MENU
Navigation
[box_menu name="box-menu"]
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。
【当ブログ限定】FlexiSpot15%割引クーポンはこちらから

NatureRemo mini2レビュー!GPS・温度センサー付きスマートリモコン

  • URLをコピーしました!

スマートリモコン欲しいけど、NatureRemo mini2ってぶっちゃけ良いの?どうなの!?と思っていたのではないでしょうか?

ツヨシ

どうも!こんにちはツヨシ(@ 24shi_insta)です!
僕は以前までNatureRemo mini2でスマートホーム化してました!

結論、NatureRemo mini2はGPS機能が最初から付属しているので価格がちょいとお高めというネックはありますが、アプリ評価も高く、使い勝手・安定性が高いのでスマートリモコンとして使うならおすすめです!

ただし、スマートホーム化の関連商品がほぼなく、家全体を通してスマート化したいのであれば、SwitchBotハブミニがおすすめです!

事実、私は以前までNatureRemo mini2を使っていたのですが、上記の理由でSwitchBotに乗り換えました!

なので、こちらの記事ではNatureRemo mini2を実際に使ってみて良かった点・残念だった点について詳しく解説していきます。

Nature Remo
¥5,380 (2022/05/15 02:40時点 | Amazon調べ)
この記事の内容

1. NatureRemo mini2のスペック・外観・サイズ

NatureRemo mini2のスペック・商品概要は以下の通りです。

Remo mini2
価格5,980円
サイズ58 x 58 x 16mm
重量23g
カラーホワイト/ブラック/ネイビー
アプリ評価★4.1
※レビュー数3046件
アプリ
カテゴリ分け
1分類分け
センサー温度
通信2.4GHz
GPS
オートメーション機能曜日・時間
スマートスピーカーAlexa
Google Home
Siri
外部サービス×
関連商品×

Remo mini2の付属品は以下の通りです。

そして、Remo mini2のボディサイズは58cm四方と非常にコンパクトです。

また、プラスチックでできているのですが表面はマット、裏面は艶ありとなっており高級感がある見た目が良いです。そして、うっすらと丸いマークが入っています。

側面下側にRemo mini2の電源供給のためのMicro USB端子、その隣の小さな穴は接続状況を確認できるステータスランプです。

ステータスランプの詳細は以下の通りです。

ランプの色状態
消灯正常に動作中
黄色遅い点滅:セットアップ待機中
速い点滅:セットアップ中。無線LANに接続中
点滅:機器に接続中
点滅:赤外線信号の送受信中
遅い点滅:無線LANに接続されていない
速い点滅:エラー。クラウドに接続されていない

そして、裏面には壁掛けフック用の穴とリセットボタンがあります。リセットボタンは無線LANの再設定などに使います。

ツヨシ

以上がRemo mini2のスペック・商品概要でした!

Nature Remo
¥5,380 (2022/05/15 02:40時点 | Amazon調べ)

2. NatureRemo mini2の使い方

次にNatureRemo mini2の使い方について解説します。具体的には以下の通りです。

Remo mini2の使い方

  1. Remo mini2の電源を入れる
  2. アプリで初期設定を行う
  3. スマートスピーカーと連携
  4. 赤外線リモコンの登録
  5. スマホ・音声で操作可能に
STEP
Remo mini2の電源を入れる

まずはRemo mini2の電源を入れます。側面下側のMicro USBを接続すればOKです。

STEP
アプリで初期設定を行う

次にNatureRemo専用アプリをインストールし、初期設定を行います。

まずは、国の選択とNature Remo mini2のモデルを選択します。

モデル選択は本体裏側に「Model:Remo2W2」などという表記があるので、そちらを確認すればOKです。

次にアプリでNature Remoに接続します。

するとWi-Fi設定画面になるので、自宅のWi-FiのSSIDとパスワードを入力します。

問題なければNature Remo mini2がWi-Fiに接続されます。

最後にデバイスに名前をつけます。名前は設置する場所の名称にするのがおすすめです。

以上がNature Remo mini2の初期設定でした。

STEP
スマートスピーカーと連携

次にスマートスピーカーと連携します。スマートスピーカーとの連携は必須ではないのですが、音声で操作できるようになると便利です!

