【知らなきゃ損】
仕事を辞めたいのに
転職活動しない人が
損している3つのコト

転職には年齢的なリミットがある事をご存知でしょうか?

この記事では、

はじめのアイコン画像はじめ

仕事を辞めたいけど、転職活動するのがめんどくさいから今はまだ転職活動しなくていいや!

と転職活動を先延ばしにしている方に向けて記事を書いています。

現在「仕事を辞めたい・転職したい!」と悩んでいる方には参考になる内容になっていますので、是非最後まで読んでみてください。

あなたは転職に向けて行動していますか?

あなたは今勤めている会社で以下のような悩みを持っていませんか?

  • 長時間働いているのにしっかりと評価されず、給料も上がらない
  • 仕事中心の人生で、自分の時間・家族の時間がない
  • 何もしていない上司が、自分よりも収入が高いのが許せない
  • 自分の意見は無視され、上司の意見を一方的に推しつけられる
  • 上司にねちねちと嫌味を言われている
  • 自分の機嫌で感情的に怒る上司がいる
  • もっと生きがいのある仕事・自分のやりたい仕事をしたいと思っている
  • 営業ノルマに追われて、殺伐としたムードの事務所の中で働きたくない

仕事を辞めたいと思っているのに転職活動などの行動を一切していないのではないでしょうか?

確かに、転職活動は…

  • 履歴書書いたり、
  • 転職サイトで求人を探したり、
  • 面接受けたり、

やることが地味に多いのでめんどいですよね!!

さらに、今の会社を辞める時には…

  • 上司と退職届を出して、
  • 複数回面談を繰り返して、
  • 退職を止められて、
  • 退職を告げた後、事務所で気まずい思いをしながら引き継ぎをする

しかし、面倒だからと言って転職活動を先延ばしにしていると…

転職で業種・業界を変えたり、はたまた転職する事自体が厳しくなるってご存知でしたか?

つまり、めんどくさいからと言って何となく今まで通り働いていると、

気づいた時には「転職」が難しくなっている可能性もあります!

転職活動しない人の3つの損失

実際にめんどくさいという理由で、転職活動をせず、歳を取った人が被る3つの損失は以下の通りです。

  1. 歳を取ると、選べる会社・仕事が減る
  2. 歳を取ると、年収が下がる可能性が高まる
  3. 歳を取っても年収を上げたい場合、応募できる企業が「ブラック」ばかりになる

① 歳を取ると、選べる「会社・仕事」が減る

転職には、2つの年齢の壁(リミット)があります。

  • 25歳の壁(第二新卒採用)
  • 35歳の壁

まず「25歳の壁」ですが、25歳までなら未経験の職種・求人であっても採用され可能性が高いんです。

つまり、25歳までは業界・職種チェンジが可能なタイムリミットです。

事実、リクナビNEXTでも25歳の第二新卒については以下のように言われています!

25歳前後(第二新卒)の転職者への採用企業側のニーズとは

第二新卒は「成長のポテンシャル」を重視する企業が多く、専門性への要求はあまり高くありません。そのため、職種チェンジのチャンスが最もある年代といえます。
また、「組織の年齢バランスを是正したい」というニーズもあり、将来のリーダー候補として数年後を見据えて採用する会社もあります。

引用:リクナビNEXTより

つまり、25歳手前で一度「転職のベストタイミング」を迎えるという事です!

次に35歳の壁ですが、こちらは単純で35歳を過ぎてしまうと応募できる求人数が大幅に減少し、40歳を超えるとその厳しさはさらに増していくと言われおります。

転職での「35歳の壁」は有名な話で、NIKKEI STYLEでも複数の記事で取り上げられているほどです。

特に35歳を境に一気に求人数が減少し、40歳、45歳と年齢が高まるにつれ厳しさを増していきます。

引用:NIKKEI STYLEより

40代の転職実践者の体験談もコラムに掲載されていたので紹介します。

記事「転職者300万人超えの真実 「35歳の壁」は崩れたか?」

「実際に活動を始めてみると、思ったより厳しいというのが実感です。20社以上の書類選考にすら通過しない。面接さえしてもらえないのかと思うと情けなくなります」
(42歳、前職=通信機器商社・営業、転職経験3回)

引用:NIKKEI STYLEより

35歳以上の転職はdodaの「転職成功者の年齢」のアンケートを見ても、厳しさが見て取れます。

出典:dodaより

転職成功者の全体のうち20代が約50%を占め、35歳以上になると割合が一気に減少しているのが分かります。

つまり…

20代会社員のアイコン画像20代会社員

めんどくさいし~、まだ若いから今すぐ転職しなくて良いや~!

