≫メルマガにてブログ無料相談OKです。

不動産営業を辞めた人の3大退職理由。心を病む人が多い業界として有名です。

はじめ

  • 不動産営業を実際に辞めた人たちの退職理由ってなんなの?
  • 不動産営業を辞めた人の退職理由が知りたい。

本記事では、上記のように不動産営業の退職理由が知りたいと思っている方に向けて書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

私は22歳の新卒から約3年間、不動産営業を経験し、26歳の時に転職しました。

ちなみに、私が不動産営業を辞めた理由は「ノルマ・勤務時間・精神的圧力」です。

恐らく、この記事を読んでくれているあなたも不動産営業をやっていてい「辞めたい」と考えているのではないでしょうか?

ぶっちゃけ、不動産業は働きやすい業界ランキングで堂々の最下位なので多くの人が辞めたいと感じていることは間違いなしです!w

この記事を読めば、同じ不動産営業に従事する人が辞めた退職理由を知ることができますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1. 不動産営業を辞めた人の3大退職理由。

さて、早速結論からお話しすると、不動産営業を辞めた人の退職理由は3つに共通しています。

その3つの退職理由は以下の通りです。

不動産営業の3大退職理由
  1. 営業ノルマがきついから
  2. 残業・休日返上で働くのがきついから
  3. 上司に詰められ心が病んだから

冒頭でもお話しした通り、私が不動産営業を退職した理由も同じです。

 

1-1. 営業ノルマがきついから

1つ目の退職理由は「きつい営業ノルマ」です。

そもそも、不動産営業の労働環境の全ての元凶は「きつい営業ノルマ」にあると私は考えています。

そのため、きついノルマが達成できずに退職を考える人が多いということです。

そして、具体的に不動産営業のノルマ達成厳しい理由は以下の通りです。

  • 不動産営業の契約は今日明日で決まらないから
  • ローン審査が下りず、契約できないこともある
  • 不動産営業は物元になるのが重要だが大変
  • 1件の契約が大変なのに毎月ノルマがある

不動産営業は簡単な仕事ではないです。

それにもかかわらず、きついノルマがあることによって多くの人が退職に追い込んでいる可能性が高いということです。

ちなみに、不動産営業のノルマが厳しい理由について以下の記事にて私なりの考えをお話ししていますので合わせてどうぞ。

不動産営業のノルマ達成が厳しい理由。業界歴3年の私が解説します。

 

1-2. 残業・休日返上で働くのがきついから

2つ目の退職理由は「残業・休日返上で働くのがきつい」という点です。

ぶっちゃけ、きついノルマが達成できないから多くの不動産営業マンは残業・休日返上で働きます。

不動産営業の経験者であればわかると思いますが、マジで休みなしで働いている人が多いです。

ちなみに、働き改革にてPCが19時以降使えなくなるみたいな対策が取られている会社も多いと思いますが…

  • 19時にPCが電源オフになる
  • しかし、「19時以降PCを使える裏技」を使って再起動をして仕事続行
  • 契約が取れていない社員は休日返上で働く

不動産業界は働き改革とは全く無縁の業界だなと痛感しています。

そして、夜遅くまでの残業・休日返上という労働環境が体を蝕んでいき、多くの人を退職に追い込んでいるということです。

 

1-3. 上司に詰められ心が病んだから

3つ目の理由は「上司に詰められ心が病む」です。

詰められる理由は簡単で、ノルマが達成できないからです。

  • 不動産営業は、契約が取れなければ給料泥棒となる
  • そのため、契約が取れない社員を上司は詰める
  • と言うか、恫喝に近いケースが多い

不動産営業は、営業職の中でも体育会系の風土が強い業界として有名です。

そのため、詰められ方も尋常じゃないので、心を病んでしまう人が多発し、退職に追いやられてしまうということです。

 

2. 不動産営業を辞めた人の退職理由の大半は「心の病み」です。

そして、不動産営業をやめた人の退職理由の大半は「心の病み」です。

多くの人は先ほどお話しした3大退職理由の負のスパイラルで心身ともに消耗し退職まで追いやられてしまうということです。

不動産営業の退職サイクル
  1. 過酷なノルマに追われる
  2. ノルマ達成のために残業・休日返上で働く
  3. 頑張ってもノルマを達成しないと上司から猛烈に詰められる
  4. 詰められたくないので、また残業・休日返上で働く
  5. 上司からさらに詰められる
  6. 心身ともに病んでいき、退職を考える

ぶっちゃけ、働きやすい業界ランキングで不動産業界が最下位になっているのも頷けます。

 

2-1. 不動産営業で心身ともに消耗している方体験談を集めてみた。

ここでは、実際に不動産営業で心身ともに消耗している方の生の声を集めてみました。

実際にここで紹介している体験談はYahoo!知恵袋に相談として寄せられていたものです。

精神的に限界を感じて営業系の仕事をやめたいと思ってます。

全く違う業界に行きたいと思いますが、何か人と助け合う業界はありませんか?

