楽天モバイルへの乗換えは10分で完了!! 詳細はこちら
楽天モバイルを徹底レビュー!!
実際に私が利用している楽天モバイルの申込・乗り換え手順から
楽天モバイルの良い点・悪い点を徹底解説しています。

2021年2月、
私は学んだ。スマホ代を安くすると人生は豊かになると。

これまでSoftBankワイモバイルを使っていて「スマホ代が高い!」とは思ってたけど気にせず使い続けていました。

そして、楽天モバイルに乗り換えて、毎月のスマホ代がSoftBankの時と比較して1/10になった!

月額料金年額料金
SoftBank約20,000円約240,000円
ワイモバイル約5,000円約60,000円
約2,000円約24,000円
  • 夫婦2人分のスマホ代料金比較。
  • 楽天モバイルについては現在無料期間中のため、現在の利用から算出した来年のスマホ代想定金額です。

もちろん、ネットの快適性もSoftBankワイモバイルを使っていた時と何ら変わらない。

SoftBankを使い続けた15年間のスマホ代は約230万円。

ツヨシ

俺は今までこれほどお金を無駄にしていたのか…

というのが楽天モバイルに乗り換えて感じた正直な感想です。

そして、結論を言ってしまうと楽天モバイルは「スマホ代を安くしたい人」にはとてもおすすめのキャリアです!

逆に「多少の不便も我慢できない!そのためなら高い料金を払っても良い人」には向いていないのでこの記事は読まなくてOKです!

なので、このブログは過去の私のようにスマホ代を無駄に払っている人に向けて書いていて、

  • 楽天モバイルのメリット・デメリット
  • 私が楽天モバイルを実際に使ってみた感想
  • 申込み方法・乗り換え手順

をどこよりもわかりやすくお話ししていきますので、

これから「楽天モバイルを契約したい人、スマホ代を安くしたい人」は参考にしてみてください!

\3ヵ月無料&楽天ポイント最大2万ptもらえる!/

毎月1GB以下ならスマホ代が無料!
さらに無制限で使っても3,278円の最強プラン!

About me

溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi

   

1986年生まれ 34歳 札幌在住
これまでSoftBank・Y!mobileを使ってきたが2021年2月から楽天モバイルを契約。スマホ代がSoftBankの1/10になったことでスマホ代の節約に目覚めました。

年間24万円のスマホ代が0円になった!

我が家は現在私も妻も楽天モバイルをメインで使っています。

しかも、1年無料キャンペーンの時に申し込んだので1年間は無料です。

SoftBankを使っていた時のスマホ代は夫婦で約24万円/年だったので、楽天モバイルに替えただけで約24万円/年を節約することができました。

私は2020年までスマホ代って「必要なものだから…」と何となく支払っていた状態が15年以上続いていたんですが、今思うと本当に無駄なお金を支払っていたんだなと反省ですよ。

あなたも昔の私と同じく何となくスマホ代を払っているんじゃないですか?

そうだとすると本当に損してますよ!

ちなみに、楽天モバイルに替えた2021年2月の料金明細はこんな感じ。

キャリアの選択次第ではこれほどまでスマホ代を節約することができるんです。

現代は便利な時代ですが、情報に疎いと損をする時代です。

ちなみに現在も楽天モバイルは3ヶ月無料&楽天ポイント最大20,000ptプレゼントというキャンペーンをやっていて、今申し込んでもお得に利用することができますよ!

そして、楽天モバイル並みのお得なキャンペーンを打ち出しているキャリア・格安SIMは他にないです。

私が感じた楽天モバイルのメリット・デメリット

そんな楽天モバイルですが、実際に使い始めて私が感じたメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
デメリット
  1. キャリアなのに月額料金が安い
  2. 自宅・職場にWi-Fiがあるならスマホ代0円運用も可能
  3. 無料で国内通話かけ放題
  4. 固定回線・モバイルWi-Fiとしても利用可能
  5. 3ヵ月無料&最大20,000ptがもらえる
  6. 店頭でも申込を行うことができる
  1. 新規キャリアのため電波エリアが狭い
  2. 建物の屋内・地下街はほぼパートナー回線
  3. パートナー回線は5GBを超えると速度制限
  4. iPhone12シリーズ以外の場合、不便な点がある
  5. 通話かけ放題は専用アプリじゃないとダメ!