と先延ばしにしていると、25歳の時に職種・業種を変えるチャンスを逃し、転職先の選択を狭めることになるのです!

そして、35歳を超えた時には転職がかなり難しい状況に直面するのです。

② 歳を取ると、年収が下がる可能性が高まる

また歳を取ってからの転職になると、転職が成功したとしても年収が下がる可能性が高くなります。

なので、転職を後回しにすればするほど、将来貧乏になる可能性も上がるという事です!

この点については日経キャリアNETが「転職後の年収変化」の調査を行なっており、データは以下の通りです。

転職後の「年収減少」の割合

20代
11%
30代
21%
40代
34%

30代は「5人に1人が減少」、40代は「3人に1人が減少」と言う調査結果となっています。

歳を取ってから転職すると給料が減る可能性が高くなるので、そもそも転職を諦める人も増えてしまうのです。

つまり、我慢して一つの会社に30代を超え、勤め続けるていると、

転職のチャンスを逃し、一生不満を貯めたまま今の会社で働かないといけなくなるという事です!

③ 歳を取っても年収を上げたい場合、
応募できる企業が「ブラック」ばかりになる

先ほどもお話しした、歳を取ってからの転職の場合、年収が下がる可能性が高くなります。

それでも「年収を上げたい!」と考えている場合、応募できるの企業は「ブラック」寄りの企業が多くなると言うリスクが増えます。

40代以上の人材を積極的に採用する企業の特徴は以下の通りです。

  • 固定給ではなく、歩合給の割合が多い営業系の会社
  • 業務がきつく、慢性的な人材不足でどんな人でも採用したい
  • 人材の出入りが激しく、ブラック体質の会社である可能性が高い

40代以上でも応募可能な求人を見ていると上記のような企業が多いです。

私がいた不動産業界で言うと…「大○建託や住○不動産販売」などがこれに該当します。

この2社はリクナビでいつも求人を出していて、採用活動を止めた時をみたことがありませんw

業界でも有名なブラックなのですが、40代以上で「年収を上げたい!」となるとこのようなブラック企業しか選択肢が絞られると言うことです。

もちろん、あなたに立派なスキルやキャリアがあるなら、年齢を重ねても優良企業にステップアップの転職を成功させることも可能です!

そういった、自分のスキル・キャリアに自信のある方は、この記事を読む必要はないので今すぐ閉じて頂いてOKです!

しかし、ほとんどの方の場合、歳を取ると転職が厳しくなり、選べる会社が減り、年収や待遇面が悪化していくという現実があります。

【実話】私は26歳の転職しましたが
とても苦労しました

実際に私も年齢を重ねて、自分が希望していた会社・仕事に転職できなかったという過去があります!

ちょっと、ここで私の過去の経験談をお話させて頂きますね!

私は札幌のとある工業系の大学の建築学科を卒業したのですが、ここの卒業生の多くはゼネコンなどの技術系の職に就職するのが一般的でした。

※中央下でピースしているのが若かりし頃の私ですw

しかし、私は…

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

営業でがっつりお金を稼ぎたい!

