≫LINEにてブログ無料相談OKです。

溝口 剛(みぞぐち つよし)のプロフィール

ツヨシ

はじめまして!当ブログを運営しているツヨシです。

いつも私の記事を読んでいただきありがとうございます。

まず初めに、私の簡単なプロフィールをご紹介させていただきます。

私(ツヨシ)のプロフィール

プロフィール
名 前:ツヨシ(溝口 剛)
居住地:北海道(札幌市)
年 齢:32歳(既婚)
職 業:ブロガー・アフィリエイター・ネイルサロン経営
資 格:宅地建物取引士・管理業務主任者・ファイナンシャルプランナー2級
趣 味:キャンプ・スノーボード・映画鑑賞・友達と遊ぶこと

私は、現在はブロガーという「怪しい」仕事をしていますw

でも、怪しいブロガーになるまでは、普通の会社員として8年ばかし働いてきました。

簡単に経歴をお話ししていますのでどうぞ。

 

22歳:札幌から東京の不動産会社へ就職

1986年札幌に生まれ、大学生(22歳)まで札幌で過ごしました。

私の幼少期は特に面白いエピソードがないので割愛。

俺は将来社長になりたい!

社長になるなら営業やっとかないと!

ツヨシ

という漠然とした夢を持っていたので東京の某不動産会社(土地活用の営業職)に就職しました。

でも、ぶっちゃけこれが間違いの選択でしたね。

これから約8年間、私は「ノルマ」「自分の時間がない」「給料が低い」という問題点に悩まされ続けます。

MEMO
ちなみに、土地活用の営業職というのは地主さんに対して飛び込み営業や電話営業でアパートやマンションの建設を提案する仕事です。

 

不動産営業は地獄の職場だった。

さて、そんな不動産営業の職場はマジで地獄でした。

上司

おい、お前。昨日言ったこと何でやってねぇーんだ!!

ドカンッ!!(机を蹴る)

朝はただでさえ早い時間から満員電車での通勤に疲れるのに、事務所に着くと怒号が飛び交っている。

私を含め新入社員はその怒られている先輩の方を見ることもできず、黙って事務作業。

(朝から殺伐としているな…。)

ツヨシ

と思いつつも、朝の9時半には自転車で事務所を飛び出し、地主さんの家のインターホンを押して回る毎日。

こんにちは!〇〇〇不動産の溝口と申します。

〇〇様がお持ちの土地の活用方法はお決まりでしょうか?

ツヨシ

地主

ワレ、本当にしつこいぞ!2度と来んじゃねぇー!!

もちろん、アパート・マンションを建てたいという地主さんは多くはないので、インターホンでうざがられたり、ひどい時はキレられます。

そして、5時頃に事務所に帰ってきて、そこから事務作業。

上司

おい、お前。今期中に契約までいけそうな案件ないのによくのこのこ帰って来れんな。
・・・(怖ッ)

ツヨシ

夕方の事務所でももちろん、怒号が飛び交う。

 

上がらない給料、ノルマに追われる日々、自分の時間もなし

それでも、上がらない給料、ノルマに追われる日々、自分の時間もなしという生活を3年間ばかし続けました。

がしかし、

俺なんで、こんな仕事してるんだ…。何のために働いてるんだ…。

ツヨシ

現状の生活には不満ばかりが溜まるばかり。

  • 給料が少ないので、遊ぶお金もない。
  • ノルマが達成できてないことが多かったので事務所では一生懸命仕事をしてるフリ。
  • 毎週1回の会議では上司に詰められる。
  • 家と会社をただただ往復する毎日。
  • 朝早起きして、窒息しそうな満員電車に乗って通勤。
  • お客さんにもウザがられ、感謝されない営業に嫌気がさす。

私は「こんな仕事いつまでも続けられない」と毎日毎日思っていました。

でも、決断できなかったんです。「仕事を辞める」という事を。

 

しかし、4年目を迎えた私は会社から「東京から福岡への転勤」が言い渡されました。

福岡には絶対行きたくない。これはもう辞めるしかない!!

ツヨシ

ぶっちゃけ「福岡は行きたくない!」との思いが強かったのと仕事への不満が多く溜まっていたので、これを機に会社を退職する事にしました。

正直、仕事には何も未練はありませんでしたが、私を可愛がってくれた上司や先輩もいたのでその人たちには申し訳ないという思いがありつつも、退職しました。

ただ、この転職が転機となり、私の人生は好転していったかなと。

 

26歳:札幌へ帰郷。不動産管理会社へ就職。

私は会社を辞め、札幌に帰郷しました。

もう不動産営業はこりごりだ…。営業以外の仕事にしよう!

ツヨシ

そして、不動産営業のきつさを経験し「営業はもうやりたくない!」と思っていたので、某不動産管理会社の札幌支店に転職しました。

ぶっちゃけ、軍隊のような不動産営業を経験した私にとっては管理会社での仕事はとても事務的で楽なものでした。

定時上がりだし、管理業なのでノルマはなし。

同僚

なぁ、溝口。昼飯何食いに行く〜?
ヤマホルの500円焼肉ランチ行くべ〜!

