楽天モバイルへの乗換えは10分で完了!! 詳細はこちら

楽天モバイル店舗でできること。申し込むなら店舗・ネットどっち?

はじめ

楽天モバイルを申し込みたいけど、店舗とネット、どちらがいいんだろう?

ツヨシ

どうも!こんにちはツヨシ(@24shi_insta)です!
2021年2月から夫婦で楽天モバイルを使い続けて、今ではスマホ代が1/10以下になって大満足しています!

スマホを契約するのは店舗で行うもの!ネットでの申し込みはわかりにくいし面倒!と、

スマホを申し込む際、上記のように思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、最近は大手キャリアなども新プランはネット限定だったりと、ネット申込もかなり普及してきています。

そして、楽天モバイルは店舗も混雑していることが多く、申し込みはネットがとてもおすすめです!

そこで今回は、楽天モバイル店舗ではなにができるのか、申し込むなら店舗とネットのどちらがいいかを解説します!

どのように申し込めばいいか迷っている方は、是非参考にしてみてくださいね!

\3ヵ月無料&楽天ポイント最大2万ptもらえる!/

毎月1GB以下ならスマホ代が無料!
さらに無制限で使っても3,278円の最強プラン!

この記事の内容

1.申し込むなら店舗よりネットが良い理由

楽天モバイルを申し込む場合、店舗よりネットのほうが良い理由は以下の3点です。

  1. 来店、来店予約が不要
  2. 24時間いつでもどこでも申し込める
  3. ネット申込がとても簡単

ネットの1番のメリットは、自分の都合のいいタイミングで簡単に申し込みができることです!

そして、上記の3つの点について詳しく解説していきます!

1-1.来店、来店予約が不要

楽天モバイルは、店舗での申込には来店予約が必要です。

来店して申し込みには以下のデメリットがあります。

  • 予約必須ではないが予約が優先される!
  • 来店予約をしていないと長時間待つ可能性がある!
  • 最悪、対応してもらえないケースもあり!

ネット申し込みなら上記のような手間が発生することはないです!

深夜、早朝などに関わらず、自分の好きなタイミングで申し込むことができます。

来店予約は当日以外は電話が非対応となっており、ネットからしか予約ができません。

来店予約をネットでするなら、申し込み自体をネットで行っても手間は同じですよ!

1-2.24時間いつでもどこでも申し込める

店舗で申し込む場合は、来店予約をしたうえで店舗の営業時間内に行かなくてはいけません。

楽天モバイルの店舗申し込みは、以下のようにお金も手間もかかります!

  • 貴重な休日をスマホ契約に使ってしまう!
  • 近くに店舗がなく、遠方にしか店舗がない!
  • 時間も交通費も余計にかかる!

それに対して、ネット申し込みなら24時間365日、いつでも自宅で申し込みができるんです。

仕事が終わった後にカフェで休憩しながら申し込み、なんてこともできちゃいます!

1-3.ネット申込がとても簡単

楽天モバイルの申し込み方法は、とてもシンプルです。

楽天モバイルはプランが1つしかないため、ユーザーが選択するのは以下の2点です。

  • 端末を一緒に買うかどうか
  • オプションをつけるかどうか

この2点を選択するだけです。

オプションもシンプルで、他社よりも種類が少ないのでわかりやすいです!

本人確認も運転免許証やマイナンバーカードなどを写真にとって、アップロードすればOK。

アップロードできる本人確認書類がない場合は、製品受け取り時に対面での確認でも大丈夫です。

楽天アカウントがすでにある場合は、名前や住所などを入力する必要もありません。

申し込みが完了したら最短2日で製品が届くため、初期設定やMNP開通手続きを行えば完了です!

とても簡単ですよね!

ネットからの申込手順を詳しく知りたい方は、楽天モバイルの乗り換え方法や申込手順を解説した記事も併せて参考にしてください!

2.楽天モバイルの店舗でできること

次に、楽天モバイルの店舗でできることを解説します。

楽天モバイルの店舗は下記の3種類あり、店舗によってできることが違うので注意が必要です。

  • 家電量販店
  • 独立店
  • ショッピングモール店

店舗の種類ごとにできることは、以下の表をご確認ください。

できること家電量販店独立・ショッピングモール店
新規申し込み
他社からの乗り換え(MNP)
機種変更×
旧プランから新プランへ変更
契約前の相談や見積もり
SIMカード交換・再発行×
楽天ひかりの申し込み・相談

スマホの店舗というと、ビックカメラやヨドバシカメラなど家電量販店にあるスマホコーナーをイメージしてしまいますが、家電量販店に入っている店舗のほうができることが少ないんです。

それでは詳しく解説していきます!