という考えから、技術職ではなく、東京のとある不動産会社に営業職として入社したんですね。

仕事内容は地主さんへの土地活用営業で、簡単に言うとマンション・アパートの建設営業です。

  • 基本飛び込み営業・電話営業
  • しかし、95%のお客は話すら聞いてくれない
  • インターホン越しに迷惑がられて終わり
  • 酷い時は、直接ブチ切れられる
  • 迷惑がられ続けたせいで、自分の仕事の意義を見失う
  • 不動産と言う高額商品のため、セールスの難易度が高い
  • 毎週ミーティングがあり、契約が取れていないと上司に詰められる
  • 精神的・体力的にも過酷なのに給料が安い
  • お客さんの予定に合わせるため、休みが消えることも多い
  • 朝8時〜夜9時くらいまで働き、事務所と自宅の行き来だけの人生
  • 安月給・長時間労働・ノルマに追われると言う最悪の環境

恐らく、同じ業界で働いたことがある方なら辛さを理解してもらえると思いますw

こんな感じで、とても辛い労働環境だったので、私は仕事中に海辺に度々行って…

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

俺は毎日毎日ピンポンばかり押して、お客さんには迷惑がられて、一体何やっているんだろう…
やりがいもないし、こんな仕事辞めたいよ…

とよく悩んでいました。

正直、辛さしかなかったんですが、

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

仕事をすぐ辞めるなんてダメだ!!
最低でも3年は頑張らないと!!

という考え方を持っていたので、転職するという決断ができなかったんです!

恐らく、これを読んでいるあなたも過去の私と同じように「辞める(逃げる)のは悪いこと!」という考えを持っているのでは?

嫌々働き続ける私でしたが、3年目のある時、転機が訪れました!

会社から「転勤」が言い渡されたのです!

しかし、私は…

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

転勤はしたくない!

という思いがきっかけとなり、転職する決意がやっとできたんです!

もしかすると、転勤が言い渡されていなければ…今もあの会社で苦しんでいたかもしれません…w

そして、初めて転職活動を始めることになった私の年齢は「26歳」

この時に使ったのが転職エージェントが「」です。

私は新卒から約3年間、営業で辛い毎日を送ってきたので…

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

不動産営業だけはもうやりたくない!!
絶対に不動産・営業職以外の職種に転職したい!!

と言う思いが私の第一希望でした。

そのため、不動産業界かつ営業職以外の未経験可能の求人を中心に応募したんですが、しかしまぁ書類選考が通らない…w

即戦力を求める中途採用の中で、未経験の職種への転職はハードルが高く、第二新卒の若い人材ならまだ可能性はありますが、

当時の私は第二新卒の世代には該当せず。

この時私は…

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

もっと早く転職活動始めておけばよかった!!!

と強く後悔したんです!!!

そして、その後も諦めず転職活動を続け、

地元の不動産管理会社の分譲マンション管理職(フロント職)に転職することができました!

営業職からは逃れることができましたが、不動産業以外への転職は叶いませんでした…

他にも内定はもらうことができたのですが全て不動産業界で、他業界の会社にも多数応募したのですが書類選考の時点でかなり落とされるという無残な結果。

この経験から何が言いたいかと言うと、

過去の私と同じように「業種・職種を変えたい!」と考えているならマジで転職は早いに越したことがありません!

転職活動がめんどい!と言う理由もめちゃくちゃ理解できるんですけど、

転職活動を先延ばしにしていると私と同じように年齢がネックとなり、自分の希望に合った会社(業界)・仕事に転職できなくなる可能性が大いにあるという事です。

私は何度も「もっと早く転職活動してればよかった…」と後悔しているので、この記事であなたは私と同じ失敗はしないで欲しいです。

転職活動がめんどいなら、
転職エージェントに登録しよう!

はじめのアイコン画像はじめ

仕事を辞めたいけど、転職活動がめんどいな…

と思っているなら、「転職エージェント」を使う事を強くおすすめします!

なぜなら、転職エージェントを使えば、転職活動のめんどくさい部分を全て代行してやってくれるからです!

その中でも、私も実際に使っておすすめなのが「」の2つで、最低この2社に登録しておけばOKです!

はじめのアイコン画像はじめ

なんでこの2社の転職エージェントがおすすめなの?

その理由は簡単で以下の通りです。

  • 業界No,1・2の求人数を持っているから
  • 全国に支店を構えていて、全国各地の求人を網羅している
  • 「無料」で転職活動で面倒な書類提出や応募企業の提案、面接サポートを受けれるから

を使えば、楽に仕事の合間に転職活動ができて、上司や同僚にバレることなく、自分に合った企業に転職することができます!

