MENU
Navigation
[box_menu name="box-menu"]
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。
【当ブログ限定】FlexiSpot15%割引クーポンはこちらから

SkullCandy CRUSHER ANCレビュー!クセ強めの体感するヘッドホン!

  • URLをコピーしました!

SkullCandy CRUSHER ANCってどんなヘッドホン?音質とかは良いの?と疑問に思っていましたか?

ツヨシ

どうも!こんにちはツヨシ(@ 24shi_insta)です!
人と被らないモノが大好きなちょっとめんどくさい者です。
CRUSHER ANCを約1年ほど使っています!

私はヘッドホン・音響にめちゃくちゃ詳しい人ではないです。なので「中低音が〜。ドンシャリ系で〜」という解説を求めているならその道の詳しい人のレビューを見ることをおすすめします。

結論、ノイズキャンセル性能を重視しない人、そして音楽・映画をより楽しみたい人には最高のヘッドホンです。CRUSHER ANCの重低音とスカルキャンディ独自の音に合わせた振動は他のヘッドホンでは味わえない体験が得られます。

ただし、SkullCandy CRUSHER ANCを語る上で一番のネックはホワイトノイズ。ノイズキャンセルをONにしていると特に強くホワイトノイズが聞こえます。Amazonレビューでも音に対する評価は高いのですがホワイトノイズ問題で手放す人もいます。

私は基本ノイズキャンセルをOFF、また音楽を聴いている時に気にならないので、重大なネックには感じていないのですがこの点は人によっては決定的欠陥と捉える人もいるのは間違いないです。

私は家でノイズキャンセル使う必要ないし、外でヘッドホン使わないからスカルキャンディの臨場感ある音と体験はマジで最高だと思っています。

この記事では、SkullCandy CRUSHER ANCの商品概要から使ってみた感想、良い点・悪い点、そしてSONY WH-1000XM4と聴き比べした感想についてもお話ししていきます。

これからSkullCandy CRUSHER ANCの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

Skullcandy
¥35,800 (2022/05/15 16:46時点 | Amazon調べ)
この記事の内容

1. SkullCandy CRUSHER ANCの商品概要について

まず、SkullCandy CRUSHER ANCの商品概要については以下の通りです。

商品概要
製品名SkullCandy CRUSHER ANC
価格35,800円
※Amazon調べ
製品重量308g
最大再生時間24時間
充電時間10分充電で4時間駆動
ドライバサイズ40mm
BluetoothVer. 5.0
有線接続
ハイレゾ音源
ノイズキャンセリング
外部音取り込み
マイク
マルチペアリング×
対応コーデックSBC/AAC/aptX HD
カラーMoab Red/Fearless Black

1-1. デザイン

私が使っているSkullCandy CRUSHER ANCはBLACK TANです。真っ黒ではなく、ガンメタに近い色です。またイヤーパッド・ヘッドバンドの内側はキャメル色レザーが使われているのが、BLACK TANの特徴です。

各ボタンについてです。右のイヤーカップについているボタンは上から以下の通りです。

  • 音量上げる(曲送り)
  • 曲の再生/停止
  • 音量下げる(曲戻し)

左のイヤーカップについているボタンは以下の通りです。

  • 電源ボタン(電源OFF状態で長押し、ペアリングモード)
  • ベースコントロール
  • 左イヤーカップ2秒タッチ(外部音取込み/ノイズキャンセル切り替え)

左側のイヤーカップだけ2秒タッチすることで、外部音取込みとノイズキャンセル切り替えを行うことが可能です。

1-2. スペック・操作方法

操作方法は簡単で、電源OFFの状態で電源ボタンを長押しするとペアリングモードになるのでiPhoneなどとペアリングが可能です。

ボタン操作は先ほど説明した通りです。接続はBluetoothと有線接続。私は音楽を聴くときは無線、動画編集や収録するときは有線接続という使い方をしています。

重さは308g。SONY WH-1000XM4が254gなので、SONYのヘッドホンよりは重いです。また側圧は、私はちょうど良い感じだと思っていて、2-3時間の映画なら問題なくつけていられる感じです。

対応コーデックaptX HDにも対応しているので、再生機器さえあればハイレゾ音源も楽しむことが可能です。

そして、SkullCandy CRUSHER ANCの最大の魅力は「低音+振動」です。これが体感するヘッドホンの所以になっている機能・特徴です。重低音に合わせて両方のヘッドホンが振動します。これにより、聴くだけではなく臨場感溢れる音楽体験ができます。

