MENU
Category
プロフィール背景画像
ツヨシ|溝口 剛の画像
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。
>>「無料LINEマガジン」登録はこちら<<

【解説】mixhostに独自ドメイン・サブドメイン・サブディレクトリを追加する方法

2020 5/05
【解説】mixhostに独自ドメイン・サブドメイン・サブディレクトリを追加する方法
はじめのアイコン画像はじめ

mixhostの独自ドメインの追加方法が知りたい。
mixhostのサブドメイン・サブディレクトリの追加方法は?

本記事では、上記の疑問にお答えしていきます。

この記事を読めば、mixhostでの独自ドメイン・サブドメイン・サブディレクトリの追加方法を全て理解することができますよ。

アフィリエイトにおすすめです!

低価格の高速サーバー「mixhost」

  • 880円〜と月額料金が安いです。
  • 使用量が割当られている次世代型共用レンタルサーバーです。
  • WEBサーバーにnginxよリも速いLiteSpeedを採用。
  • 高性能なので初心者でも速い表示速度を実現できます。

\今なら30日間の返金保証付きです/

※私も実際に「mixhost」を利用してブログを運営しています。

この記事を書いてる人

溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi

   

1986年生まれ 33歳 札幌在住
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスへ。現在はブログより年間1,000万円の収益を得ています。

この記事の内容

1. mixhostの「独自ドメイン」の追加・登録方法

まず早速ですがmixhostの「独自ドメイン」の追加方法について解説していきます。

mixhostは、マルチドメインを採用しているため、複数の独自ドメインのブログ運営・管理を行っていくことが可能です。

独自ドメインの追加に上限はありませんので、無制限にドメインを登録することが可能です。

さて話が少しずれてしまいましたが、独自ドメインの追加の手順は以下の通りです。

独自ドメインの追加・登録方法
  1. mixhostの「マイページ→cPanel」へログイン
  2. 「アドオン ドメイン」を選択
  3. ドメインの追加
  4. 独自ドメインのSSL化

1-1. mixhostのcPanelへログイン

まずは、mixhostのマイページからcPanelへログインしましょう。

1-2. 「アドオン ドメイン」を選択

cPanel内の「ドメイン(見出し)→アドオンドメイン」を選択しましょう。

1-3. ドメインの追加

ドメインの追加画面が表示されるので、以下の入力欄に「独自ドメイン」を入力しましょう。

独自ドメイン追加の入力内容
  • 新しいドメイン名:取得した独自ドメイン
  • サブドメイン:自動入力
  • ドキュメントルート:自動入力

サブドメイン・ドキュメントルートは自動入力されますので、基本デフォルトのままでOKです。

この「サブドメイン」とは、この後説明する独自ドメインのサブドメインとは異なるものになりますのでご注意を。

その下の「このアドオンドメインに関連付けるFTPアカウントを作成します」のチェックは付けなくてOKです。

※このチェックは、サイト毎の管理者を変えたい場合に使用する物です。

独自ドメインの入力が終わったら、「ドメインの追加」を選択し完了となります。

独自ドメイン追加時の「サブドメインって何?」

はじめのアイコン画像はじめ

独自ドメインのサブドメインとは異なるって?サブドメインの意味が良くわからないけど?

そう思った方がほとんどでは?mixhostの公式サポートには、この独自ドメイン追加時の「サブドメイン」については以下のように説明されています。

サブドメイン
「サブドメイン.初期ドメイン」でもアクセス可能なアドレス設定します。

(例:subdomain.example.mixh.jp)
このサブドメインは必須です。移行作業中の確認などに便利です。
独自ドメインのサブドメインではありませんのでご注意下さい。

引用:help.mixhost.jp

まだわからないという方のために例を用いて説明します。

例)初期ドメイン「example.mixh.jp」、追加する独自ドメインが「24shi-web.com」だとします。

すると、先程説明した独自ドメイン追加画面では、以下のようになります。

  • 新しいドメイン名:24shi-web.com
  • サブドメイン:24shi-web
  • ドキュメントルート:/public_html/24shi-web

つまり、「https://24shi-web.com」が正規URLとなりますが、

「https://24shi-web.example.mixh.jp」でもアクセス可能になるということです。

はじめのアイコン画像はじめ

一つのブログに対して複数のURLが存在するってSEO的にマズいのでは?

