MENU
プロフィール背景画像
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。

【2021年】30代男のカバンの中身。いつも持ち歩くガジェット。– Gadget in my BAG –

ツヨシ

どうも!こんにちはツヨシ(@24shi_web)です!
普段の持ち物もなるべくミニマムにしようと心がけています!

そこでこちらの記事では家族持ち30代男のカバンの中身、いつも持ち歩いているガジェットについてご紹介していきます。

【2021年】30代男のカバンの中身。いつも持ち歩くもの。

カバンの中身・いつも持ち歩いているガジェットと言ってもシチュエーションによっても持ち物は変わるので以下のシーン別にご紹介してきます。ざっくり、私は3パターンに分かれます。

  1. ふらッと買い物
  2. 家族で1日外出
  3. 1泊以上の家族旅行

1.「ふらッと買い物」の時にいつも持ち歩くもの

日用品の買い物に行ったり、1人でふらっと外食に行ったりする時に持ち歩いているものがこちらです。

ふらっと買い物や外出するときは基本カバンは持たず、ポケットに収まる荷物しか持ちたくないと考えています。

また、決済も基本電子マネー、クレジットカードで現金はほぼ使わないので財布も極力小さく薄いものをチョイスしています。

1-1. 財布

私の財布はSYRINXというブランドのものを使っています。SYRINXとは建築家の佐藤宏尚さんプロデュースしている革ブランドで建築家ならではの細かいディティールまで考え抜かれた財布になっています。そして、取り扱っている財布はキャッシュレス財布がメインで薄くて小さいのにとても使いやすいのが特徴です。

私が使っているのはSYRINX L-ZIP Sという形の財布なのですが、この薄さです。ケツポケットに入れても違和感がないので鞄を持たずによく外出する私のような人にはぴったりです。

SYRINX公式オンラインストア

そして、L-ZIP Sはダブルジップとなっており、現金とカードの取り出し口が分かれています。小銭入れは浅い作りになっていてとても取り出しやすい形状です。

クレジットカードは現金とは別のチャックで取り出すことが可能です。つまり、キャッシュレス決済がメインの私は財布を広げることなく、さらに小銭、お札に触れることなく直接クレジットカードを取り出すことができます。キャッシュレス決済がメインの私にしたらこれはまじで快適な作りです。

クレジットカード

そして、私がこだわりを持って使っているクレジットカードについてもご紹介。私はクレジットカードの決済にてマイルを貯めている陸マイラーです。メインカードはSPG AMEXカードでサブカードはMileage Plusセゾンゴールドカードです。

この2枚のカードは旅行好きの方にはおすすめの高還元率カードなので、クレジットカードの還元で旅行に行きたい方にはぜひおすすめしたいです!ちなみに私は現在札幌→沖縄間大人10往復分のマイルが溜まっています!w

ちなみに、SPG AMEXMileage Plusセゾンゴールドカードについては「ツヨシウェブ SPG AEX」で詳しくカードの特徴などのレビューをしていますので気になる方はチェックしてみてください。

1-2. スマホ

私のスマホはiPhone XS MAXです。正直iPhoneは毎年買い替える意味はないなと思っている派なので2-3年に一度購入しています。ただ、やっぱりiPhoneとM1MacBookの組み合わせはデータ共有などの面で非常に便利なのでスマホはiPhoneから乗り換えることができないです。

楽天モバイル

スマホのキャリアは「楽天モバイル」です。私は過去スマホ代節約に全く無頓着で約15年間ばかりSoftBankを使ってきました。マジで無駄金払い続けたなと反省しています。正直、楽天モバイル、その他格安SIMが多くある中で3大キャリアを使う意味はほぼないですし、大手キャリアに高いお金を払ったところで暮らしは豊かにならないです。

なので、今もなお高いスマホ代を払っている人、3大キャリアを使っている人には乗り換えをおすすめしたいです。ちなみに楽天モバイルのレビューや乗り換え方法の解説は「ツヨシウェブ Rakuten Mobile」で解説していますので気になる方は一度チェックしてみてください。

楽天モバイル公式サイトはこちら

キャッシュレス決済

先ほどもお話しした通り、私は決済で現金を使わず99%キャッシュレス決済です。そして、私がメインで使っているキャッシュレス決済は「QUICPay」です。QUICPayはiPhoneでの利用の場合利便性が高く、アプリを自分で開くことなく、電源ボタンをダブルプッシュすれば決済が完了します。

また、バーコード決済とは違いオフライン(圏外)でも決済が可能という点も嬉しい点です。QUICPayが使えないお店ではその他にもPayPayや楽天ペイなども使うケースはありますが、基本QUICPayで決済をするというのが私のやり方です。どんな小さな支出もクレカ決済にすることで効率的にマイルを貯めています。

1-3. 家の鍵・車の鍵

こちらは私の車の鍵と私の事務所の鍵です。自宅はスマホで施錠解錠が可能なので鍵はないです。また事務所は現在リフォーム中で今後はスマホキーになるので自宅・事務所の鍵からも解放される予定です。

私の愛車は現在、SUZUKIのS-CROSSです。SUZUKIの逆輸入車のコンパクトSUV。日本車ではありながら外車のような見た目がお気に入りです。私の愛車についてはYouTubeで動画にしていますので気になる方はチェックしてみてください。

1-4. Apple AirPods Pro

外出時には必ずAir Podsを持ち歩いています。一人で買い物をしている最中や外食で料理が来るまでの間、音楽を聴いたり、YouTube動画を見たりしています。ワイヤレスイヤホンはなんだかんだAir Podsが最強だと思っています。Air Podsの強みは単にイヤホンという意味ではなく、iPhoneやMacBookと連携も含め利便性は最強です。