私はこの機能に魅了された1人です。

充電時間についてですが、フル充電の時間は公式HPにも記載がない。ただ10分で4時間駆動の高速充電をすることが可能な点は明記されています。なので、計算上はフル充電は約1時間程度で完了することになります。

また Skullcany専用アプリで個人の聴覚に合わせた最適な音声レベルにしてくれる「パーソナルサウンド機能」もついています。アプリで聴力検査が行われ、その結果に基づいた音声レベルで音楽が楽しめるのは良いです。

以上がSkullCandy CRUSHER ANCの商品概要でした。

Skullcandy
¥35,800 (2022/05/15 16:46時点 | Amazon調べ)

2. SkullCandy CRUSHER ANCを使ってみた感想

私はこのCRUSHER ANCがめちゃくちゃ好きです。新しいモデルが出たら間違いなく買い換えたいと思っています。それくらいこのヘッドホンにはまっています。

ただし、メリット・デメリットを上げてみるとデメリットの方が多いという事実。ただ、そのデメリットを全て吹っ飛ばすくらいこのスカルキャンディの「重点音+振動」からもたらされる音楽体験はやばいです。なまらやばいです。

しかし、ノイズキャンセルはほぼ意味なし、ノイズキャンセルをONにするとホワイトノイズが結構なボリュームで聞こえる(ちなみにノイズキャンセルをOFFにすると多少マシになるけどそれでもノイズは聞こえる)など普通の人からすると見逃せないデメリットもある。

なので、このヘッドホンは私みたいに「低音+振動」を求めるマニア向けヘッドホンなのは間違いない。

ただ私はCRUSHER ANCを購入する時、札幌のヨドバシカメラで1時間以上、SONY WH-1000XM4と聴き比べして迷いに迷った。「人気のWH-1000XM4を買うべきなのか?」と悩みに悩みました。

でも、聴き比べれば聴き比べるほどCRUSHER ANCでもたらされる音楽体験が忘れることができなかったです。もしSkullCandyのヘッドホンがショボかったら1時間以上も迷わないし、聴き比べもしない。それくらい魅力的なヘッドホンだし、この音楽体験は唯一無二です。

以上のことから、全ての人におすすめできるヘッドホンではないんだけど、このヘッドホンで音楽を聴くのが楽しい。映画を見るのが楽しい。そう思わせてくれるヘッドホンでハマる人にはマジでハマる。それがSkullCandy CRUSHER ANCです。

ツヨシ

これでアクション映画・ロック聴いてみてほしい。マジでやばいよ。マジで。

Skullcandy
¥35,800 (2022/05/15 16:46時点 | Amazon調べ)

3. SkullCandy CRUSHER ANCのメリット

次にSkullCandy CRUSHER ANCのメリットについて詳しく解説します。具体的には以下の3つです。

  1. 重低音と振動がやばい
  2. 10分充電で4時間駆動可能な急速充電

3-1. 重低音と振動がやばい

CRUSHER ANCの最大の魅力は「重低音」と音に合わせた「振動」です。このセンサリーベースの振動は特許取得済みでSkullCandyの最大の特徴です。

私はヘッドホンに詳しい方ではない。でも、CRUSHER ANCを購入するときSONY・BOSE・SHURE・JBL、ヨドバシカメラにあるヘッドホンは10モデル以上は視聴しました。1時間以上ずっとヘッドホンコーナーを占拠していました。

多くのヘッドホンは音の綺麗さとノイズキャンセル機能を比べているように感じた。でもSkullCandyだけは違いました。CRUSHER ANCで視聴した時、音楽を聴いているのではなく「体験」していると感じたのはこのヘッドホンだけでした。

それくらい感動を与えてくれるヘッドホンです。

ネット上の口コミを紹介

SkullCandy CRUSHER ANCはWH-1000XM4ほど売れているヘッドホンでは無いですが、ハマる人にはマジでハマっています。Twitterで口コミを調査したのでご紹介します。

https://twitter.com/hevic_kof2002/status/1430609166985428993?s=20&t=ODfVq2q3OvU4QCEyhJsqow
https://twitter.com/yuzutyie/status/1426409629991407633?s=20&t=ODfVq2q3OvU4QCEyhJsqow
ツヨシ