楽天モバイルの6つのメリット

メリット①MNOなのに月額料金が安い

楽天モバイルの最大のメリットは「キャリアなのに月額料金が安い」という事です。

楽天モバイルの料金システムは、毎月使った分だけ支払う従量制の料金システム。

  • 1GB:無料
  • 3GB:1,078円
  • 20GB:2,178円
  • 無制限:3,278円

という料金になっています。

そして、この価格は国内通話かけ放題込みの料金です。

私は全28社のキャリア・格安SIMと比較したんですが、楽天モバイルほどコスパの良いキャリアはないんです!

大手キャリア3社の「国内通話かけ放題を含めた料金」と比較してみると、

1GBプランなら無料なので楽天モバイルが最も安く、格安SIM含めても0円を打ち出しているとこはないです。

3GBプランで比較した場合、docomoにはプランが存在していなくて、サブブランドのUQモバイルで税込3,498円、ワイモバイルで4,048円です。

それに対し、楽天モバイルは1,078円で約1/3の価格です。

次に20GBプランで比較した場合、ahamoで税込4,070円、povoLINEMOが4,378円、

それに対し楽天モバイルは2,178円で約1/2の価格です。

無制限プランで比較した場合、docomoが9,185円、auSoftbankが9,218円、

それに対し楽天モバイルが3,278円と約1/3の価格です。

このように大手キャリアの3つの新プラン・サブブランドと比較してみると、楽天モバイルの価格の安さは圧倒的なんです!

ちなみに楽天モバイルは格安SIMと比較しても、コスパが良いキャリアです。

楽天モバイルと格安SIMの比較は記事後半でお話しします。

メリット②自宅・職場にWi-Fiがあるならスマホ代0円運用も可能

2つ目の楽天モバイルのメリットは「自宅・職場にWi-Fiがあるならスマホ代0円運用も可能」という点です。

楽天モバイルはモバイルデータ通信量が月間1GB以下なら無料になります。

つまり、自宅や職場にWi-Fiがあって、外出する機会も少なく、ネットは基本Wi-Fiで行う人ならスマホ代0円運用も不可能ではないと言うことです。

スマホでネットを使うシチュエーションは基本以下の3つです。

自宅、通勤・外出中、会社の3つのシーンです。

そして、最もスマホ、インターネットを使うのは「自宅と会社」です。

なぜなら、ほとんどの人が多くの時間を自宅と会社で過ごすからです。

そのため、自然とスマホ・ネットを使う時間も伸びます。

なので、この最もスマホ・ネットを使う自宅と会社にWi-Fiが備わっているなら、モバイルデータ通信量をほとんど消費しないです。

そして、毎月モバイルデータ通信量を1GB以下に抑えることができれば、楽天モバイルなら毎月スマホ代は0円になると言うことです。

docomo・au・Softbankが出した新プランahamopovoLINEMOも良いプランではありますが、

毎月のモバイルデータ通信量が1GB以下であろうと2970円、2728円がかかります。

ちなみに、MM総研の月間モバイルデータ通信利用状況の統計データによると、

約60%は月間3GBも使っていないといわれています。

1GB以下だけ見ても31.4%もいます。

月間の合計データ通信量は25GB程と言われているのですが、

動画などデータ通信容量を多く消費する際にはWi-Fiを利用しているという調査結果が出ています。

以上のことから自宅・仕事場にWi-Fiがあって、外出する機会も少ない方には楽天モバイルはとてもおすすめだという事です。

スマホ代0円運用ができるのは楽天モバイルの魅力です。

メリット③無料で国内通話かけ放題

3つ目の楽天モバイルのメリットは「楽天モバイルは国内通話かけ放題が無料で付いている」という点です。

楽天モバイル独自のアプリ「楽天リンク」を使えば、固定電話あてだろうがスマホあてだろうが何分話してもお金がかかる事はなく無料になります。

はじめ

今の時代、電話なんてほとんどしないから「かけ放題」なんて要らないんじゃ?

