MENU
Category
プロフィール背景画像
ツヨシ|溝口 剛の画像
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。

Uターン転職にかかる費用は約40~60万円です。目安・内訳を詳しく解説します!

はじめのアイコン画像はじめ

Uターン転職にかかる費用ってどれくらいなの?
費用の目安が知りたい!!

本記事は上記の悩みの方に向けて記事を書いています。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web_local)です。

私は26歳の時にUターン転職をした経験を持っており、現在は地元の札幌でフリーランスブロガーとして活動しています。

さて、あなたも「Uターン転職に掛かる費用ってどれくらいなの?」と疑問に思っていましたか?

Uターン転職したことない方なら知らなくて当然ですよね。

そして私はネットで、Uターン転職に掛かる費用について調べてみたんですけど、具体的な目安が書かれていないな~と思ったのでこの記事を書いています。

私の場合は、自身のUターン転職での体験から得た情報を発信していますし、元々不動産業界にいたので引越し・新居に掛かる費用については詳しい知識を持っています。

なので、この記事を読めばUターン転職に掛かる費用について知ることができ、Uターン転職の事前準備をする事ができますよ。

0円で業界No,1の求人紹介と転職サポートが受けれます!

私は東京から26歳の時に地元に帰ってきましたが「決断」するまでに時間が掛かりました!そして、地元に帰ってき思ったのが「もっと早く決断すれば良かった!」ということ!転職するまでに最低3ヵ月以上はかかり、めんどくさがっていると「え?もうこんな歳?」と私みたいに後悔しますよ!
リクルートエージェントは私もUターン転職の時に使いましたが、会社員をやりながらでも業界No,1の求人紹介・転職サポートを無料で受けれるので「いつか地元に帰りたい!」と考えているならおすすめです!


※無料登録は2分ほどで完了しますよ!

この記事を書いてる人

溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi

   

1986年生まれ 33歳 札幌在住
8年間不動産・メーカー等の会社員として働き、3度の転職を経験。現在は札幌でフリーランスブロガーとして活動し、会社員時代に仕事選びに苦労した経験から「仕事・転職」に関する情報を「仕事・人生に悩む人」に向けて発信しています。

この記事の内容

Uターン転職にかかる費用は単身者40万円・家族60万円です。

さて、早速結論をお話して頂きますと単身者と家族世帯がUターン転職した場合、以下の費用が目安になります。

Uターン転職に掛かる費用目安
  • 単身者:約40万円程度
  • 家族世帯:約60万円程度

結構かかりますよね。

ただ、こちらはUターンする場所・暮らしのレベルなどによっても変動しますが、この金額を目安にしておけば一般的には問題ないです。

さて、このUターン転職に掛かる費用の内訳ですが、以下の5つの費用が掛ります。

  1. 現在の住まいの「退去費用」
  2. 次の住まいの「入居費用」
  3. 地元への引越し費用
  4. 転職活動に掛かる旅費交通費
  5. その他、新生活必需品

Uターン転職にかかる費用はこの5つの項目です。

この5つの費用について、さらに詳しくお話していきます。

1-1.現在の住まいの「退去費用」

さて、1つ目のUターン転職に掛かる費用は「退去費用」です。

退去費用については、あなたがその部屋に住んでいる年数や利用状況によって大きく変わってきます。

普通に住んでいるのであれば、「0円」でかつ敷金(家賃1~2ヵ月程度)が戻ってくるケースがほとんどです。

退去費用の内訳は以下の通りです。

  • 壁紙(クロス):6年以上住んでいるか?
  • 住宅設備:壊した設備はあるか?
  • 清掃料:入居前に払ったか?
  • 退去に関する特約:退去に関する特別な特約があるか?
  • 敷金の有無:敷金は入居時に預けた?

退去の際に一番問題になるのが「クロスの張替え」です。

ただ、クロスにも減価償却と言うものが存在し、減価償却は「6年」となっているのであなたがその部屋に6年以上住んでいるのか?と言うの一つの目安になります。

また、あなたが壁紙を故意・過失によって破いたりしていない場合は請求されるケースは少ないです。

【注意】退去特約が追記されているケースがあります。

一つ注意しないといけないのが、「退去に関する特約事項」です。

基本設定されていることは珍しいのですが、物件によっては退去特約が設定されているケースがあります。

具体的に私が実際に経験した退去特約は以下の通りです。

冬期間(11月~3月)までに退去した場合、家賃1ヵ月分を支払う

これは私が住んでいた札幌市の物件で設定されていた退去特約です。

このように、物件によっては退去特約が設定されている可能性もありますので、賃貸借契約書を一度確認しておく事をおすすめします。

1-2.Uターン転職先の住まいの「入居費用」

2つ目のUターン転職に掛かる費用は次の住まいの「入居費用」です。

入居費用に関わる項目は以下の通りです。

  1. 前家賃:1ヵ月分
  2. 仲介手数料:0.5~1ヵ月分
  3. 敷金:1~2ヵ月分
  4. 礼金:0~2ヵ月分
  5. 保証会社保証料:0.5~1ヵ月分
  6. 水回り消毒料:約1.5~2.0万円
  7. FF分解整備料:約1.0~2.0万円
  8. 火災保険料:約2.0万円
  9. 鍵交換費用:約1.0~1.5万円