確かに現在のSEOの主流の考えとして、URLが複数あるとSEOの効果も分散されるといわれています。

なので、mixhostで独自ドメインの追加を行った後はURLの正規化をしてあげることが必要です。

独自ドメインURLの正規化・リダイレクトの設定方法については以下の記事で解説していますので、WordPressインストール後「.htacces」ファイルに設定しましょう。

1-4. 独自ドメインのSSL化

次に、独自ドメインのSSL化です。

mixhostでは、独自ドメインの追加し、ドメインのネームサーバーの変更を行えば自動的に全てのドメインは無料SSL化される仕様になっています。

がしかし、少しでも早く独自ドメインのSSL化をしたい方は以下の手順を行ってください。

※独自ドメインのネームサーバーを変更していないとSSL化されないので注意。

cPanel内「セキュリティ(見出し)→SSL/TLS Status」を選択

まずは「セキュリティ(見出し)→SSL/TLS Status」を選択します。

登録した独自ドメインのSSL化の進捗確認

次に、今登録した独自ドメインのSSL化の進捗状況を確認します。

SSL化が完了していれば、以下のような表示です。

SSL化が未完の場合は、以下の表示です。

完了していない場合は、SSL化を優先して実行させる

完了していない場合は、SSL化を優先して実行させていきましょう。

まず、SSL化が終わっていない登録した独自ドメインのチェックボックスにチェックを入れます。

そして、上部に画面をスクロールし、「Run AutoSSL」を選択します。

この作業を行うことで、チェックを付けた独自ドメインが優先的にSSL化が行われるようになります。

完了まで、しばし待ちましょう。

mixhostでは、ドメインのネームサーバーを変更しないとSSL化されません。いくら待ってもSSL化されない方は、ドメインのネームサーバー変更が正しくされているのか確認しましょう。

2. mixhostの「サブドメイン」の追加・登録方法

次にmixhostの「サブドメイン」の登録方法について解説していきます。

サブドメイン追加の手順は以下の通りです。

サブドメインの追加・登録方法
  1. 「サブドメイン」を選択
  2. サブドメイン名の設定・追加
  3. サブドメインのSSL化

2-1. 「サブドメイン」を選択

まずは独自ドメインの追加と同じく、mixhostのcPanelにログインしましょう。

そして、cPanel内の「ドメイン(見出し)→サブドメイン」を選択します。

2-2. サブドメイン名の設定・追加

「サブドメインの作成」という画面が表示されますので、以下のように入力していきます。

入力内容
  • サブドメイン:お好みのものを設定
  • ドメイン:サブドメインを設定する独自ドメインを指定
  • ドキュメントルート:自動入力

例えば、サブドメインを「blog」と入力し、ドメインを「24shi-web.com」とした場合、サブドメインのURLは「https://blog.24shi-web.com」となります。