具体的にあなたがやる事と言えば、エージェントと面談して、担当者からのメールチェックとその返信くらいです。

転職エージェントを使えば、めんどくさいとは思わないし、仕事に支障も与えません。

転職エージェントを使うべき4つの理由

はじめのアイコン画像はじめ

でも、本当に転職エージェントを使ったら、転職活動が簡単にできるようになるの?

転職したことない方の場合、転職エージェントのメリットを知らないと思いますので、解説していきます!

転職エージェントのメリット
  1. 面倒な企業選定から応募・連絡までをエージェント担当者がやってくれる
  2. リクルートとdodaの求人数は業界1位と2位。
  3. 非公開求人に応募可能
  4. 志望企業・業界の裏事情を知れる
  5. エージェント担当者がプッシュしてくれて内定率がUPする

転職エージェントのメリット

面倒な企業選定から応募・連絡までをエージェント担当者がやってくれる

転職サイト
(自己応募)
転職エージェント
サービス登録
必要

必要
担当者面談×
不要

必要
求人選定・提案×
自分で探す

担当者が提案
履歴書添削×
自分で探す

担当者が提案
書類選考×
自分で送付

担当者が送付
面接日程調整×
自分で調整

担当者が調整
面接対策×
独学で勉強

面接サポートあり
採用担当者へプッシュ×
自分の力のみ

担当者のプッシュあり
待遇交渉×
自分で行う

担当者が交渉

転職エージェントの最大のメリットが、転職活動のめんどくさい手間を全て転職エージェントの担当者がやってくれる点です!

担当者と一度面談しないといけないという点はありますが、転職エージェントを使うとマジで転職活動が楽になります!

私も過去3度の転職を経験し、リクナビNEXT・自己応募でも転職活動をやりましたけど、楽さで言ったら「転職エージェント」が最高でした!

転職活動がめんどくさいという方は、間違いなく転職エージェントを使うべきです!

リクルートとdodaの求人数は業界1位と2位。

転職エージェント名求人数対象エリアおすすめ度
約20万件全国★★★★★
約15万件全国★★★★★
約5万件全国★★★★
約4万件全国★★★★
ワークポート約3万件全国★★★
Spring転職エージェント約2万件全国★★★
エンエージェント約1.5万件関東・関西★★★
type転職エージェント約1万件全国★★★
約1万件関東・関西★★★
約1万件関東・関西★★★
約1万件全国★★★
約1千件全国★★★
約3千件全国★★★
約1千件関東・関西★★★
約2千件関東・関西★★★
不明関東・関西★★★
※右→にスクロールできます。

※「求人数」については、2020年9月時点に調査した数値です。

日本には多くの転職エージェントが存在しているのですが求人数は業界1位・2位の掲載量!

そして、転職エージェントを選ぶ上で重要なのは「求人の量と担当者」です!

正直、転職エージェントのサービスの違いってほとんどなくて、あるのは「求人数と担当者の質」くらいなんですよね!

だから、「求人数」が多い転職エージェントを使うのは絶対条件

そして、担当者を見極めるという意味で、大手2社に登録すれば、担当者の質も見極める事ができるので、良い転職をする事ができるという事です!

だから、がおすすめなんです!

非公開求人に応募可能

転職エージェントは、転職サイトとは違い「非公開求人」が存在しています!

非公開求人とは?

非公開求人とは、転職サイトや企業ホームページなど、インターネット上に掲載されていない、非公開の求人のことを指します。企業名や募集職種、仕事の内容などを一般に公開していないため、これまで探しても出会えなかった求人が見つかることも。非公開求人を豊富に保有している点は、転職エージェントを活用するメリットのひとつと言えるでしょう。

引用:リクルートエージェントより

当たり前ですが、転職活動では求人情報を知れば知るほど転職の選択肢が増えます。

そして、非公開求人の中には優良企業の求人も多くあるので、転職エージェントを使った方が待遇面においても良い転職ができる可能性が高まります。

なので、転職したいなら転職エージェントを使わないのはもったいないです

志望企業・業界の裏事情を知れる

転職サイトや自己応募の場合、業界や志望企業の情報を調べるといっても限界があります。

しかし、転職エージェントの場合、キャリアコンサルタントから情報がもらえるため、志望企業・業界の裏情報を教えてもらう事が可能です!