2-1.新規申込・他社からの乗り換え

ネットでの申し込みが不安な方は、店舗で申し込みができます。

店舗申込は、以下のようなメリットがあります!

  • 店員さんがいるので安心感がある!
  • デモ機を触ることができる!
  • 即日開通可能!

ネットでの申し込みが不安と感じる方にとって、店員さんに対応してもらえるのはやはり安心ですよね。

また、申し込み時に端末を一緒に購入したい場合はデモ機を触ってサイズや重さを確認することができます。

さらに、ネット申し込みだとSIMカードやスマホ機種などの製品が届くまでに数日必要ですが、店舗申し込みだと即日で手続きが済むのですぐに使い始めることができます!

SIMカードを挿す、開通手続きをするなど、慣れない作業に不安がある方は店舗申し込みをするというのも選択肢の1つです!

2-2.楽天モバイル旧プランから新プランへのプラン変更

楽天モバイルは現在「Rakuten UN-LIMIT VI」というプランしかありませんが、2020年4月8日まで運用されていた旧プランを利用している方は、無料で新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI 」へ変更することができます。

ただし、店舗での変更方法はMNP予約番号を事前に取得する必要があり、ネットでやるよりもやや面倒です。

店舗で行う場合

店舗での旧プランから新プランへの変更の流れは以下の通りです。

  1. 来店前にMNP予約番号を自分で取得
  2. 来店予約し、ショップへ訪問
  3. Rakuten UN-LIMIT VIへの移行、SIMカードの初期設定を行う
  4. 新プランへの移行完了

ネットで行う場合

ネットでの旧プランから新プランへの変更の流れは以下の通りです。

  1. メンバーズステーションへアクセス
  2. 楽天回線(Rakuten UN-LIMIT VI)への移行手続き
  3. 手続き後、SIMカードの到着を待つ
  4. SIMカードの初期設定を行う
  5. 新プランへの移行完了

ネットで行う場合はMNP予約番号の取得が必要ありません。

ネットで行う場合の煩わしい作業といえば、SIMカードを挿す・SIMカードの初期設定(開通手続き)ですがスタートガイドブックが同封され、

ガイドに記載の通り進めていけば、誰でも簡単に旧プランから新プランに移行することができますので、基本はネットで行うのがおすすめです!

2-3.機種変更、SIMカードの交換・再発行

上の項目でも記載しましたが、機種変更やSIMカードの交換・再発行はできる店舗とできない店舗があります。

機種変更やSIMカードの交換・再発行ができる店舗は以下の通りです。

  • 独立店舗
  • ショッピングモール内にある店舗

このように店舗が限られますが、即日発行・開通をしたい場合は店舗利用がおすすめです。

対応店舗は公式ホームページの楽天モバイルショップ一覧で確認ができるので、店舗で行いたい場合は事前に確認してみてくださいね。

来店予約をする際、来店目的の項目に「機種変更」「SIMカードの交換・再発行」がない場合は、非対応店舗なのでご注意を!

2-4.楽天ひかりなどの申し込み、契約前の相談

店舗では契約前の相談や、楽天ひかりの申し込みも行っています。

  • 楽天モバイルの料金詳細などを直接店員さんから説明してほしい!
  • 楽天リンクの使い方の説明を受けたい!
  • 光回線「楽天ひかり」について教えてほしい!
  • 光回線について無知なので乗り換え方法が知りたい!

このように申し込みについて気になる点がある場合、店舗で店員さんに聞けるのは安心なのは確かなので自信がない方は店舗を利用するのがおすすめです!

楽天モバイルと楽天ひかりを一緒に申し込むことで、楽天ひかりの月額料金が1年間無料になるので回線速度などにこだわりがないのであれば一緒に申し込むのがおすすめです!

ちなみに回線速度が速い光回線にしたいなら私が利用しているSONYの光回線「NURO光」がおすすめです!

3.楽天モバイルの店舗でできないこと

次に楽天モバイルの店舗でできないことを解説します。

楽天モバイルの店舗でできないことは、以下の3点です。

  1. 契約内容や支払い方法の確認・変更
  2. スマホ機種の故障対応
  3. 楽天モバイルの解約、他社への乗り換え(MNP転出)

ご覧の通り、楽天モバイル店舗では契約はできるけど解約はできないんです!