上記にある通り、ハマる人にはマジでハマるヘッドホンです。CRUSHER ANCで音楽・映画を見るのが最高に楽しい!そう思わせてくれます。

3-2. パーソナルサウンドで自分に合った音が聞ける

2つ目のメリットは「パーソナルサウンドで自分に合った音が聞ける」という点です。

パーソナルサウンドとは、専用アプリで聴力テストを行い、ユーザーごとの聴力に合わせて最適な音声レベルを提供してくれるシステムです。

正直大きな変化はないですが、パーソナルサウンドをONにすることで確実に綺麗な音に感じるし、聴きやすくなるのは間違いないです。地味にすごいです。

ツヨシ

自分自身で音をカスタマイズするというアプリはありますが、聴力テストを行い最適な音声レベルに調節してくれるのは珍しくない?

4. SkullCandy CRUSHER ANCのデメリット

次にSkullCandy CRUSHER ANCのデメリットについて詳しく解説します。具体的には以下の通りです。

  1. ノイズキャンセルがほぼ意味なし
  2. ホワイトノイズが聞こえる
  3. マルチペアリング非対応
  4. ヘッドホンを探せるtile機能いる?
ツヨシ

この記事を書いていて思ったのですが、デメリットの方が多いw
それでもCRUSHER ANCは魅力的なヘッドホンなのですが、上記の点についても解説していきます。

4-1. ノイズキャンセルがほぼ意味なし

まず1つ目のデメリットは「ノイズキャンセルはほぼ意味なし」という点です。

残念ながらSONY WH-1000XM4と比較するとノイズキャンセル性能は完敗です。AirPodsProのノイキャンにも負けています。CRUSHER ANCのノイズキャンセルはONにすると「多少、周辺の音が聞こえづらくなったな〜」と感じるレベルです。

ネット上の口コミを見てもCRUSHER ANCのノイズキャンセルは評判は良くないです。

https://twitter.com/7ancast/status/1423641399065382917?s=20&t=ODfVq2q3OvU4QCEyhJsqow

なので、ノイズキャンセル目的でヘッドホンを探しているならCRUSHER ANCは絶対におすすめできない!SONYを買うべし!

ツヨシ

ただ、私は在宅ワークで使っているので家だとノイキャンってそこまで使わなくない?もちろん、家族がいて生活音を消すのにという使い方はあるかもですが、ノイキャンはそれほど重要な機能じゃないと私は感じてる。

4-2. ホワイトノイズが聞こえる

2つ目のデメリットは「ホワイトノイズが聞こえる」という点です。これが最大のCRUSHER ANCのデメリットです。購入をやめる人もいるほどのデメリットです。

CRUSHER ANCはノイズキャンセルをONにするとよりホワイトノイズが強くなり、OFFにするとマシになります。でも、ホワイトノイズが0になることはないです。

ただ電源OFFで有線接続した場合は、ホワイトノイズは鳴らないです。このホワイトノイズ問題についてはネット上でもかなり言及されています。

https://twitter.com/dia_0425/status/1256882547226603521?s=20&t=ODfVq2q3OvU4QCEyhJsqow

上記の通り、ネット上の口コミを見ても「ホワイトノイズ問題」はかなり深刻です。ここを許容できるのか?がCRUSHER ANCの購入決断の最大のポイントです。

ツヨシ

私は基本ノイキャンをOFFで使っています。また、音楽を聴いている時はホワイトノイズは気にならないし、それよりもCRUSHER ANCの音と振動が何よりも好きなので、この点は許容できています。楽しさが勝るそんな感じです。

4-3. マルチペアリング非対応

3つ目はマルチペアリング非対応という点です。個人的にはホワイトノイズよりこっちの方が不便を感じています。

私はiPhone・MacBookで音楽を聴くことが多いです。しかし、どちらかの端末に接続していると一度Bluetooth接続を解除し、使いたい端末で接続し直さないといけないです。

WH-1000XM4はマルチペアリングに対応している。この点も大きなデメリットと感じる人は多いはずです。

ツヨシ

やはり、接続する端末はシームレスに切り替えれないのはかなりのストレスです。

4-4. ヘッドホンを探せるtile機能いる?