¥29,036 (2021/06/11 12:42時点 | Amazon調べ)

2.「家族で1日外出」の時の30代男のカバンの中身

私は現在妻と息子の3人家族なんですが、家族で1日外出する時の持ち歩いているモノ・ガジェットです。そして、家族で 1日外出する時は基本THE NORTH FACEのボディバッグで持ち歩いています。

そして、持ち歩いているモノは先程の4点に加えてDJI Pocket2を持ち歩くようにしています。

2-1. DJI Pocket 2

こちらは息子・家族との思い出Vlogを撮影するために外出時には必ず持ち歩いています。このコンパクトさなのに最大4K60FPS動画が撮影でき、さらにジンバル内蔵カメラなので歩きながらの撮影にはとても強いカメラです。そして、子供がいる妻と私で目が離せないし、色々とお世話に大変だから一眼レフを毎度持ち歩くのはマジでストレス。

なので、画質こそ一眼には及びませんが稼働力という点では圧倒的にDJI Pocket2が優っているので私は家族での外出ではこちらのカメラを持ち歩いています。走り回る子供がいるパパのカメラとしてはジンバル内蔵のDJI Pocket2は最適です。

さらにDJI Pocket2はミニ三脚がケースに付いているので第三者にお願いせずとも家族のみんなの映像・写真を撮影することが可能です。さらに人の顔を認識するトラッキング機能もついているので定点でおいて被写体を追い撮りすることも可能と小さいのに万能カメラ。

DJI Pocket2純正NDフィルター

また、純正でNDフィルターも販売されているので外でこだわって動画撮影したい人にもぴったりのカメラです。小さいは正義。

3.「1泊以上の家族旅行」の時の30代男のカバンの中身

最後に「1泊以上の家族旅行」の時の私のカバンの中身は上記の通りです。先程の5点に加え、旅行の時は以下の5つのガジェットも持っていきます。

  • ZV-1
  • ZV-1シューティンググリップ
  • M1MacBookAir
  • SATECHI USB-Cハブ
  • SanDisk SSD 1TB

3-1. Sony ZV-1

1泊以上の旅行の時はDJI Pocket2とは別にSony ZV-1を持っていきます。使い方は主に写真がメインでさらにより綺麗な映像を撮影したい時にも使います。DJI Pocket2は歩きながらの撮影・取りあえずカメラを回しておくという使い分けをしています。やはり、DJI Pocket2も良いカメラではあるのですが画質的にはZV-1の方が綺麗です。

そして、以前までは旅行にSonyα7cを持っていってましたが、やはり子供がいると一眼レフを用意して撮影するのがかなり億劫だったんですよね。しかも、荷物になるし、扱いがナイーブ。なので、さっと取り出して綺麗に撮れるZV-1は旅カメラとしてはかなり優秀だなと感じています。

Small Rig

そして、ZV-1にはリグ(Small Rig製)とPeak Designのカメラストラップをつけています。

Peak Design カメラストラップ

リグをつけることによってシューティンググリップをつけた状態でバッテリー交換・メモリーカード交換ができるようになるのでZV-1の取り扱いが良くなります。また、グリップ力も上がるというメリットがあります。

3-2. シューティンググリップ(三脚)

ZV-1と一緒にシューティンググリップも持ち歩いています。シューティンググリップは三脚としての役割だけではなく、家族の集合写真などを撮影するときの遠隔リモコンにもなるので旅行には最適です。

Ulanzi クイックシュー

また、ZV- 1とシューティンググリップには「Ulanzi」のクイックシューを取り付けています。

クイックシューを取り付けることで、ZV- 1とシューティンググリップの脱着がワンタッチで取り付け可能になり、取り扱いがスムーズになります。このクイックシューはマジで便利なのでカメラを持っている人は必須アイテムです。

3-3. M1MacBook Air

旅行先で撮影した写真・動画を確認したり、長期の場合は仕事をしたりするためにM1MacBookAirも持ち歩いています。以前まではMacBook Pro16インチを持ち歩いていたのですが、M1チップ搭載し、動画編集もこちらのPCでできるということでメインPCをM1MacBookAirに移行したのですがマジで軽いし、ストレスなく作業できるし最高のPCだなと感じています。

3-4. SATECHI USB-Cハブ

写真・動画をM1MacBookAirに取り込むために、SATECHIのUSB-Cハブも持ち歩いています。ハブは色々な商品がありますが私はこちらのSATECHI製をチョイス。理由はデザインがカッコ良いのと有線LAN接続端子もついているから。SATECHIのUCB-Cハブは質感も良くスタイリッシュでとてもカッコ良いです。

SATECHIのハブには概ね必要はポートがついているのでこちらのハブがあれば困ることはまず無いです。

3-5. SanDisk SSD 1TB

SanDisk SSD 1TBも持ち歩いています。このSSDには私の仕事に必要なデータが入っていて、この小さなSSDがあれば私はどこでも事務所と同じ環境で仕事ができるようにしています。なので、旅行先での突発的な仕事にも対応できるのが良いです。また、写真や動画をその日に移すことでデータ紛失のリスク対策にもなっています。このSSDは小さいし、書き込み速いし最高です。

4. まとめ

今回は実際に30代男のカバンの中身、いつも持ち歩いているモノ・ガジェットをご紹介しました。

私のように子供がいる場合は、なるべく荷物はシンプルかつ軽量にした方が良いです。私は写真を撮影するのが好きなのですが子供との外出には一眼カメラはほぼ持っていくことはないです。本気の撮影の時は別ですが。

ぜひ、あなたの暮らしの中に取り入れそうなアイテムがあったら参考にしていただけると嬉しいです。

5. 30代男のカバンの中身の関連記事