これはブラック企業に入社しないために重要な情報です。

エージェント担当者がプッシュしてくれて
内定率がUPする

全ての人をプッシュするわけではありませんが、もしあなたが優秀な人材であれば、

転職エージェントの担当者が志望企業の採用担当に「おすすめの人材です!」とプッシュしてくれます!

つまり、転職エージェントを使う事で内定率がUPするのはめちゃくちゃ良い点です。

ただし、先ほども言った通り、全ての人をプッシュするわけではないので、その点は注意しましょう!

転職エージェントのデメリット

希望していない企業を
ゴリ押ししてくるエージェントもある

転職エージェントにはほとんどデメリットらしいデメリットはないのですが挙げるとするなら、

「希望していない企業をゴリ押ししてくる場合もある」ということです。

転職エージェントもビジネスです。

求職者を内定させて初めて、報酬が発生するのでなにがなんでも内定するように、

受かりやすいブラック企業をゴリ押ししてくるケースはあり得ます。

ただ正直、この点はのような大手転職エージェントであればそこまで心配することはないし、

担当者による部分なので、リスク対策として転職エージェントは2社以上を登録するのが大事です!

なので、私もの2つを利用しましたが、

ゴリ押しされることはまずありませんでした!

「リクルートエージェントとdoda」の
利用者の声

はじめのアイコン画像はじめ

色々な転職エージェントがあるけど、本当にこの2社の評判って良いの?

の体験者の声を実際にSNSで集めてみました!

良い意見がとても多かったのでご紹介させて頂きます!

体験者Aのアイコン画像体験者A

いろいろ使ってましたが一番良かったのはリクルートエージェントさんでした。
引用:Twitterより

体験者Bのアイコン画像体験者B

DODAのエージェント1番良かったの否定せずにプラスαの提案してきたとこよなぁ。割と人間って何話してるかよりもちゃんと聞いてもらえるかなんだと思う。この人ちゃんと話聞いてくれるな→信用構築みたいなプロセス。否定混じりはその後聞く気失せるけど意外と自分のレールに乗せようとしてくる人多い。
引用:Twitterより

体験者Cのアイコン画像体験者C

辞める前にDODAとリクルートエージェントが役に立つ!
引用:Twitterより

体験者Dのアイコン画像体験者D

そう言えば先日、リクルートエージェントとdodaの2つの転職エージェントさんとキャリア面談をしたんだけど、対応の仕方はどちらも似たよう感じでした!ただ悩みや疑問に対する返答は同じことも違うこともあったりしたので、両方を受けておくのがいいのかなと思いました。情報は武器ですね!
引用:Twitterより

ちなみに、他のサイトでは捏造口コミを書いているところもありますが、これらの利用者さんの口コミは全てTwitterで調査したものでリアルな口コミ・評判です!

利用者さんの声からもわかる通り、は非常に評判の良いです!

ただ先ほども言いましたが、転職エージェントのサービスはぶっちゃけどこも変わらないです!

選ぶポイントは「求人数と担当者の質」で、求人数はこの2社を選んでおけば間違い無いです。

担当者の質については、であっても当たり外れがあるので1社のみだけの登録だとリスクがあるので、

2社登録しておけば、使えない担当者の方に当たるリスクも回避することが可能です!

以上のことから、の2社の転職エージェントに登録し転職活動を始めれば、仕事の合間に手間なく転職活動を進めることができますよ!

そして、転職が実現すれば…

  • 年収UPの転職ができ、上がった給料で毎年旅行に行くことができたり、
  • 自分の時間が取れる仕事へ転職すれば、好きな映画やゲームを平日でも楽しめたり、
  • 嫌な上司とサヨナラすれば、毎日会社へ出社するのが苦痛ではなくなったり、
  • 新しい会社で出会いがあり、将来のパートナーを見つける事だってあり得ます。

このように転職とは、単純に仕事を変えるだけではなく、あなたの人生をより良く変える「活動」です!