つまり、簡単にまとめると「楽天モバイル店舗では契約まではできるけど、契約後のことはできない」ということになります。

それでは以下で詳しく解説していきます。

3-1.契約内容や支払い方法の確認・変更

楽天モバイルの店舗では契約内容や支払い方法の確認や変更はできません。

  • 自分の契約状況の確認
  • 登録しているメールアドレスや住所の変更
  • 支払い方法の変更
  • オプションの追加・解約

いずれも、WEBもしくはアプリの「my楽天モバイル」から確認や変更をすることができます。

3-2.スマホ機種の故障対応

楽天モバイルでは端末の故障に対するオプションがありますが、実際に故障してしまった場合、店舗での対応はしてもらえません。

  • スマホを落としてしまった!
  • スマホの調子が悪い!
  • 故障に対するオプションを使いたい!

上記のような場合は、自分で故障受付サイトから申し込まなくてはいけません。

店舗でも内容によっては相談には乗ってもらえることもありますが、店舗で代替品をもらえたり修理をしてもらうことはできません。

3-3.楽天モバイルの解約、他社への乗り換え(MNP転出)

楽天モバイルの解約は店舗ではできません!

以下のような場合は、自分でアプリやWEBから行う必要があります。

  • 楽天モバイルの解約
  • 他社への乗り換え(MNP転出)
  • MNP転出に必要なMNP予約番号発行

MNP予約番号発行は電話での対応もしていないので、すべてネットで行うことになります。

しかし、楽天モバイルの解約方法はとても簡単です。

解約やMNP転出について気になる方は、解約方法やMNP乗り換え方法について解説した記事を参考にしてくださいね!

4.店舗申込のメリット・デメリット

次に店舗申込のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
デメリット
  1. 店員さんに相談しながら申し込める
  2. 端末を実際に見たり触ったりできる
  3. 即日開通できる
  1. 来店予約が必要
  2. 店舗の営業時間に縛られる
  3. 端末は売り切れの場合も多い

簡潔に言うと、店舗申込のメリットは安心感があることだが、面倒であるのがデメリットです。

それでは詳しく解説していきます。

4-1.店舗申込のメリット

楽天モバイルの店舗申込のメリットは以下の3点です。

  1. 店員さんに相談しながら申し込める
  2. 端末を実際に見たり触ったりできる
  3. 即日開通できる

❶ 店員さんに相談しながら申し込める

まず1つ目のメリットは、店員さんに楽天モバイルの詳細について聞きながら申し込める点です。

  • 楽天モバイルの従量制プランってなに?
  • 楽天モバイルのオプションの内容を詳しく知りたい!
  • オプションが自分に必要かどうか知りたい!

上記のように楽天モバイルの公式HPだけではわからない点を聞けるのが、店舗のメリットだと言えます!

❷ 端末を実際に見たり触ったりできる

2つ目のメリットは、申込時に端末を一緒に購入する場合、実際に端末を手に取って見ることができるという点です。

  • サイズ
  • 重さ
  • 持ちやすさ
  • 実際の色味

楽天モバイル公式HPの製品ページに詳細は記載がありますが、上記のような点は実物を見てみないとわかりにくいですよね。

実際に持ってみると使うイメージがつきやすく、安心して購入できます!

❸ 即日開通できる

3つ目のメリットは、即日開通できる点です。

店舗ネット
開通までの日数
(機種が既にある)
nanoSIM:即日
eSIM:即日
nanoSIM:最短2日程度
eSIM:即日
開通までの日数
(機種も同時購入)
nanoSIM:即日
eSIM:即日
nanoSIM:最短2日程度
eSIM:最短2日程度
開通手続き店舗側で行う自分で行う

ネット申込は簡単ですが、以下の場合、開通までにタイムラグが発生します。

  • 機種を一緒に購入した場合、機種到着までの時間
  • nanoSIMを選択した場合、SIMカード到着までの時間

申し込んだSIMカードや端末が届くまでに最短でも2日はかかるので、申込からタイムラグができます。

店舗で申し込み、機種とSIMカードの在庫があれば即日開通できるのは良い点であるといえます。

また、開通手続き(SIMカードの挿入・SIMカードの初期設定)も店舗で行ってくれるので安心です。

4-2.店舗申込のデメリット

次に、楽天モバイルの店舗申込のデメリットは以下の3点です。

  • 来店予約が必要
  • 店舗の営業時間に縛られる
  • 端末は売り切れの場合も多い

❶ 来店予約が必要

1つ目のデメリットは、来店予約が必要な点です。

来店予約がデメリットである理由は、以下の3点です。

  • 来店予約していないと長時間待つ可能性がある
  • 来店予約していないと、来店しても対応してもらえない可能性がある
  • 来店予約自体が入力事項が多く手間がかかる