ツヨシ

事務所もとても平和でランチの時間には同僚と「今日は何を食べる?」と談笑することも可能でした。

休日もしっかり休めるし、有給だってしっかり使えるマジでホワイト企業です。

しかし、

確かにノルマもないし、休みもあるけど、やりたい事じゃないんだよな。

そして、札幌の部長クラスになっても年収700万円なのか…。

ツヨシ

ホワイト企業での会社員生活を続けていたわけですが、それでも不満はなくならなかったんですよね。

  • 結局、好きな仕事ができていない
  • 上司の年収を知り、将来の自分の経済状況が見えた

贅沢かもしれないんですけど、「お金・給料」への不満が出てきたんです。

で、色々経験して私は思ったわけです。

結局会社員でいる限り、自分自身の抱えている「不満」はなくならないんだな…。

ツヨシ

なので、28歳の時に私は「独立」を決意したというわけです。

 

30歳:アフィリエイトで独立

なぜ、アフィリエイトを選んだのか?

答えは単純でお金がなく、それ以外思いつかなかったからです。

ちなみに、その当時アフィリエイトの経験はほぼ無し(26歳の頃、3日でリタイアした経験はあり)

なので、知識はゼロ状態からスタートでした。

「生活費はどうしたの?」と思うかもしれませんが、生活費+独立資金として約300万円を借りました。

今考えると「よくこんな無謀なことしたな…」と思います。(笑)

ぶっちゃけ、今だから言えますけど、これはかなりリスキーなのでよほどの決意じゃないとおすすめはできません。

会社員として給料をもらいながら、副業で最初は徹底的にスキルを伸ばすのが得策です。

でも、私の場合は崖っぷちという状況があったため作業に没頭し、また多くの人との出会いに恵まれ、ゆっくりながらアフィリエイトで稼ぐスキルを磨いていけました。

ブログ収益も以下の通りに推移しています。

ちなみに、アフィリエイトを2017年始めてから1年後の2018年1月には「約15万程度」でした。

2018年6月には25万円くらい。

そして、2019年1月に初めて発生7桁(123万円)を経験し、確定で95万円。

惜しくも目標としていた7桁収入には届いていませんが、A8のメディアランクは「ブラック」まで成長しました。

※ちなみに、毎月の収益報告はについてはTwitter(@24shi_web)にて随時行っているので気になる方はそちらをご覧ください。

 

32歳:自身の人生をコンテンツに。専業ブロガーへ。

ぶっちゃけ、色々大変でしたが今が一番幸せです。

理由は自分の好きなことでご飯が食べていけてること、全て自分の裁量で決めることができるからです。

勘違いして欲しくないのは、遊んで暮らしているわけではありません。

ブログの執筆などで、作業時間は毎日10時間程度やっています。

でもね、強制されていないし、やった分だけ収入が伸びるので苦じゃないんですよ!

そして、現在は妻と結婚することもでき、さらには新しい命も授かりました。

なので、これからの目標は自分のためではなく家族のために仕事に励んで行こう思います。

 

過去の私と同じように悩む「あなた」へ

恐らく私のブログを見てくれている「あなた」は、過去のの私と同じように多くの不満を抱えているのではないでしょうか?

  • 朝早く起きて、満員電車に乗る日々。
  • 嫌いな仕事だけど、会社では真面目に取り組んでいるフリを日々。
  • ノルマに追われ、プレッシャーに押しつぶされそうな日々。
  • 馬の合わない上司に機嫌を取る日々。
  • 上がらない給料。遊ぶお金もない。
  • 朝起きて会社に行き、夜9時に自宅に帰る。同じことの繰り返し。
  • 大切な家族や彼女、友達と過ごす時間もない。

私から言えるアドバイスは、

心が消耗する仕事はすぐにやめて、時間に余裕が持てる仕事に就き、副業からで良いので稼ぐ力を身につけましょう。

ツヨシ

理由は単純で、嫌いな仕事を続けていても幸せにはなれません。

そして、会社員の給料を伸ばすより、自分自身で稼いだ方が収入は圧倒的に早く伸ばせるからです。

事実、私は2年半で70万〜95万円まで月の収入を伸ばすことができました。

※ちなみに会社員時代の給料は手取りで23~25万くらいです。

2年半で私が勤めていた某管理会社の部長クラス以上の収入に。

会社員なら定年間際じゃないと月70万はもらえないですよ。一般的な企業であれば。

そして、人生における不満・悩みは「お金に起因」することがほとんどです。

  • お金がないから、良い家に住めない
  • お金がないから、旅行にも行けない
  • お金がないから、好きな服も切れない
  • お金がないから、嫌な仕事もしなきゃいけない
  • お金がないから、、、

なので、会社員として最低限の生活費を稼ぎつつ、自分の時間を副業にコミットし、稼ぐ力を身につけることがが「最も幸せな人生の歩み方」であると私は考えています。

もちろん、会社員に不満がなければそのまま続けつつ、副業で収入を増やせばOKです。

どちらにせよ、収入面は会社に頼らず、自分で稼いだ方が圧倒的に伸ばしやすいのは間違いありませんので。

 

私の2年半の「経験」をLINE公式アカウントで発信しています。

私は30歳(2017年1月)からアフィリエイトを本気で取り組み始め、現在ではブロガーとしてブログ収益だけで生活ができるようにまでなりました。

「本気で情報発信すれば、2年で人生は変わる!」を実感しています。

そんな私が2年間で培った情報発信のノウハウと成功体験と失敗体験談をメルマガで随時配信していきます。

過去の私と同じように悩んでいる方の人生が変わるきっかけになれば幸いです。

LINEでもアフィリエイト・ブログ運営にオススメのノウハウを発信していますので、お気軽にどうぞ。