MENU
Navigation
[box_menu name="box-menu"]
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。
【当ブログ限定】FlexiSpot15%割引クーポンはこちらから

TP-Link Tapo C210レビュー!C200より高画質に進化したカメラ

  • URLをコピーしました!

TP-Link Tapo C210の映像は綺麗なの?C200との違いは?と思っていましたか?

ツヨシ

どうも!こんにちはツヨシ(@ 24shi_insta)です!
今回はTP-LinkさんよりTapo C210を提供頂き、実際に使ってみてレビューしていきます!

まず結論です。TP-Link Tapo C210は、C200同様に有料サービス(TapoCare)に登録しないと全ての機能が使えないのはネックです。

ただし、カメラ解像度が上がり、複数カメラ映像を一括で確認できるので自宅の防犯カメラ、子供やペットの見守りカメラとしてとても使い勝手の良いカメラだなと思いました。

僕は複数メーカーの見守りカメラを使ってきましたが、おすすめはSwitchBotとTP-Linkの2社の見守りカメラがおすすめです。

こちらの記事では、TP-Link Tapo C210を実際に使ってみて感じた良い点・残念な点、またC200との違いについて詳しく解説していきます。

こちらの記事はTP-Link様よりTapo C210を提供頂き記事を執筆しております。

この記事の内容

1. TP-Link Tapo C210のスペック・外観・サイズ

まずTP-Link Tapo C210のスペック・商品概要は以下の通りです。

スペック
製品名TP-Link Tapo C210
価格4,490円
※Amazon調べ
製品サイズ86 × 85 × 117mm
※縦×横×奥行
製品重量約201g
※実測値
カラーホワイト
動画圧縮H.264
フレームレート15fps
解像度3MP
(2,304×1,296)
通信規格802.11b/g/n 2.4GHz
パンチルト
(首振り機能)
動作検知
人物検知
赤ちゃん泣き声検知
※TapoCareへの加入が必要
スマホ通知
画像撮影通知
※TapoCareへの加入が必要
防犯アラート機能
自動追尾
(トラッキング機能)

※TapoCareへの加入が必要
双方通話
ナイトモード
プライバシーモード
複数カメラ登録
家族共有
SDカード対応
(256GBまで対応)
クラウド保存30日間保存
※TapoCareへの加入が必要

ちなみにTapo C210もC200と同様に「※マーク」についてTapoCareという月額有料サービスに加入しないと使えない機能です。

TapoCareの価格・料金プランは以下の通りです。

iOSAndroid
ベーシック400円/月額
(1台)
4,000円/年額
(1台)
440円/月額
(1台)
4,390円/年額
(1台)
プレミアム1,380円/月額
(10台)
13,600円/年額
(10台)
1,460円/月額
(10台)
14,600円/年額
(10台)

そして、まずTapo C210の付属品のご紹介です。

TP-Link Tapo C210の付属品

  • Tapo C210カメラ本体
  • 電源アダプタ
  • かんたん設定ガイド
  • マウント・土台
  • マウント取り付け用ネジ・アンカー

ネットワークカメラTapo C210の外観・デザインはC200と一緒で変化はありません。雪だるまのような見た目です。

正面にカメラがついており、解像度は3MP(2,304×1,296)でC200(1,920×1,080)よりも高解像度のカメラが使われています。

カメラを上向きにすることでSDカードスロットとリセットボタンがあります。

そして、C210は256GBまでのSDカードに対応しているのに対し、C200は128GBまでのSDカードにしか対応していません。

C210とC200の違いは以下の2点だけで、他は同スペックです。

Tapo C210とC200の違い

  • カメラの解像度の違い(3MPと1080p)
  • 対応SDカード容量の違い(256GBと128GB)

カメラ側面には何もありません。

カメラ背面にはスピーカーと電源アダプタの接続端子です。

裏面には、天井・壁固定用マウントを取り付けるための溝があります。これにより天井・壁への固定が可能になっています。

実際にTapo C210とC200の映像を比較してみると以下の通りです。

Tapo C210の映像
Tapo C200の映像

個人的にはどちらも見守りカメラとしては十分な画質です。そして、C210の方がスペック的には高いはずなんですが画質はC200の方が良く感じてしまいました。

ちなみに現在市販されている多くの見守りカメラは1080pのスペックのものがほとんどなので、Tapo C210は高解像度のカメラです。

またTapo C210もナイトビジョンを搭載しているので、夜間の子供の様子なども鮮明に確認することができます。

ツヨシ

以上がTP-Link Tapo C210のスペック・外観など商品概要についてでした!
C200のカメラ解像度をアップさせたモデルがC210という認識でOKです。

2. TP-Link Tapo C210の使い方・設定方法

デバイスを追加を選択
Tapo C200を選択

次にTP-Link Tapo C210の使い方・設定方法については以下の通りです。

Tapo C210の使い方

  1. 専用アプリ「Tapo」をインストール
  2. Tapo C210に接続
  3. Tapo C210のWi-Fi設定
  4. Tapo C210に名称・設置場所の設定
  5. Tapo C210で映像が確認可能
  6. Amazon Echo Showと連携するとさらに便利