近所の店舗を探したり、予約ができる店舗をネットで探したりするくらいなら、ネットで申し込んでしまっても正直手間はあまり変わらないと個人的に感じます。

そして、何度も言うようにネットで楽天モバイルを申し込む、乗り換えるのは全く難しくないです。

❷ 店舗の営業時間に縛られる

2つ目のデメリットは、店舗の営業時間に縛られる点です。

営業時間に縛られるデメリットは以下の3点です。

  • 店舗の営業時間内に来店予約を取る必要がある
  • 都合のいい時間に予約が取れないと、来店予約の時間に合わせて行動しなくてはいけない
  • 予約時間によっては、休日がスマホ申し込みでつぶれてしまう可能性も

せっかくの休日がスマホの申込でつぶれてしまうのは、個人的にはもったいないと感じてしまいます。

❸ 端末は売り切れの場合も多い

3つ目のデメリットは、店舗で展示されている端末は売り切れの場合が多い点です。

実際に手に取ってサイズや重さを確認できる点がメリットであると前述しましたが、楽天モバイルのオリジナル機種をはじめ人気機種は店舗在庫がないことも非常に多いです。

なので、店舗で端末購入と申し込みたい場合は、以下を参考にしてください!

おすすめの対応
端末は何でも良い・即来店でOK
欲しい端末が決まっている・店舗に在庫確認
・ネット申し込み
iPhoneが良い・ネット申し込み
・Apple Storeで購入

なので、欲しい端末が決まっている又はiPhoneが良いという人はネット申し込みにした方が在庫を探す手間がなくなるのでおすすめです!

5.店舗での楽天モバイルの申込方法と必要なもの

次に店舗での楽天モバイルの申込方法と、申し込みに必要なものについて解説します。

5-1.楽天モバイルショップの来店予約方法

まず、楽天モバイルショップの来店予約方法を解説します。

来店予約の手順は以下の通りです。

  1. 楽天モバイル店舗一覧をクリック
  2. お住まいのエリアで店舗を検索する
  3. お好みの店舗の「来店予約」を選択
  4. 「iPhoneの予約注文又は来店予約」を選択
  5. 「来店日時」を選択
  6. 「お客様情報」の入力
  7. 各種確認
  8. 予約を確定

❶ 楽天モバイル店舗一覧をクリック

まず公式HPを開き、「店舗」をクリックします。

❷ お住まいのエリアで店舗を検索する

次に、以下の方法で来店可能な店舗を検索します。

  • マップから探す
  • マップ下の「都道府県から探す」をクリックし、エリアを絞って検索

❸ お好みの店舗の「来店予約」を選択

来店可能な店舗があれば、希望店舗の「来店予約をする」をクリック。

❹「iPhoneの予約注文又は来店予約」を選択

ショッ プを選択し「iPhoneの予約注文又は来店予約」をクリックすると、端末の購入について選択します。

iPhoneの予約注文する場合と、iPhone以外の端末を購入もしくは端末を購入せずに手続きをする場合では予約から来店までの流れが異なります。

製品について選択したら、新規契約・他社からの乗り換えなどの希望用件を選択します。

❺「来店日時」を選択

楽天モバイルショップの希望来店日時を選択します。

土日はすぐに埋まってしまうことが多いので、早めの予約がおすすめ!

iPhone購入の場合は、希望の端末が入荷してから日時を選択するようになります。

❻「お客様情報」の入力

氏名や連絡先などの情報を入力します。

❼ 各種確認

重要事項に関する説明を、PDFで確認したり動画で確認したりできます。

ここで確認しておくと、来店時に店員さんからの説明を省くことができます。

店員さんからの説明を希望する場合は「来店時の説明を希望する」を選択してください。

最後に、来店時に必要なものを確認し、予約を確定します。

来店時に必要なものは、以下で詳しく解説します。

5-2.店舗での申し込みに必要なもの

次に、店舗で申し込む際に必要なものを解説します。

店舗で申し込む際に必要なものは以下の3点(他社からの乗り換えの場合は4点)です。

  1. 本人確認書類
  2. 楽天会員IDとパスワード
  3. クレジットカードや銀行口座情報
  4. MNP予約番号(他社からの乗り換えの場合)