NatureRemo専用アプリの「設定→Amazon Alexa」と選択すれば連携することが可能です。

STEP
赤外線リモコンの登録

次にNatureRemoに家電の赤外線リモコンを登録していきます。

アプリのコントロールの中間にある「+マーク」を選択し、「新しい家電を追加」を選択。ここでは例としてテレビを登録していきます。

赤外線信号受信待ちという表示になるので、リモコンの登録したいボタンを押します。

以下のようにNature Remo mini2がリモコンを認識します。

そして、動作テストを行い、問題なければ「動きます」を選択し次に進みます。

次に登録した家電の名称を登録します。

ちなみにNatureRemoは、事前にリモコンパターンが登録されており、1つのボタンを登録すると該当するモデルのリモコンのボタンを一通り登録してくれます。これがとても楽です。

ただ、全ボタン登録されていない場合もあるので、その場合は手動で1つずつ登録していけばOKです。

STEP
スマホ・音声で操作可能に

以上で、Remo mini2を使ってスマホ・音声で家電を操作することが可能になります。

ツヨシ

複数のリモコンをスマホ1つにまとめることができるのでとても便利ですよ!

3. NatureRemo mini2レビュー

次にRemo mini2を実際に使ってみて感じた良い点・残念な点を解説します。

良い点
残念な点
  • 複数リモコンをスマホ1つにまとめる
  • アプリが使いやすい。反応も良い
  • リモコン登録が優秀
  • 見た目が良い。チープ感はない
  • 温度・GPSセンサー内蔵
  • 家全体のスマートホーム化には不便

3-1. 複数リモコンをスマホ1つにまとめる

まずスマートリモコンとしてのメリットですが、複数リモコンをスマホ1つにまとめることが可能です。

これにより以下のメリットが生まれます。

スマホにリモコンをまとめるメリット

  • リモコンの収納場所が必要なくなる
  • あれ?リモコンどこ?とリモコンを探す手間もなくなる
ツヨシ

リモコンのストレスから解消されるのはスマートリモコンの最大のメリットです。

3-2. アプリが使いやすい。反応も良い

NatureRemoの専用アプリは非常に使いやすく、反応も良いです。

僕は現在SwitchBotを使っています。使いやすさは正直、SwitchBotとほぼ変わらないのですが反応の良さはNatureRemoの方が優れていると感じています。

具体的には、以下の通りです。

アプリの使いやすさの違い

  • NatureRemo:起動してすぐ操作可能
  • SwitchBot:起動から1〜2秒ほどリモコンを読み込む時間発生

NatureRemoの良さは反応の良さ・接続の安定性です。

ツヨシ

アプリが使いやすい上に、アプリとの接続安定性が高いのは使っていてストレスを感じません。

3-3. リモコン登録が優秀

Remo mini2もリモコンの赤外線を当てて、登録していくのですがリモコン登録もとても優秀です。

NatureRemoアプリには、リモコンのプリセットが事前に登録されており、1つのボタンを登録するだけで他のボタンを一気に登録することが可能です。

ツヨシ

SwitchBotにもプリセットはあるので、NatureRemoの方が優れているというわけではないのですが、プリセットがあるのはとても楽で良いです!

3-4. 見た目が良い。チープ感はない

Remo mini2は、プラスチックボディではあるものの見た目がよく、チープ感がないのが良いです。

実際にRemo mini2とSwitchBotハブミニの外観を比較すると以下の通りです。

正直、SwitchBotハブミニは見た目がチープです。それに対し、Remo mini2は表面がマットな質感、裏は光沢のある質感になっていて、見た目はとても良いです。

ツヨシ

なので、デザインが良いのはRemo mini2のメリットですね!

3-5. 温度・GPSセンサー内蔵

Remo mini2は元々温度・GPSセンサー内蔵しているので、温度・GPSをトリガーとした自動化を行うことが可能です。

具体的には以下の通りです。

温度・GPSを使った自動化

  • 温度:室温が26度を超えたら、エアコンの冷房を自動でつける
  • GPS:自宅の1Km圏内に帰ってきたら、エアコンの冷房を自動でつける
ツヨシ

SwitchBotハブミニはセンサーは内蔵していないですが、Remo mini2は元々温度・GPSセンサーが内蔵しているので上記のような自動化を行うことができます。

ただし、元々センサーが内蔵している点はメリットにもなりますが、デメリットにもなります。理由はセンサーが不要でも取り外すことができないからです。使わない人はSwitchBotハブミニの方が良いです。

3-6. 家全体のスマートホーム化には不便

こちらは残念な点です。NatureRemoは、スマートリモコンとしては優秀なのですが家全体のスマートホーム化で考えると個人的にはお勧めしません。

理由は他のスマートホーム化デバイスがないからです。

そのため、NatureRemoでスマートホーム化を進める場合、他メーカーの商品と合わせてスマート化する必要があり、そうすると管理・操作するアプリが複数発生します。