と思っている人も多いかもしれませんね。

まぁ、私も同じ事思ってたんですが、生活していると電話をかけるシーンって意外に多いんだなと感じていて、楽天モバイルの通話かけ放題には助けられています。

具体的に私が電話を使うシチュエーションはこの通りです。

  • こどもの病院の予約
  • 料理のテイクアウトの予約の電話
  • お店に商品の在庫状況の電話
  • カスタマーサポートへの電話

生活していると意外に電話をかける機会は多いなと感じています。

なので、楽天モバイルの国内通話かけ放題無料というのはメリットです。

メリット④固定回線・モバイルWi-Fiとしても利用可能

4つ目の楽天モバイルのメリットは「固定回線・モバイルWi-Fiとしても利用可能」という点です。

楽天モバイルはインターネットを無制限に利用できるので、テザリング機能で固定回線・モバイルWi-Fiとしても利用することが可能です。

  • 自宅では固定回線として使ってNetflixやAmazonプライムビデオを見る
  • 外出先ではモバイルWi-Fiとして利用してPC作業する

みたいな使い方ができるわけです。

特に外出先でPCで仕事をしたい場合などは楽天モバイルでテザリングしてネットをしても無制限で利用できるのはメリットが大きいと感じています。

正直、カフェなどはWi-Fiが備わっていることがほとんどかと思いますが、楽天モバイルがあればWi-Fiの有無を確認する必要がなくなります。

しかも、楽天モバイルの回線速度は40~60Mbpsと時間帯に関わらず速い速度が出るのでネットも快適です。

事実、楽天モバイルを固定回線・モバイルWi-Fi代わりとして利用している人も多いです。

なので、楽天モバイルはスマホ・固定回線・モバイルWi-Fiと1台3役までこなしてくれる通信端末になるのがメリットです。

メリット⑤3ヵ月無料&最大20,000ptもらえる!

5つ目の楽天モバイルのメリットは「3ヵ月無料&楽天ポイント最大20,000ptもらえる」という点です。

楽天モバイル、新規キャリアとは言え普段の利用にはほとんど支障はないです。

それなのに「月額料金3ヵ月無料」というが本当にすごい!三木谷社長太っ腹です。

格安SIMでも「初月無料キャンペーン」は複数社ありますが、3ヵ月無料は楽天モバイルだけです。

私がSoftBankを使っていた時は夫婦で毎月20,000円くらいスマホ代がかかっていたので、3ヵ月無料ということは実質60,000円の節約になります。

なので、大手キャリアを使っている人は特に「3ヵ月無料キャンペーン」の恩恵を受けることができます。

そして、それだけで終わらないのが楽天モバイル。

楽天モバイルへの新規申込み・乗り換えで、楽天ポイントが最大で20,000ptプレゼントキャンペーンもやっています!

  • 新規契約者:5,000pt
  • 楽天モバイルでiPhone購入:さらに15,000pt

最大の楽天ポイントを貰うためにはiPhone購入が条件ですが、iPhoneを購入しなくても新規申込み・乗り換えで5,000pt貰えます。

ちなみに、楽天モバイルは楽天ポイントで料金を支払うことができるので、

私のようにモバイルデータ通信を毎月3GB程度しか使わない人なら5,000ptというのは「約5ヵ月分の料金」に相当します。

つまり、楽天モバイル今申込んでも実質8カ月無料で使えちゃうという事です。

メリット⑥店頭でも申込を行うことができる

6つ目の楽天モバイルのメリットは「店頭でも申し込みを行うことができる」という点です。

ahamopovoLINEMOなどの新プランは確かに良いプランではあるものの、お店での申込を行うことができません。

店舗申込
ahamo
※有料 3,300円/回
povo×
LINEMO×

ahamoは店舗から申し込めるようになったんですが、店舗での申込み相談は1回3,300円もかかります。

申込みといってもWEBで必要事項入力するだけの作業で3,300円。高すぎw

ネットでスマホを乗り換える作業は難しくはないのですが、スマホに疎い方や自分で手続きを進めるのがめんどくさい方にとっては、店頭で申し込めるというのは楽天モバイルのメリットです。