❶ 本人確認書類

まず、本人確認書類についてです。

本人確認書類は、1点だけでいいものと補助書類が必要なものの2種類があります。

1点だけでOK補助書類が必要
本人確認書類運転免許証
運転経歴証明書
個人番号カード
精神障がい者保健福祉手帳
在留カード
特別永住者証明書
健康保険証
日本国パスポート
住民基本台帳カード
身体障がい者手帳
補助書類
(発行から3カ月以内のみ有効)
公共料金の領収書
(電気・都市ガス・水道いずれか)
住民票
届出避難場所証明書

個人番号カード(マイナンバーカード)は、通知カードでは受付できません。

写真が確認できる有効期限内のカードのみ有効です。

❷ 楽天会員IDとパスワード

次に楽天会員IDとパスワードについてです。

楽天モバイルを申し込むには、楽天のアカウントが必要です。

すでに楽天会員になっている方は、IDとパスワードを伝えられるように確認しておくのがおすすめです。

未登録の方は来店前に登録しておくと、来店時に時短になります!

❸ クレジットカードや銀行口座情報

次に、クレジットカードや銀行口座情報についてです。

楽天モバイルはクレジットカード支払い、口座振替、楽天ポイントでの支払いに対応しています。

❹ MNP予約番号(他社からの乗り換えの場合)

他社からの乗り換えの場合は、MNP予約番号を来店前に取得しておくのが良いです。

土日祝日などはMNP予約番号取得の電話が混雑することもあるため、事前に余裕をもって取得しておくのがおすすめですよ!

6.楽天モバイルの全国の店舗数一覧

次に楽天モバイルの全国の店舗数についてです。

2021年9月現在の楽天モバイルの県別店舗数は以下の通りです。

都道府県店舗数
北海道14店舗
青森県4店舗
岩手県3店舗
宮城県13店舗
秋田県3店舗
山形県2店舗
福島県6店舗
茨城県9店舗
栃木県4店舗
群馬県5店舗
埼玉県37店舗
千葉県32店舗
東京都111店舗
神奈川県50店舗
新潟県11店舗
富山県5店舗
石川県4店舗
福井県3店舗
山梨県2店舗
長野県9店舗
岐阜県9店舗
静岡県14店舗
愛知県46店舗
三重県11店舗
滋賀県5店舗
京都府15店舗
大阪府65店舗
兵庫県41店舗
奈良県9店舗
和歌山県4店舗
鳥取県2店舗
島根県2店舗
岡山県8店舗
広島県18店舗
山口県7店舗
徳島県2店舗
香川県4店舗
愛媛県4店舗
高知県1店舗
福岡県22店舗
佐賀県3店舗
長崎県6店舗
熊本県9店舗
大分県3店舗
宮崎県3店舗
鹿児島県6店舗
沖縄県10店舗

2021年9月現在の全店舗数の合計は656店舗!

県ごとに店舗数にばらつきがありますが、1店舗もない県はありませんでした。

とはいえ、近くに店舗がないという方もいらっしゃると思うので、店舗に行きにくい方はネット申し込みがおすすめです!

7.楽天モバイルを店舗で申し込む際のよくある質問

最後に楽天モバイルの店舗で申し込む際の以下のよくある質問について解説します。

  1. 来店予約は必須なの?予約なしもOK?
  2. 店舗での申し込みはどれくらい時間がかかる?
  3. 店舗でiPhoneは購入可能なの?
  4. 楽天モバイル店舗の問い合わせ先が知りたい!

具体的に1つずつ解説します。

7-1.来店予約は必須なの?予約なしもOK?

来店予約は必須なの?予約なしもOK?

来店予約は必須ではありません。

しかし予約優先のため、予約をしていないと長時間待つことになったり混雑状況によっては受付をしてもらえなかったりという可能性があります。

当日の場合は、電話で予約ができる店舗もあります!

7-2.店舗での申し込みはどれくらい時間がかかる?

店舗での申し込みはどれくらい時間がかかる?

店舗での申し込みにかかる時間は平均1時間程度です。

店員さんに相談しながらだと時間がかかることもありますが、必要書類に不備がなくスムーズに進めば1時間程度で終わります。

忘れがちな楽天会員IDとパスワードを事前に確認しておいたり、来店予約の際に重要事項の説明を確認しておいたりすると時短になります!