具体的には以下のイメージです。

複数メーカーでスマートホーム化した場合

  • スマートリモコ:NatureRemo
  • スマートプラグ:TP-Link
  • スマート電球:SwitchBot
  • スマートロック:セサミ4

この場合、操作管理するアプリが4つになります。スマート化しても管理するアプリが複数になると使い勝手は悪いです。

僕は家全体のスマートホーム化をしたかったため、この点が理由でNatureRemo→SwitchBotに移行しました。

SwitchBotは、スマートホーム化に必要なデバイスがほぼ揃っているため、SwitchBotで統一してあげることにより、アプリも1つで完結して非常に使い勝手が良いです。

ツヨシ

なので、家全体のスマートホーム化を検討しているならRemo mini2はおすすめしないです!

4. NatureRemo mini2とSwitchBotハブミニの比較

次に恐らく迷うであろうRemo mini2・Remo3、SwitchBotハブミニのスペックの比較します。具体的には以下の通りです。

スクロールできます
Remo mini2Remo3SwitchBotハブミニ
価格5,980円9,980円3,980円
サイズ58 x 58 x 16mm70 x 70 x 18mm64 × 64 × 20 mm
重量23g40g37g
カラーホワイト/ブラック/ネイビーホワイトホワイト
アプリ評価★4.1
※レビュー数3046件
★4.1
※レビュー数3046件
★2.2
※レビュー数1089件
アプリ
カテゴリ分け
1分類分け1分類分け2分類分け
センサー温度温度
湿度
照度
人感
×
※オプション品で後付け可能
(温度/湿度・照度・人感)
通信2.4GHz2.4GHz2.4GHz
GPS×
オートメーション機能曜日・時間曜日・時間曜日・時間
スマートスピーカーAlexa
Google Home
Siri
Alexa
Google Home
Siri
Alexa
Google Home
Siri
LINEクローバ
外部サービス××SmartThings
関連商品×mornin’ plus
Qrio Lock
カーテンBot
スマートロック
スマート加湿器
スマート加湿器
スマート電球
物理ボタンBot
スマートプラグ
見守りカメラ
温湿度計
人感センサー
開閉センサー

NatureRemoとSwitchBotのスマートリモコンの大きな違いは「価格・アプリ評価・搭載センサー・関連デバイスの豊富さ」です。

なので、Remo mini2とSwitchBotハブミニは以下の基準で選べばOKです。

スマートリモコンの選び方

  • Remo mini2(Remo3):スマートリモコン単体で使う予定の人
  • SwitchBotハブミニ:コスパ重視または家全体のスマートハウス化をする人

NatureRemoは家全体のスマート化には弱いです。

なので、単純にスマートリモコン単体として使いたい人におすすめのデバイスです。

ツヨシ

とても良いデバイスなんですが、僕は家全体のスマートホーム化がしたくてSwitchBotハブミニに乗り換えました!

5. NatureRemo mini2がおすすめな人

以上のことからRemo mini2がおすすめな人の特徴をまとめると以下の通りです。

おすすめな人
おすすめしない人
  • スマートリモコン単体として使う予定の人
  • 家全体のスマート化は考えていない人
  • または複数アプリでのスマートホーム化にストレス感じない人
  • スマートリモコンの見た目を重視する人
  • 家全体のスマートホーム化を考えている人
  • 操作・管理を1つのアプリで完結したい人
ツヨシ

スマートリモコン単体で使うならRemo mini2はおすすめ!
家全体のスマートホーム化を考えているならSwitchBotハブミニにしておいた方が良いです!

まとめ

今回はNatureRemo mini2のレビューをご紹介しました!

Remo mini2は、GPS・温度センサーが付属しており、操作性・安定性がよくアプリ評価も高いので非常に良いスマートリモコンなのは間違いなしです。

しかし、スマートホーム化の関連デバイスが少ないので、家全体のスマート化を進める場合、拡張性が少なくストレスに感じるかもしれません。まさに僕がそうでしたw

ただ、1つ言えるのはスマートリモコンを導入すると間違いなくスマートホーム化にハマる可能性は高いので、家全体をやりたくなる!と思っておいた方が良いと思います!

ツヨシ

ぜひ、スマートリモコン選びの参考になれば幸いです!

Nature Remo
¥5,380 (2022/05/15 02:40時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1986年生まれ 34歳 札幌在住のツヨシ(溝口剛)です。
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスブロガー兼YouTuber。スマホ・光回線・ガジェット・クレジットカードなど自分で使ってみて良かったモノを発信しています。

この記事の内容
閉じる