCTAを複数作成することができ、さらにカテゴリ毎に設定することができるのでCTAの管理がとても楽です。

例えば…CTAに設定していた広告が停止になっても、そのCTA1つを編集すれば、全てのカテゴリに反映されます。

もし1記事1記事にCTAを設定していたら、広告が停止したらその全ての記事を1記事1記事編集していかないといけないですからね。

そして、この機能は特化ブログよりも様々なカテゴリを取り扱っている「雑記ブログ」にありがたい機能です。

このようにカテゴリ別でCTAを簡単に設定できるのは「JIN」のメリットです。

3-3.カテゴリページの記事化がとても簡単

JINは「カテゴリページ」の記事化がとても簡単です。

ブログの記事数が増えていくと、トップページを構築したり、カテゴリページを記事化してあげる事ってとても重要なんです。

理由は単純で300記事くらいアップしていたら、ユーザーもどの記事を読めば良いのか?さらには読みたい記事はどこにあるのか?を探すのが大変だからです。

ユーザーにサイトをわかりやすく案内するために有効なのがトップページとカテゴリページです。

そして、ユーザーに分かりやすくサイトを案内することにより、収益化記事への誘導も容易になるため、運営者サイドも収益化という点では非常にメリットが大きいです。

JINでは、そのカテゴリページの構築がとても簡単なのもメリットです。

3-4.インフィード広告が設定可能

JINは「インフィード広告」の設置がとても簡単です。

インフィード広告とは記事一覧に溶け込ませた「広告」のことで、アドセンスなどを記事一覧に仕込ませている方が多いですね。

記事一覧にアドセンスを溶け込ませて表示させておくことでクリック率を向上させ、収益につなげる働きがあります。

JINではそんな「インフィード広告」が簡単に設置可能な点も、初心者にはとてもありがたいテーマであると言えます。

3-5.「All in One SEO Pack」のインストール不要

JINは定番のSEO関連プラグイン「All in One SEO Pack」をインストールせずにブログ運営することが可能です。

本来であれば以下の機能を使う際、プラグイン「All in One SEO Pack」で対応しているケースがほとんど。

  • メタデスクリプション
  • noindex/nofollow
  • OGPタグ
  • Googleアナリティクス設定

しかし、JINの場合上記の機能はWordPressテーマ側に標準搭載されているので、プラグイン「All in One SEO Pack」をインストールする必要がありません。

プラグイン「All in One SEO Pack」は、便利なプラグインの一つなのですが動作が重いというデメリットがあります。

なので、JINは「All in One SEO Pack」が必要ないというのはメリットの一つです。

3-6.アフィリエイターひつじさんが作っているという安心感

アフィリエイターのひつじさんが開発したという安心感もJINのメリットの一つです。

JINは以下の2名の方が開発・制作されております。

実際にアフィリエイトで稼いでいる「ひつじさん」が関わっているという点は大きな安心感につながるかなと。

なので、この点もWordPressテーマ「JIN」のメリットの一つです。

4.WordPressテーマ「JIN」のデメリット

4-1.Gutenberg対応が弱い

JINのまず1つ目のデメリットは「Gutenberg対応が弱い」という点です。

JINはGutenbergに対応はしているものの他テーマと比較するとまだまだ弱いというのが正直な感想です。

オリジナル
ブロック
デフォルトブロック
詳細設定
JIN5個
SANGO5個
SWELL15個

上記の表は私が個人的におすすめだと感じている3つのWordPress有料テーマです。

その中でJINは最もGutenbergへの対応が弱いです。

なので、Gutenbergユーザーには少々まだ使いづらい点が多いです。

4-2.記事装飾機能の種類がちょっと少ない

JINの記事装飾機能は記事を書くのに十分なデザインが取り揃えられていますが、こちらも他テーマと比較するとちょっと少ないです。

  • リスト(リストデザインが1種類)
  • タブボックス
  • タイムライン
  • レビューBOX
  • PC/SPのみ表示

正直、上記の装飾デザインを使わない方にとってはデメリットにはなりませんが、個人的には「タイムライン」と「PC/SPのみ表示」は結構使用頻度が高いと感じています。

なので、上記の記事装飾機能がない事もデメリットの一つです。

4-3.WordPress高速化機能が付いていない

JINには、テーマ側に「WordPress高速化機能」が付いていません。

なので、基本JINを利用した場合、「WordPress高速化」を全て自分自身で行わないといけないという事です。

そのためかどうかは分かりませんが、「JINは表示速度が遅い!」という意見もチラホラ聞こえてきます。

しかし、JINを使ってブログ運営している小林亮平さんの「BANK ACADEMY」を見てみると、十分な速さが出ているので「JINだから遅い!」というのは違うかなと個人的には思います。

ただ、WordPress高速化がデフォルトで付いていないことによって、初心者の方が適切に高速化できずにいるため「JINは遅い」という意見がチラホラ聞こえてくるのだと個人的には思っています。

なので、WordPress高速化を全てユーザーが行わないといけないという点はデメリットの一つと言えます。

5.WordPressテーマ「JIN」がおすすめな人

以上のJINのメリット・デメリットから、JINをおすすめできる方は以下の通りです。

JINがおすすめな人
  • JINのブログデザインが好きな方
  • ブログの収益化に力を入れたい方
  • WordPress高速化が自身でできる方

JINのデザインが好きだったり、収益化に力を入れたい方にとってはおすすめできるテーマです。

事実、多くの有名ブロガーも多数利用しているのが何よりの証拠ですよね。

しかし、GutenbergやWordPress高速化の点で不便を感じるのであれば、私が利用している「SWELL」を利用することをおすすめします。

\有名アフィリエイターが開発!/

収益を最大化させる機能が豊富!
ブロガー利用者が多くカスタマイズ情報も豊富です!