楽天モバイルの5つのデメリット

デメリット①新規キャリアのため自社回線エリアが狭い

1つ目の楽天モバイルのデメリットは「自社回線エリアが狭い」という点です。

楽天モバイルは、2020年に新規参入したばかりのため、他のキャリアと比較すると自社回線エリアが狭いです。

実際に対応エリアを見ていくとこの通り(

2021年5月現在

)です。

  • 濃いピンク:現在の楽天回線エリア、自社の電波が届くエリア
  • 薄いピンク:パートナー回線auの電波
  • :拡大予定エリア

楽天モバイルの自社回線が届くエリアと言うのは濃いピンクの部分です。

まずは北海道地方の楽天回線エリアはこんな感じ。

東北地方の楽天回線エリアはこんな感じ。

関東地方の楽天回線エリアはこんな感じ。

中部・近畿地方の楽天回線エリアはこんな感じ。

中国地方の楽天回線エリアはこんな感じ。

四国地方の楽天回線エリアはこんな感じ。

九州地方の楽天回線エリアはこんな感じ。

沖縄地方の楽天回線エリアはこんな感じ。

東京・名古屋・大阪の楽天回線エリアは広いですが、地方都市を見てみると楽天回線エリアはまだまだ狭いです。

薄ピンクのau回線と比較すると楽天回線エリアの広さの違いは一目瞭然です。

ただ、私は札幌で楽天モバイルを使っていますが「楽天回線エリアが狭いから不便で全くスマホとして使えない!」という事はないです。

パートナー回線があれば、auの電波で楽天モバイルを使うことができるので特別問題はありませんが、パートナー回線だと月間5GBまでという制限があります。

つまり、楽天回線エリアが狭いということは楽天モバイルを最大限に活用できないためデメリットということです。

デメリット②建物の屋内・地下街はほぼパートナー回線

2つ目の楽天モバイルのデメリットは「建物の屋内・地下街はほぼパートナー回線に繋がる」という事です。

楽天モバイルを使う上でスマホの電波の種類について知っておく必要があります。

総務省主催の「デジタル変革時代の電波政策懇談会」に楽天モバイルが提出した資料を見ながら解説します。

こちらは、キャリアごとの電波の周波数についての表です。

ここで見るべきポイントは700Mhz~900Mhz帯の電波、プラチナバンドと呼ばれる電波の有無です。

楽天モバイルの電波の周波数は、1.7Ghz帯のみとなっており、プラチナバンドの割り当てがないということがわかります。

はじめ

プラチナバンドって何?

と思われる方がほとんどかと思いますが、

プラチナバンドとは
屋内にも浸透しやすく隅ずみまで届きやすい電波のこと

それに対し、楽天モバイルに割り当てられている1.7Ghz帯の電波は、ビルなどの建物に遮断されやすく、電波が届きにくいんです。

つまり、プラチナバンドを持たない楽天モバイルは「屋内」での利用が弱いということです。

そのため、楽天モバイルは楽天回線エリア内であっても、屋内に入るとパートナー回線に切り替わる可能性が高いです。

事実、私は札幌市内の駅前施設・大型ショッピングモールで、楽天モバイルの屋内電波状況を調べましたが、ほぼ100%パートナー回線となりました。

ただし、

  • 木造・軽鉄のアパート
  • 木造戸建て

上記のような建物なら屋内でも楽天回線を拾うことができます。

このように屋内(大型施設・RC造のマンション)・地下街ではほぼパートナー回線になってしまうのは楽天モバイルのデメリットです。

デメリット③パートナー回線は5GBを超えると速度制限

3つ目の楽天モバイルのデメリットは「パートナー回線は5GBを超えると速度制限を食らうという点」です。

楽天モバイルは、先ほどもお話している通り、楽天回線エリアとパートナー回線エリアから成り立っています。

楽天回線パートナー回線
データ通信容量無制限5GB/月まで
制限速度1Mbps

そして、楽天モバイルのデータ通信無制限というのは「楽天回線エリア」での通信のことであり、パートナー回線エリアの場合は月間5GBを超えると制限を食らってしまいます。