ちなみに、Tapo C210の使い方・設定方法はC200と全く一緒です。

ツヨシ

使い方については、Tapo C200のレビュー記事内の「Tapo C200の使い方・設定方法」を詳細に知りたい方はそちらの記事を合わせてご覧ください。

3. TP-Link Tapo C210レビュー

次にTP-Link Tapo C210を実際に使ってみて良かった点・残念と感じた点をご紹介します。

良い点
残念な点
  1. カメラ解像度が高い
  2. SDカード容量がアップした
  1. C200よりも価格が高い
  2. TapoCareに加入しないと一部の機能が使えない

ちなみにC210とC200はほぼ同スペックのカメラのため、C200でも感じたメリット・デメリットについては割愛しています。

ツヨシ

ここではC210で感じた良い点・残念な点についてのみを解説しますので、TP-Link Tapoカメラのメリット・デメリット全てを知りたい方はC200レビュー記事も合わせてご覧ください。

3-1. カメラ解像度が高い

まずTP-Link Tapo C210の最大のメリットはカメラの解像度が高い点です。

Tapo C200よりも解像度が高いのはもちろんなのですが、他社の見守りカメラと比較してもカメラ解像度が高いです。

スクロールできます
TP-Link
Tapo C210
TP-Link
Tapo C200
SwitchBot
見守りカメラ
IMOU
Ranger2C
解像度3MP
(2,304×1,296)
1080p
(1,920×1,080)
1080p
(1,920×1,080)
1080p
(1,920×1,080)
フレームレート15fps15fps15fps25 / 30fps
動画圧縮H.264H.264H.264H.265 / H.264

上記を見て分かる通り、Tapo C210は他社の見守りカメラと比較しても解像度が高いです。

ただ、1080pのTapo C200の映像と比較してみると正直違いはほとんど感じられないかなと思いました。

Tapo C210の映像
Tapo C200の映像
Tapo C210の映像
Tapo C200の映像
ツヨシ

C210の方がコントラスト強めな映像だなとは感じました。なので、スペック・解像度は高いのですがそれほどの違いは感じられませんでした。

3-2. SDカード容量がアップした

TP-Link Tapo C210は、従来モデルC200よりも大容量のSDカードに対応しました。

他社カメラのSDカード容量とも比較すると以下の通りです。

スクロールできます
SDカード容量
TP-Link Tapo C210256GB
TP-Link Tapo C200128GB
SwitchBot見守りカメラ128GB
IMOU Ranger2C256GB

ただ正直な話、子供・ペットの見守りカメラとして使う場合、映像を保存する意味はあまりないかなと感じてます。

防犯カメラとして使う場合、映像を保存しておく意味があるので、自宅の防犯目的の人はSDカード容量もチェックした方が良いです!

