≫LINEにてブログ無料相談OKです。

【重要】mixhostは障害が多いのか?XSERVERでも障害は起きている話

はじめ

  • mixhostは、障害が多いとネットで見たけど大丈夫…?
  • mixhostは、アクセスが安定しないってこと?
  • XSERVERにした方が無難ってこと?

本記事では、上記の疑問にお答えしていきます。

ネット情報を見ると「mixhostは障害が多い?」「mixhostは不安定?」との意見も多く、サーバー選びに不安になっている方も多いのでは?

この記事を読めば、mixhostは障害が多いのか?という疑問を解消することができますよ。

実際にmixhostでブログ運営をしている私がお話します。

1. 【重要】mixhostは障害が多いのか?XSERVERでも障害は起きている話

さて、まず結論からお話しすると、

mixhostでも障害は起きていますが、安定していると言われているXSERVERでも障害は日々起きています。

なので、mixhostが特別アクセス障害が多いというわけではないです。

レンタルサーバーでアクセス障害が発生するのは「普通」なことです。

それよりも「アクセス障害」に対していかに迅速に対応しているのか?と言う点の方が私は重要なことです。

でも、なぜmixhostは「障害が多い」とネットで言われているのか?この疑問について切り込んでいきます。

 

1-1. レンタルサーバーでは、様々な原因のアクセス障害が日々起きている

mixhostしかり、XSERVERしかり、全てのレンタルサーバーでは、様々な原因のアクセス障害が日々起きています。

そして、レンタルサーバーの障害の原因は様々ですがその代表的なものとして「DoS攻撃・DDoS攻撃」が挙げられます。

DoS攻撃(Denial of Service attack)とは、サイバーの攻撃の1つであり、攻撃目標であるサイトやサーバに対して大量のデータを送り付けることで行われる攻撃です。

DDoS攻撃(Distributed Denial of Service attack)は、トロイの木馬などのマルウェアを使って複数のマシンを乗っ取った上で、DoS攻撃を仕掛ける攻撃手段です。

DDoS攻撃は通常のDoS攻撃と違い複数のIPを使って行われるので、攻撃対象により大きな負荷をかけることができます。

簡単に説明するとDoS攻撃の進化版となりますね。

引用:cybersecurity-jp.com

mixhostとXSERVEは、バカ正直にサーバーに発生した障害情報を公式にユーザーに対して公表していますので、そちらを見ればどんな障害が発生したのか一目瞭然です。

でも、こういったマイナス要因の情報もちゃんと公開している2社は良質なサーバーである何よりの証拠だと私は考えていますよ。

 

1-2. 安定していると言われているXSERVEでも1時間を超える「障害」も発生している

実際にXSERVERのアクセス障害の一覧を見ていただければわかる通り、日々多くの「障害」が発生していることがわかると思います。

この記事を執筆しているのが、2019年3月18日ですが、XSERVERの直近10日間(2019年3月9日~3月17日)の障害一覧を見てみると、毎日なにかしらの障害が起きています。

さらに、その中にはXSERVERでさえも「1時間を超える障害」も発生しているのです。

ちなみに、ネット上では「安定している」と言われているXSERVERでもこの状況です。

だから、レンタルサーバーにおいて「障害」が起きるのは普通のことです。

 

1-3. mixhostのサーバーの母数が、XSERVERより少ないので「障害が多い」ように感じる

XSERVERでも、これだけのアクセス障害が起きているのになぜ「mixhostは障害が多い!」と言われることが多いのか?

それは、mixhostはXSERVERと比較するとホストサーバーの台数の母数が少ないから、DDoS障害などが起きるとmixhostの方が障害割合が大きくなるというわけです。

2社は運営歴が違うので、ホストサーバーの台数が違うのはしょうがないですからね。

ちょっと、言葉だけではわかりづらいかもなので、記事後半で具体的な数字を入れて説明しますね。

障害割合

恐らく、mixhostのホストサーバーは100台程度で、XSERVERのホストサーバーは10,000台程度あると思われます。

仮に、mixhostとXSERVERの2社が同時に10台のホストサーバーに対してDDoS攻撃がされたとします。

  • mixhost:100台中の10台にアクセス障害が発生=障害割合10%
  • XSERVER:10,000台中の10台にアクセス障害が発生=障害割合0.1%

つまり、サーバー台数の母数が違うので、同じ10台のホストサーバーにアクセス障害が発生した場合、mixhostの方が障害割合が高くなります。

その結果、mixhostは障害が多いという印象になりがちですが、XSERVERでも同じ数のユーザーがアクセス障害を受けているということです。

 

1-4. mixhostもXSERVERも使用している「サーバー本体」は変わらない

mixhostもXSERVEなどレンタルサーバーの多くはCPUに「Intel Xeon」シリーズを採用しています。

mixhostもXSERVEで、使用しているCPUのスペックの違いはありますが、同じメーカーの商品を使っています。

そもそも、mixhostだけに「障害が多い」のであれば、ホストサーバー(CPU・SSD・メモリ)自体に問題があるはずです。

でも、mixhostもXSERVEもサーバーを自社開発しているわけではないし、同じメーカーのCPUを使っているので「ホストサーバー」の差はほとんどないと考えるのが普通です。

それでも、「mixhostだけが障害が多い」と言い張るということは、

はじめ

ケーズデンキで売っている「Macbook」は壊れやすいけど、ヨドバシカメラ売っている「Macbook」は故障しずらいよ!

と言っているようなものです。

いやいや、そんなわけないって誰もがわかりますよね(笑)

 

1-5. 結論:mixhostに「障害が多い」というわけではない。各サーバーは日々障害が起きている

以上のことから、mixhostに「障害が多い」と言うわけではありません。

mixhostに障害が多いといわれる由縁は、ホストサーバーの母数が少ないために障害割合が大きくなってしまうからです。

安定しているといわれているXSERVERでも、お話した通り、日々数多くの障害が起きていますからね。

それよりも、障害情報を公式に発表しているmixhostとXSERVERは信頼できると個人的には思います。

アクセス障害を起こさないサーバーなどないのですから、アクセス障害が発生した時に迅速に対応するサーバーが良いサーバーであると考えています。

つまり、そういった面ではmixhostXSERVERも、アクセス障害に迅速に対応する良質なレンタルサーバーであるといえるのです。

※今ならmixhostは10日間無料でサーバーお試し体験できますよ。

 

まとめ

今回は、mixhostは障害が多いのか?という疑問についてお話してきました。

mixhostの障害が多くない理由
  • レンタルサーバーでは、様々なアクセス障害が日々起きている
  • 安定性が高い「XSERVE」でも1時間を超える障害が起きている
  • mixhostのサーバーの母数が、XSERVERより少ないので障害割合が高くなる
  • mixhostもXSERVERも「ホストサーバーCPU」は同じメーカー

mixhostも安定性が高いといわれるXSERVERも日々アクセス障害は発生しています。

本記事で、説明した通り、mixhostだけが特段「障害が多い」と言うわけではありませんので安心して利用してください。

実際に私は今後も引き続き、mixhostを使い続けます。

※今ならmixhostは10日間無料でサーバーお試し体験できますよ。