ただ、制限を受けたとしても1Mbpsという速度は出るので全く使い物にならないということにはならないですが、

全てのエリアでネットを無制限に使えるというわけではないです。

そして、先ほどのエリアマップを見てもわかる通り、

都市部は楽天回線エリアになっていることが多いですが、山間部や田舎の方に行くとパートナー回線のみというエリアも多いです。

なので、楽天回線エリア外に住んでいる人は楽天モバイルを契約しても毎月5GBしか使えないんです。

以上のことからパートナー回線の月間5GB制限は楽天モバイルのデメリットです。

デメリット④iPhone12シリーズ以外の場合、不便な点がある

4つ目の楽天モバイルのデメリットは「iPhone12シリーズ以外の場合、不便な点がある」という点です。

実際に私はiPhoneXS MAXを使っているのですが、不便に感じる点は以下の2つです。

  1. 楽天回線とパートナー回線が自動的に切替わらない問題
  2. 現在の接続回線をアプリで確認できない問題

ちなみに、「②現在の接続回線をアプリで確認できない問題」については2021年7月頃までにiOSアプリで接続回線が確認できるようになるので1つのデメリットは解消予定です!

しかし、現状はiPhone12以前のモデルではアプリで接続回線が確認できないのは不便です。

ちなみに、「フィールドテストモード」という特殊コマンドを利用すればiPhoneでも楽天モバイルの接続回線を確認することができます。

さて、楽天回線とパートナー回線が自動的に切替わらない問題についてですが、

楽天モバイルから公式に販売されているAndroid端末の場合、楽天回線エリアにいる時は自動的に楽天回線を繋がり、

パートナー回線エリアに入ると自動的にパートナー回線を繋がります。

さらに、パートナー回線エリアから楽天回線エリアに入った時も自動的に楽天回線に接続してくれます。

これが「回線自動切換え機能」です。

それに対しiPhone12以前のモデルは、

パートナー回線エリアに入ると自動的にパートナー回線を繋がるのは同じですが、

パートナー回線エリアから楽天回線エリアに入った時に自動的に楽天回線に繋がらず、パートナー回線に繋がったままになってしまうのです。

つまり、楽天回線エリア内なのに知らぬ間にパートナー回線のデータ容量(5GB/月)を消費してしまう可能性があるという事です。

iPhone12以前のモデルを使っている人は楽天モバイルを利用していく上で知っておくべき必須事項です。

この点は楽天モバイルを利用していく上でデメリットです。

しかし、私はiPhoneXS MAXで楽天モバイルを使っていますが、慣れれば全く問題には感じないです。

デメリット⑤通話かけ放題は専用アプリじゃないとダメ!

5つ目の楽天モバイルのデメリットは「通話かけ放題は専用アプリ(楽天リンク)経由で電話しないとダメ!」という点です。

デフォルトの通話アプリで電話をかけてしまった場合、通常の電話料(22円/30秒)がかかります。

楽天リンクはLINE通話みたいなものなので「楽天リンクを使わないといけない」ということはあまり不便を感じないですが、

一番の問題は「電話番号をGoogleで検索して電話をする時」に面倒な手間が発生するということです。

なぜかと言うと、WEB上の電話番号をタップすると基本デフォルトの通話アプリで発信されてしまうからです。

例えば、私は以下のシチュエーションで電話番号を検索して電話をします。

  • 病院の電話番号を調べて電話する
  • 美容室の電話番号を調べて予約する
  • 飲食店の電話番号を調べてテイクアウトを予約する

Android端末であれば、楽天リンクサポーターというアプリがあり、それを入れることで「デフォルト通話アプリでの発信を楽天リンクに切り替えができる」のですが、

iPhoneの場合はそういったアプリはありません。

ただ、iPhoneにも対応策はあるのですが、こういった細かい部分で楽天モバイルは手間が発生するのが多くデメリットであるといえます。

大手キャリアや格安SIMと楽天モバイルを比較してみた!

ツヨシ

楽天モバイルよりも安いキャリア・格安SIMがあるんじゃないか?

と思い、全28社の料金プランを比較してみた結果、

楽天モバイルは「通話かけ放題込み」の料金プランで圧倒的な安いということがわかりました!