6.定番のWordPressテーマ14個を徹底比較

はじめのアイコン画像はじめ

JINは他のテーマと比較して、値段とか機能性とかはどうなの?

他のテーマと比較してみたJINの意見を知りたい方も多いかと思いますので、以下の通り、定番のWordPressテーマ比較表を作ってみました。

WPテーマ価格複数サイト
利用可能
記事装飾
機能
デザイン性Gutenberg
対応状況
Cocoon無料ブログ向き
アルバトロス7,980円ブログ向き
ハミングバード7,980円ブログ向き
スワロー9,900円ブログ向き
ストーク1911,000円ブログ向き
SANGO11,000円ブログ向き
JIN14,800円ブログ向き
THE THOR14,800円ブログ向き
AFFINGER14,800円ブログ向き
SWELL17,600円ブログ/コーポレート
DIVER17,980円ブログ向き
賢威24,800円ブログ向き
TCDシリーズ8,980円~コーポレート
THE SONIC780円/月ブログ向き

※「Gutenberg対応状況」については、2020年4月末時点、私が調査した内容を表記。

定番のWordPressテーマと比較すると「JIN」の強みは以下の通りです。

JINの強みと特徴
  1. CTAやインフィード広告表示などが優秀
  2. 記事装飾機能は多少劣る
  3. WordPress高速化は自身で行う

ちなみにおすすめWordPress有料テーマ8つを徹底比較した記事も執筆していますのでそちらも参考にしてみてください。

6-1.CTAやインフィード広告表示などが優秀

JINの「CTA・インフィード広告」の使い勝手は他テーマと比較しても優秀だなと感じました。

なので、アフィリエイトブログのような「収益化」に力を入れたい方にとっては非常にメリットが大きいです。

もちろん、他テーマでも「記事終わり」にCTAを入れる事は可能なのですがカテゴリ別に簡単に出力できる操作性と管理のしやすさはJINがとても良いです。

6-2.記事装飾機能は多少劣る

記事装飾機能の種類については、他テーマと比較してしまうとやはり少々劣る部分があります。

具体的にはAFFINGER・SWELLSANGOには、記事装飾の種類では劣っています。

なので、より多くの記事装飾機能を使いたい!と考えているユーザーの場合、ストレスを感じるケースもありますので他テーマと比較して検討するのがおすすめです。

6-3.WordPress高速化は自身で行う

JINはWordPress高速化の機能がテーマ側に搭載されていないという点も他テーマと比較すると劣っている部分です。

SWELL・SANGO・AFFINGERは、テーマ側にWordPress高速化の機能が搭載されているので、その点では初心者の方にも優しいテーマであると言えます。

もちろん、多くのWordPressテーマは「高速化の機能」が付いていないのですが、搭載されているテーマと比較してしまうと少々残念に感じてしまいます。

特にSWELL・SANGOの高速化機能は優秀なので「表示速度」を求める方はこの2つのテーマの検討をおすすめします。

7.JINのよくある質問

最後にWordPressテーマ「JIN」についてのよくある質問について回答して終わります。

7-1.「JIN」と「SANGO」のどちらがおすすめ?

はじめのアイコン画像はじめ

JINとSANGOならどちらがおすすめなの?

JINとSANGOで迷われている方は非常に多いかなと個人的にも思います。

実際に2つを使ってみて思った点は…

  • JIN → カテゴリ別CTA、ランキング装飾がある
  • SANGO → WordPress高速化が容易、ランキング機能がない

よりアフィリエイトブログに特化しているのが「JIN」かなと個人的には感じています。

なので、CTAなどの収益化の管理やランキング機能などアフィリに特化したい場合はJINが良いかなと思います。

この違いを参考に選んでもらえればOKです。

7-2.JINのカスタマイズは簡単?

はじめのアイコン画像はじめ

JINのカスタマイズは簡単?

JINは先程もお話した通り、有名ブロガー・アフィリエイターも多く利用しているWordPressテーマです。

さらに、カスタマイズ記事も多く執筆されており、さらにJINフォーラムという質問ができる場所もあるため、ある程度のカスタマイズであれば多くの情報が出ていると感じています。

この点はあまり心配しなくて良いかもしれませんね。

まとめ

今回はWordPressテーマ「JIN」の口コミ評判についてお話してきました。

本記事のまとめ
  • JINのブログデザインが好きな方
  • ブログの収益化に力を入れたい方
  • WordPress高速化が自身でできる方

JINは、有名ブロガー・アフィリエイターさんに多く採用されているWordPressテーマの一つです。

また、ひつじさんがWordPressのアップデートにも合わせて、更新していってくれているので長きにわたり利用できるテーマです。

ただ、Gutenberg対応やWordPress高速化についてのデメリットがありますので、その点が不満に感じるようであれば私が利用している「SWELL」も一度検討してみてください。

\有名アフィリエイターが開発!/

収益を最大化させる機能が豊富!
ブロガー利用者が多くカスタマイズ情報も豊富です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の内容
閉じる