今までは不動産業界にいました。自分には合わない業界だと痛感して悩んでます。

引用:Yahoo!知恵袋

不動産会社で営業をしているのですが、皆さんは営業は辛いでしょうか?

私はもうダメな気がします。

私自身は、半年で18kgも痩せてしまい。

毎日嘔吐、昼、夜は仕事で時間がなく食べられません。

食べているのを見つかると今すぐ捨てろ!と捨てなければならない。

もう限界です。身体がもうついていかないです。

引用:Yahoo!知恵袋

日々、不安と恐怖で辛いです。

10年前に働いて7年間続けた不動産会社で鬱病、不眠症を発症し10年薬をのみ続けています。

不動産会社は辞めて、今は不動産でフリーランスとアルバイトをしてどうにか収入もスレスレで生活しています。

不動産会社で不安や恐怖は、当たり前だとは思うのですが営業で日々お金、お金と追い込まれ全ての仕事は、責任を負い毎日責めたてられる日々で、周りは苦しくて三ヶ月は持たず辞めて行きました。

引用:Yahoo!知恵袋

現在財閥系の不動産会社で営業をしております。

精神的にもやられ毎朝会社に行くのがしんどいです。

毎日会社に行くと頭の中で破裂音がします。辛いです。ご飯も食べれなくなりました。

退職しても正社員だとどこもこのような環境なんでしょうか?それとも不動産会社だからでしょうか?

日本に定時で帰れる正社員は居ないんでしょうか?

引用:Yahoo!知恵袋

私自身も相談内容を見ていると共感できる部分があるからこそ、辛いなと感じました。

私もそうだったのですが、「辛いけど、辞める決心がつかない」人が多いというの実情かなと思います。

そして、この方々は誰にも相談できず、Yahoo!知恵袋に書いてしまうほど、不動産営業と言う仕事に追い込まれていると言うことです。

 

3. 不動産営業を経験し、他の仕事をすると天国に感じます。

ただし、そんな辛い不動産営業ですが、良い点が一つあるかなと私は感じています。

それは、不動産営業を経験したら、他の仕事が楽に感じるようになるからです。

 

3-1. 不動産営業の辛さは規格外だと思う

私は不動産営業を約3年間経験し、「不動産営業→不動産管理業→ルート営業」と転職をしました。

そこで感じた点は、不動産営業以上に辛い仕事はないと言うことです。

理由は単純で、不動産営業って人生に一度しか買わない高額商品を売る仕事なのにも関わらず、厳しいノルマがあるからです。

例えば、世の中には多くの営業職があります。

  • スポーツシューズを売る営業
  • 家電を売る営業
  • 不動産を売る営業

ちなみに、営業は個人向け営業の方が難易度は高いと言われています。

さらに、高額商品になればなるほど難易度が上がります。

不動産営業は、「個人向けかつ高額商品」です。

つまり全ての営業職の中で最も難易度が高い仕事といっても過言ではないと言うことです。

 

3-2. 不動産営業を経験したら、全ての職業が楽に感じる

不動産営業を経験すると、全ての職業が楽に感じるようになります。

私は「不動産営業→不動産管理業→ルート営業」と転職を重ねました。

  • 不動産管理業:クレーム処理はあるものの事務的な仕事。定時上がり、休日もしっかり取れる。
  • ルート営業:既存客のアフター対応がメイン。固定の数字がある。

事実、私は不動産営業の他に2つの仕事を経験しましたが、全ての職業が楽に感じました。

なので、不動産営業に現在就いているあなたは幸運かもです。

不動産営業を経験したら、次の仕事は全て楽に感じますので。

 

まとめ

今回は、不動産営業を辞めた人の3大退職理由についてお話ししてきました。

不動産営業の3大退職理由
  1. 営業ノルマがきついから
  2. 残業・休日返上で働くのがきついから
  3. 上司に詰められ心が病んだから

お話しした通り、不動産営業は上記の3つの理由が原因で「心が病む人」が多発している業界です。

そのため、もしあなたが不動産営業の負のスパイラルに陥っているのであれば、身体を壊す前に仕事を辞めることをおすすめ致します。

不動産営業を経験すると、他の仕事は全て楽に感じますので。

↓以下の記事は「不動産営業を辞めたい…」と悩む方に向けて書いています。

辞めたい。辛い。と悩んでいるだけでは何も解決しません。自分の人生を変えれるのは、自分の行動だけです。

【体験談】不動産営業を辞めたいなら行動すべき。私は転職で幸せな人生になりました。 【比較】おすすめの転職エージェント4選。転職経験3回の私が解説します。