実際に全28社の各料金プラン(音声付き)において最も安いBEST3をピックアップしていくと以下の通りです。

1GBの料金プラン比較

基本料金通話かけ放題込み
0円0円
※通話かけ放題
LinksMate737円1,672円
※10分かけ放題
OCNモバイルONE770円1,705円
※10分かけ放題

モバイルデータ通信を1GBも使っていない人は楽天モバイルの一択です。

3GBの料金プラン比較

基本料金通話かけ放題込み
nuroモバイル792円1,672円
※10分かけ放題
エキサイトモバイル(Fit)880円1,639円
※3分かけ放題
LinksMate902円1,837円
※10分かけ放題
1,078円1,078円
※通話かけ放題

モバイルデータ通信利用量が3GB以上で電話を全く使わないならnuroモバイル。

ただ、通話かけ放題込みで比較すると楽天モバイルが圧倒的に安くなる。

5GBの料金プラン比較

基本料金通話かけ放題込み
nuroモバイル990円1,870円
※10分かけ放題
LinksMate1,210円2,145円
※10分かけ放題
イオンモバイル1,518円2,453円
※10分かけ放題
2,178円2,178円
※通話かけ放題

5GBプランで比較するとnuroモバイルが通話かけ放題込みでも最安価格となる。

10GBの料金プラン比較

基本料金通話かけ放題込み
OCNモバイルONE1,760円2,695円
※10分かけ放題
LinksMate1,870円2,805円
※3分かけ放題
mineo1,958円3,113円
※10分かけ放題
2,178円2,178円
※通話かけ放題

10GBプランでの比較だと電話を使わないならOCNモバイルONEが安い。

国内通話かけ放題込みで比較するとここでも楽天モバイルが最安値となる。

20GBの料金プラン比較

基本料金通話かけ放題込み
2,178円2,178円
※通話かけ放題
ahamo2,970円2,970円
※5分かけ放題
povo2,728円3,278円
※5分かけ放題
LINEMO2,728円3,278円
※5分かけ放題

大手キャリアの20GBの新プランと比較すると楽天モバイルが圧倒的にコスパが良い!

無制限の料金プラン比較

基本料金通話かけ放題込み
3,278円3,278円
※通話かけ放題
au7,238円9,108円
※通話かけ放題
SoftBank7,238円9,218円
※通話かけ放題
docomo7,315円9,185円
※通話かけ放題

大手キャリアの無制限プランと比較しても楽天モバイルのコスパが圧倒的に良い!

大手キャリアの月額料金の1/3の料金帯となっている。

楽天モバイルがおすすめな人・おすすめしない人

以上、長々とお話ししてきましたが、実際に楽天モバイルを使ってみて、

私が感じている楽天モバイルがおすすめ人・おすすめしない人は以下の通りです。

おすすめな人
おすすめしない人
  • スマホ代を安く抑えたい人
  • 電話を使う可能性が高い人
  • 高くても良いから利便性が優先の人
  • 電話を使わない!データ専用SIMで良い人
  • 5GBプランで探してる人

楽天モバイルが最もおすすめな人は「スマホ代を安く抑えたい人」です。

そして、国内通話を使う場合、全28社のプランで比較しても5GBのプラン以外は楽天モバイルが最安値なので、節約したいという人にはマジでおすすめです!

私も節約目的で楽天モバイルを契約した一人です。

逆におすすめしない人は「月額料金が多少高くなっても利便性を最優先に考えている人」は楽天モバイルは向いてないです。

あと「電話を全くしない人・5GBプランで探している人」は楽天モバイルよりnuroモバイルの方が安いのでおすすめはしないです。

まとめると…

スマホ代を節約したいなら楽天モバイルを使え!ということです。

楽天モバイルの口コミ・評判

私の楽天モバイルの感想以外にもTwitterにて楽天モバイルの口コミ評判、良い意見から悪い意見まで集めてみました。

実際のユーザーのリアルな声なので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天モバイルの良い口コミ・評判

楽天モバイルの意見をTwitterで調べてみると良い評判・口コミの方が多く散見されました!

楽天モバイルに好感を抱いている人は「価格メリット」を感じている人が大半かなというのが印象です!