7-3.店舗でiPhoneは購入可能なの?

店舗でiPhoneは購入可能なの?

楽天モバイルの店舗でiPhoneは購入可能です。

ただし、来店予約の際に予約注文を行わないと在庫がない可能性もあります。楽天モバイルの店舗でiPhoneを購入する場合は、予約注文がおすすめです!

予約注文のやり方は以下の通りです。

  1. 楽天モバイル公式HPより来店希望店舗を選択
  2. 「iPhoneの予約注文または来店予約を利用する」をクリック
  3. 「iPhoneの予約注文をする」のタブにチェック
  4. 機種や容量、カラーを選択
  5. 連絡先を入力、契約時に必要な書類を確認
  6. 予約注文を確定する
  7. 製品が入荷したらメールがくる
  8. メール記載URLより専用ページにアクセス
  9. 来店希望日時を選択

7-4.楽天モバイル店舗の問い合わせ先が知りたい!

楽天モバイル店舗の問い合わせ先が知りたい!

楽天モバイル店舗の問い合わせ先は、独立店舗やショッピングモール内の店舗と、家電量販店内の店舗で異なります。

まず、独立店舗、ショッピングモール内の店舗の問い合わせ先の確認方法は以下の通りです。

  1. 楽天モバイル公式HPより希望店舗を選択
  2. 店舗名をクリック
  3. 来店予約の案内項目に電話番号記載あり

次に、家電量販店内の店舗の問い合わせ先ですが、公式HPの店舗ページには記載がありません。

基本的に家電量販店内の店舗は、独自の電話をもっておらず家電量販店に電話をし内線で繋いでもらうかたちになります。

ただし、店舗住所の下に「施設の詳細情報」というリンクがある店舗は、楽天モバイル直通の番号があることがあります。

まとめ

さて、今回は楽天モバイルの店舗でできることや店舗申込について解説しました。

最後に、店舗でできることとできないことを簡潔にまとめます。

  • 店舗でできること:契約前の手続き(相談~契約まで)
  • 店舗でできないこと:契約後の手続き(料金確認や変更、解約)

そして、店舗で申し込みを行うメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
デメリット
  1. 対面対応で安心感がある
  2. 端末を実際に手に取れる
  3. 即日開通できる
  1. 来店予約が必要
  2. 店舗の営業時間に縛られる
  3. 端末は売り切れの場合も多い

以上のことから、店員さんに対面で対応してもらいたい方や、申し込んだ日にすぐ使えるようになりたい方は店舗申し込みがおすすめ!

逆に予約が面倒、休日にスマホ契約のために時間を使いたくないと考える方はネット申込がおすすめです!

来店予約が入力事項も多く手間がかかるので、私個人としてはネット申込が断然おすすめです!

楽天モバイルの店舗が気になっていた方や、どうやって申し込もうか迷っている方は是非参考にしてみてくださいね!

毎月のスマホ代が1/10!!
家族旅行の回数が増えました!

私は15年間ずっとSoftBankを使っていて夫婦で毎月2万円以上の高いスマホ代を払っていましたが、楽天モバイルに変えて1/10の毎月2,000円です!

あなたも以下のような願望をもっていませんか?

  • 毎月のスマホ代を安くしたい!
  • スマホ代を節約し、そのお金を子供や家族のために使いたい!
  • 家族や大事な人ともっと旅行に行きたい!

もしあなたも過去の私と同じような悩みを持っているなら、楽天モバイルや格安SIMに乗り換えることをおすすめします!

私はSoftBankから楽天モバイルに乗り換えるだけで、年間で温泉旅行5回分(20万円分)のお金が浮きました!

そして、、実際に我が家は温泉旅行に行く機会が増えました!

確かにスマホ乗換えを面倒に思う人も多いかもしれませんが、あなたはスマホ代に高いお金を払い続けますか?

それとも、家族や大切な人との思い出のためにお金を使いますか?

\スマホ代安くするなら楽天モバイル/

今なら3ヵ月無料+5,000ptもらえる!
iPhone購入すればさらに15,000ptもらえます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1986年生まれ 34歳 札幌在住のツヨシ(溝口剛)です。
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスブロガー兼YouTuber。スマホ・光回線・ガジェット・クレジットカードなど自分で使ってみて良かったモノを発信しています。

この記事の内容
閉じる