ツヨシ

使用用途によっては、必ずしもメリットになるわけではないですが、防犯カメラ目的で使うのであれば大容量SDカードに対応したのは嬉しいです。

3-3. Tapo C200よりも価格が高い

ここからが残念な点です。TP-Link Tapo C210はカメラ解像度と対応SDカード容量がアップしているのですが、その分価格も高くなっています。

TP-Link
Tapo C210
TP-Link
Tapo C200
販売価格4,490円3,768円
※2021年4月29日時点 Amazon価格調べ

TP-Link Tapoカメラの使用用途で一番多いのが「子供・ペットの見守り」だと思います。

正直な話、その場合カメラ解像度は1080pで十分だし、映像を保存する必要性も特にないのでわざわざ高いTapo C210を選ぶ必要はないかなと感じています。

ツヨシ

なので、カメラ解像度がアップした点はとても良いのですが、その分価格も上がっているのでコスパという点ではデメリットかなと思いました。

3-4. TapoCareに加入しないと一部の機能が使えない

TP-Link Tapo C210もTapoCareに加入しないと一部の機能が使えないのはデメリットです。この点はC200と同様です。

ツヨシ

この点はTP-Linkさんの方針なので仕方ないことですが、赤ちゃん泣き声検知だけでも無料で使えるようにしてもらえると非常に嬉しいなと感じています。

以上が僕が感じたTP-Link Tapo C210の良い点・残念な点です。

4. TP-Link Tapo C210と他機種の比較

次にTP-Link Tapo C210と他社の見守りカメラのスペックを比較していきます。

ここではSwitchBot見守りカメラ・IMOU Ranger2Cの3機種で比較していきます。具体的には以下の通りです。

スクロールできます
TP-Link
Tapo C210
SwitchBot
見守りカメラ
IMOU
Ranger2C
価格4,490円
※Amazon調べ
4,480円
※Amazon調べ
4,980円
※楽天市場調べ
製品サイズ86 × 85 × 117mm
※縦×横×高さ
78 × 78 × 107mm
※縦×横×高さ
80 × 80 × 105mm
※縦×横×高さ
製品重量約201g約195g約219g
カラーホワイトホワイトホワイト
動画圧縮H.264H.264H.265 / H.264
フレームレート15fps不明25 / 30fps
解像度3MP
(2,304×1,296)
1080p
(1,920×1,080)
1080p
(1,920×1,080)
通信規格802.11b/g/n 2.4GHz2.4GHz802.11b/g/n 2.4GHz
パンチルト
(首振り機能)
動作検知
人物検知
赤ちゃん泣き声検知
※TapoCare加入必要
××
スマホ通知
画像撮影通知
※TapoCare加入必要
防犯アラート機能×
自動追尾
(トラッキング機能)

※TapoCare加入必要
双方通話
ナイトモード
プライバシーモード
複数カメラ登録
家族共有
HDR撮影××
SDカード対応256GB128GB256GB
クラウド保存30日間保存
※TapoCare加入必要
30日間保存
※有料プラン加入必要
7日・30日間保存
※有料プラン加入必要
有料サービス400円/台〜890円/台〜$2.5/台〜
商品リンクAmazonAmazon楽天市場
※販売価格は2022年4月29日時点

4-1. カメラ解像度重視するならTP-Link Tapo C210

カメラ解像度が最も高いのはTP-Link Tapo C210です。

ツヨシ

なので、より綺麗な映像で子供やペットを見守りたいと考えているならTapo C210がおすすめ!

4-2. 家全体のスマートホーム化するならSwitchBot見守りカメラ

SwitchBotの強みは、1メーカーの製品だけで家全体のスマートホーム化ができる点です。

そのため、操作するアプリを1つで完結することができ、使い勝手の良さは一番です。

ツヨシ

なので、見守りカメラ含め家全体のスマートホーム化を考えているならSwitchBotがおすすめ!

スイッチボット(SwitchBot)
¥3,360 (2022/05/13 23:57時点 | Amazon調べ)

4-3. フレームレート重視ならIMOU Ranger2C

IMOU Ranger2Cは、フレームレートが25/30fpsと滑らかさは他社カメラと比較しても一番です。

ツヨシ

リアルタイム映像の滑らかさを重視するならIMOU Ranger2Cがおすすめ!

5. TP-Link Tapo C210がおすすめな人の特徴

以上のことからTP-Link Tapo C210がおすすめな人の特徴をまとめると以下の通りです。

おすすめな人
おすすめしない人
  • カメラ解像度を重視する人
  • 大容量SDカードに対応しているカメラが良い人
  • 複数カメラを一度に確認したい人
  • コスパの良いカメラを探している人
  • 家全体のスマートホーム化をしたい人

上記の項目に当てはまるのであれば、TP-Link Tapo C210は非常におすすめの見守りカメラです。

まとめ

今回はTP-Link Tapo C210のレビューをお話ししてきました。

Tapo C210は有料サービスに登録しないと全ての機能が使えないというデメリットはありますが、

他社の見守りカメラと比較しても最もカメラ解像度が高いので、より高画質に映像を確認したい人にはおすすめできるネットワークカメラです。

僕の個人的な見解ですが、見守りカメラならSwitchBotとTP-Link製のものが価格も安く、使いやすいのでおすすめです!

ぜひ、見守りカメラ、自宅の防犯目的としてネットワークカメラを探している方は参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1986年生まれ 34歳 札幌在住のツヨシ(溝口剛)です。
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスブロガー兼YouTuber。スマホ・光回線・ガジェット・クレジットカードなど自分で使ってみて良かったモノを発信しています。

この記事の内容
閉じる