やっぱり、楽天モバイルの安さは他のキャリア・格安SIMと比較しても圧倒的なので、その点はやはり魅力でしょう!

楽天モバイルの悪い口コミ・評判

楽天モバイルももちろん悪い口コミ・評判はありましたが、予想以上に少なかったです。

私の予想ではありますが、楽天モバイルは価格的メリットが大きいのでそれに納得して使ってるユーザーが多い?のかなと思いました。

私は浮いたスマホ代で温泉旅行に行っています!

私はこれまで大手キャリアのSoftBankを使ってきて、無駄に毎月20,000円もの高いスマホ代を払ってきました。

月額料金年額料金
SoftBank約20,000円約240,000円
ワイモバイル約5,000円約60,000円
約2,000円約24,000円
最大節約額▲18,000円▲216,000円

年間にすると約240,000円です。

それが、楽天モバイルにして毎月2,000円、年間24,000円になりました。

節約できた額は約20万円です。

そして、我が家は楽天モバイルに代えてから温泉旅行に行く頻度が上がりました。

なぜなら、今までスマホ代に払っていた20万円が浮いたことにより、別の事にお金を使えることになったからです。

ちなみに、先日も「きたゆざわ 森のソラニワ」に家族旅行に行ってきましたが、旅行に掛かった費用は約4万円。

楽天モバイルにして、我が家は年に5回くらい温泉旅行に行けるようになりました

なので、あなたも楽天モバイルの乗り換えて、スマホ代が5万円~20万円節約できたことを想像してみてください。

  • 毎月5,000円~20,000円が好きに使えるようになる!
  • キャリアを替えるだけで手残りが年間20万以上増える!
  • 毎月1回ちょっと豪華な食事が食べれる!
  • 自分の大好きな趣味にお金をかけれる!
  • 家族や彼女と年に数回温泉旅行に行ける!
  • 節約できた分を貯めて2~3年に1度海外旅行に行ける!

過去の私もスマホを乗り換えるのが面倒という理由からずっとスマホ代を見直しもせずやってきました。

でも、今になって大手キャリア(SoftBank)を約15年間も使い続けていたのはマジで損だったなと感じています。

私は2021年にやっと、通信費の無意味さに気づき、楽天モバイルに乗換えることで、無駄に払っていた約20万円/年の支出を削減することができました。

これからはその浮いた約20万円のお金で家族旅行などの体験・思い出を作る費用に充てたいと考えています。

大手キャリアを使っていても生活が便利にはなりません。

あなたはそれでも引き続き高いスマホ代を払い続けますか?

それとも浮いたお金を自分や家族のために有意義に使いますか?

もし、あなたも何となく大手キャリアを利用していたり、スマホ代を下げたいと思っているのであれば

楽天モバイルや格安SIMに乗り換えるだけで無駄なスマホ代を節約することができますよ!

\3ヵ月無料&楽天ポイント最大2万ptもらえる!/

毎月1GB以下ならスマホ代が無料!
さらに無制限で使っても3,278円の最強プラン!

今なら3ヶ月無料+楽天ポイント最大20,000ptプレゼント

今ならは3ヵ月無料+楽天ポイント最大20,000ptがもらえます!

楽天モバイルは、楽天ポイント支払いもできるので私のように月に3GBしか使わない人であれば、

実質8カ月無料で使えることになります!

乗り換えるなら「3ヵ月無料+楽天ポイント最大20,000ptキャンペーン」があるうちにに申し込むことをおすすめします!

はじめ

スマホの乗り換えは面倒…

確かにスマホのキャリアを替えるのは確かに面倒ですが、これからもあなたは高いお金を払い続けますか?

それとも、浮いたスマホ代で家族や大切な人との思い出を作るためにお金を有意義に使いますか?

過去の私と同じように高いスマホ代を払い続けている人の参考になれば幸いです。

  • 毎月1GB以下ならスマホ代が無料!
  • 無制限プランも3,278円で業界最安価格!
  • 国内通話かけ放題込み!
  • 3ヵ月無料&最大20,000ptがもらえる!
  • 手数料が一切かからない!
私が現在利用している楽天モバイル!スマホ代が節約したい方には特におすすめしたいキャリアです!