2-3. サブドメインのSSL化

mixhostでは、サブドメインも無料でSSL化することが可能です。

サブドメインのSSL化については、先ほどご説明した独自ドメインのSSL化と同じです。

cPanel内「セキュリティ(見出し)→SSL/TLS Status」からSSL化を行いましょう。

3. mixhostで「サブディレクトリ」の追加・登録方法

次にmixhostで「サブディレクトリ」の追加・登録方法について解説していきます。

正確に言うと追加・登録するのではなく、サブディレクトリにWordPressをインストールするという形になります。

サブディレクトリの追加の手順は以下の通りです。

サブディレクトリの追加・登録方法
  1. cPanel内の「WordPress」を選択
  2. 「ディレクトリ名」を設定してWordPressをインストール

例えば、「24shi-web.com」に「blog」というサブディレクトリを作成した場合、

「https:24shi-web.com/blog/」のURLで新たにブログを立ち上げることが可能です。

サブドメインと・サブディレクトリの違いがわからない方は以下の記事でわかりやすく解説されていますので、ご参考までに。

3-1. cPanel内の「WordPress」を選択

まずは、cPanelにログインし、cPanelの一番下にある「WordPress」を選択します。

3-2. 「ディレクトリ名」を設定してWordPressをインストール

WordPressのインストール画面になるので、「Install Now」を選択。

すると、「ソフトウェアセットアップ」という設定項目が表示されます。

この「ディレクトリ」に対してWordPressをインストールすることができます。

入力内容
  • ドメイン選択:サブディレクトリを設定したい独自ドメインを選択
  • ディレクトリ:お好みのサブディレクトリ名を入力

ディレクトリを入力すると、サブディレクトリにWordPressがインストールされ、独自ドメインとは別のサイトになります。

※ただし、サブディレクトリはサブドメインとは異なり、独自ドメインに対してSEO効果を受け渡すと言われているので、完全な別サイトとは言えないでしょう。

まとめ

今回は、mixhostに独自ドメイン・サブドメイン・サブディレクトリ追加方法について解説してきました。

mixhostでは、本記事で解説したように簡単に独自ドメイン・サブドメイン・サブディレクトリの追加が可能となっています。

また、ドメインのSSL化についても非常に簡単に行うことができますので、初心者の方でも安心して使えるレンタルサーバーですね。

mixhostに独自ドメインを追加することができたら、さっそくWordPressを使ってブログ記事を執筆していきましょう。

アフィリエイトにおすすめのレンタルサーバー3選

アフィリエイトで稼ぐためには「ブログの表示速度」はとても重要です。なぜなら、3秒以上ブログの読み込みに時間がかかると約40%以上のユーザーが離脱すると言われており、Googleは「表示速度は収益に等しい」との見解を示しているからです。

そのため「ブログの表示速度」を向上させるために、速いレンタルサーバーを選ぶことがとても重要だという事です。そして具体的には、以下の3つのレンタルサーバーから選ぶのがおすすめです。

アフィリエイトにおすすめです!

低価格の高速サーバー「mixhost」

 (4.5)

  • 最安880円〜/月とコスパ最強です。
  • 使用量が割当られている次世代型共用レンタルサーバーです。
  • WEBサーバーにnginxよリも速いLiteSpeedを採用。
  • 高性能なので初心者でも速い表示速度を実現できます。

\今なら30日間の返金保証付きです/

※私も実際に「mixhost」を利用してブログを運営しています。

低価格の高速サーバー「mixhost」

 (4.5)

  • 最安880円〜/月とコスパ最強です。
  • 使用量が割当られている次世代型共用レンタルサーバーです。
  • WEBサーバーにnginxよリも速いLiteSpeedを採用。
  • 高性能なので初心者でも速い表示速度を実現できます。

\今なら30日間の返金保証付きです/

※私も実際に「mixhost」を利用してブログを運営しています。

GMOの高性能サーバー「ConoHa WING」

 (4.5)

  • ドメインとセットで最安800円〜/月で利用可能です。
  • サーバー速度性能が高いです。
  • mixhostと同じ使用量が割り当てられている「リザーブドプラン」がある。
  • 東証一部上場企業GMOが運営する安心感。

\今ならドメインセットで初月無料/

※有名なブロガーも多く利用しています。

ブログ入門の定番サーバー「Xserver」

 (4.0)

  • 最安900円〜利用する事が可能です。
  • サーバーの安定性に定評があります。
  • 初心者にも使いやすい管理パネルが魅力です。
  • 独自のサイト高速化システムがあります。

\今なら10日間お試し利用が可能です/

※私も実際に「mixhost」の前に利用していました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の内容
閉じる