4つ目のデメリットは「ヘッドホンを探せるtile機能いるか?」という問題です。

トラッキング機能 tileとは、Crusher ANCが見当たらない時にCrusherANC本体を鳴らしたり、最後に接続が切れた場所と時間をアプリの地図上に表示するという機能

この機能があること自体はデメリットではないけど「ヘッドホンにこの機能いる?」と思ったのが正直な感想。ワイヤレスイヤホンであれば使う機会も多いでしょう。でも、でかいヘッドホンを無くす人って世の中にそんなに多いのだろうか?

ツヨシ

この機能をつけるくらいであれば、ホワイトノイズ軽減にもっと力を注いでほしかったというところです。

5. CRUSHER ANCとSONY WH-1000XM4比較してみた!

次に私がCRUSHER ANC購入時に最後まで迷いに迷ったSONY WH-1000XM4と比較していきます。具体的には以下の通りです。

スクロールできます
SkullCandy CRUSHER ANCSONY WH-1000XM4
価格35,800円
※Amazon調べ
37,000円
※Amazon調べ
製品重量308g254g
最大再生時間24時間30時間(NC ON時)
38時間(NC OFF時)
充電時間10分充電で4時間駆動3時間
ドライバサイズ40mm40mm
BluetoothVer. 5.0Ver. 5.0
有線接続
ハイレゾ音源
ノイズキャンセリング
外部音取り込み
マイク
マルチペアリング×
対応コーデックSBC/AAC/aptX HDSBC/AAC/LDAC
カラーMoab Red/Fearless Blackホワイト/ブラック/プラチナシルバー

正直、音質的な違いで言うと私はそれほど大きな違いは感じることができなかったです。ただ、ノイズキャンセル機能はSONYが圧勝。また、マルチペアリングに対応していたり、使い勝手という点だけで見るとWH-1000XM4の方が良い。

なので、多くの人にはWH-1000XM4をおすすめします。ヘッドホンの優等生です。しかし、ヘッドホンをつけて音楽・映画を見たり、聴いてて楽しいのはどちらか?と聞かれると間違いなく「SkullCandy CRUSHER ANC」です。

この2つのヘッドホンを例えるなら、

  • WH-1000XM4は「映画館」で見る映画
  • CRUSHER ANCは「4DX」で見る映画

このような違いがあるかなと私は思っています。音楽や映画を見る・聴くだけではなく、体験できるのがCRUSHER ANCの最大の魅力です。

6. SkullCandy CRUSHER ANCがおすすめな人の特徴

以上のことからSkullCandy CRUSHER ANCがおすすめな人の特徴をまとめると以下の通りです。

おすすめな人

  • 音楽・映画の臨場感を感じながら楽しみたい人
  • 音楽・映画・ゲームをより楽しみたい人

おすすめできない人

  • ホワイトノイズが気になる人
  • ノイズキャンセル機能を重視する人
  • 使い勝手を重視する人

SkullCandy CRUSHER ANCがおすすめな人はいたって単純です。多くのデメリットはあるけど、それよりも「音楽・映画・ゲーム」を楽しみたい!と感じる人です。

このCRUSHER ANCはデメリットが多くあるヘッドホンであることは間違い無いです。しかし、それ以上にこのヘッドホンでしか味わえない体験を与えてくれるヘッドホンでもあります。その点を理解できる人には非常におすすめです。

まとめ

冒頭でもお話しした通り、ノイズキャンセル性能を重視しない人、そして音楽・映画をより楽しみたい人には最高のヘッドホンです。CRUSHER ANCの重低音とスカルキャンディ独自の音に合わせた振動は他のヘッドホンでは味わえない体験が得られます。

しかし、ホワイトノイズ問題やマルチペアリング非対応などデメリットが多いヘッドホンでもあるのが事実です。

特にホワイトノイズ問題は特に深刻なので、これらのデメリットを許容できるか?という点がSkullCandy CRUSHER ANCを購入する上での重要な判断になります。

ぜひ、これからSkullCandy CRUSHER ANCの購入を検討していた方は参考にしてください。

Skullcandy
¥35,800 (2022/05/15 16:46時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1986年生まれ 34歳 札幌在住のツヨシ(溝口剛)です。
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスブロガー兼YouTuber。スマホ・光回線・ガジェット・クレジットカードなど自分で使ってみて良かったモノを発信しています。

この記事の内容
閉じる