まずは転職エージェントへの
登録が第一歩

もしあなたが今の会社に給料・労働環境・人間関係などの不満を感じているなら、早めに転職活動に取り組む事をおすすめします!

  • 長時間働いているのにしっかりと評価されず、給料も上がらない
  • 何もしていない上司が、自分よりも収入が高いのが許せない
  • 自分の意見は無視され、上司の意見を一方的に推しつけられる
  • 上司にねちねちと嫌味を言われている
  • 自分の機嫌で感情的に怒る上司がいる
  • もっと生きがいのある仕事・自分のやりたい仕事をしたいと思っている
  • 営業ノルマに追われて、殺伐としたムードの事務所の中で働きたくない

登録が無料となっており、無料登録も2分もあれば完了します!

人材業界No.1とNo,2の転職サービスを是非無料で体感してみてください。

転職したいのに「行動しない」のは
損失です

良い求人情報は「出会い」です。

には、1年間を通して様々な企業の求人情報が溢れていますが、

優良企業の求人は出るとすぐに決まってしまうことがほとんど!

私も初めての転職の時、ある外資系企業の好条件の求人を見つけたのですが、

採用人数が1名と少なく、私が応募した時にはもう他の人に内定が出てしまいました…

そんな優良企業の求人情報と出会うためには、優良企業が求人を出した時に、

転職活動を行って(転職エージェントに登録して)いないと、

その優良企業の求人情報を目にする事すらありません。

なので、チャンスを逃さないためにも、

めんどくさがらずにまずは転職活動を始める事をおすすめします!

たかが転職エージェントに登録するだけですけど、

その小さな行動が、たった2分の行動が、

あなたの人生に良い変化を与えますよ!

リクルートエージェント

このサービスを1分解説!

  • 全国に営業拠点があり、地方都市などのUターン転職にも強い
  • 業界最多の紹介求人数を誇る
  • 担当が2名体制でキャリアコンサルタントの連絡・対応が速い
  • キャリアコンサルタントの当たり外れはある
  • 経歴によっては利用できない人もいる
総合評価

(5.0)
求人数

(5.0)
サポート体制

(5.0)

\2分で簡単無料登録!/

業界No,1の豊富な求人数!
全国で理想の仕事を見つけることが可能!

doda

このサービスを1分解説!

  • 全国に営業拠点があり、地方都市などのUターン・Iターン転職にも強い
  • リクルートエージェントに並ぶ求人数の多さ
  • 面接練習会など転職サポートが充実
  • キャリアコンサルタントの当たり外れはある
  • 経歴によっては利用できない人もいる
総合評価

(5.0)
求人数

(4.5)
サポート体制

(5.0)

\2分で簡単無料登録!/

求人数の多さは業界で2番目!
首都圏・地方都市、どちらの転職にも使える!

他の転職エージェントも合わせて比較したい方は以下の記事で詳しく解説していますので、こちらも合わせてご覧ください。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます

私は新卒で入社した会社で、本当に毎日毎日辛い日々を送っていました。

  • 仕事は辛いものだ!
  • 我慢しないとダメだ!
  • 会社を辞めるのは悪だ!

と思っていたんです!

でも、転職してみて思ったことは「楽な仕事はある!自分に合う仕事は必ずある!」ということです!

なので、もしこれを読んでくれているあなたが仕事に悩んでいるのであれば、

他の会社をまずは知ってみてください!

転職活動は、とても良い気づきを与えてくれます。

もし、転職活動をして、

「今の会社がベストだ!」

という答えにもなるかも知れません!

そうすれば、今の職場環境に感謝を覚えて、より仕事にもやりがいが生まれるはずです!

転職する・しないに限らず、転職活動で得た経験は多くの方に

ためになる情報であると感じています!

なので、現状の会社に不満があるなら、まずは行動しましょう!

そして、転職エージェントは無料で使えるので、使って損はないですよ!

あなたの人生が良い方向に向かう事を祈っています。

以上です。