入居費用については地域によって変動はしますが「家賃4~5ヵ月+5~6万円」と考えておけばOKです。

全国の家賃相場一覧

また、SUUMOの「全国家賃相場」をまとめてみると以下の通りです。

都道府県1K1LDK~2LDK~3LDK~
東京都(23区)8.00 万円11.97 万円15.45 万円19.16 万円
神奈川県(横浜市)6.04 万円8.39 万円10.12 万円11.79 万円
千葉県(市川市)5.90 万円7.90 万円9.40 万円10.80 万円
大阪府(大阪市)5.15 万円7.16 万円8.99 万円10.38 万円
埼玉県(さいたま市)5.31 万円6.96 万円8.20 万円9.25 万円
兵庫県(神戸市)5.00 万円6.73 万円8.10 万円9.40 万円
愛知県(名古屋市)4.94 万円6.73 万円8.16 万円9.29 万円
宮城県(仙台市)5.14 万円6.48 万円7.7 万円8.88 万円
福岡県(福岡市)4.21 万円5.73 万円7.31 万円8.77 万円
広島県(広島市)4.30 万円5.80 万円7.01 万円8.25 万円
北海道(札幌市)3.87 万円4.66 万円6.02 万円7.57 万円
参考:SUUMO全国賃料相場情報より

Uターン転職で地方に戻るメリットとして、家賃が下がることが上げられますよね。

具体的に単身者と家族世帯なら以下の金額を参考にすればOKです。

  • 単身者(5万円の部屋):初期費用は25万程度
  • 家族世帯(7万円の部屋):初期費用は33万円程度

Uターン転職の中で最も大きな費用が「次の住まいの入居費用」です。

1-3.地元への引越し費用

3つ目のUターン転職に掛かる費用は「地元への引越し費用」です。

ちなみに引越し費用は、以下の2つの要素によって金額が変動します。

  • 荷物の量
  • 移動する距離

引越し費用についてもSUUMOの「引越し費用相場」が参考になります。

単身
(荷物小)
単身
(荷物大)
2人家族3人家族4人家族5人家族以上
~200km未満
(同一地方程度)
平均
46,950円
平均
65,166円
平均
88,235円
平均
105,027円
平均
134,730円
平均
189,609円
~500km未満
(近隣地方程度)
平均
56,149円
平均
81,866円
平均
111,441円
平均
147,811円
平均
180,431円
平均
230,000円
500km以上
(遠距離地方)
平均
65,776円
平均
100,545円
平均
157,987円
平均
198,821円
平均
240,697円
平均
341,262円
引用:SUUMOより

引越し費用は上記の金額を参考にすればOKです。

ちなみに私がUターン転職で札幌に荷物を運んだ費用は、サカイ引越センターで約10万円でした。

  • 千葉県浦安市→北海道札幌市で約10万円
  • 単身者でベッド・冷蔵庫・テレビなどを運んだ
はじめのアイコン画像はじめ

引越し費用はなるべく安くしたいな…

このように考えているのであれば引越し業者一括比較サービス「引越し侍」を利用するのがおすすめです。

ただ、デメリットとして複数の業者から多くの電話がかかってきて、最初の業者からはすぐに「弊社で決めて欲しい!」とお願いされますが、ここはしっかりと検討しますと断りましょう。

少しその面は面倒な一括査定サービスですけど、一括で業者を比較出来て、一番安い引越し業者を見つけることができるのでおすすめのサービスの一つです。

1-4.Uターン転職活動にかかる旅費交通費

4つ目に掛かるUターン転職の費用が「転職活動に掛かる旅費交通費」です。

基本的にUターン転職では、最低1~2回は地元に帰る必要性が出てきます。

  • 採用面接(最終)を受ける時
  • 地元で部屋を探す時

現在は、WEB面接や遠隔地で面接を受けることが可能ではありますが、最終面接は面談でやる会社も珍しくないです。

ちなみにNHKの調査ではWEB面接を実施する企業が「9割」で、WEB面接のみで内定を出す企業が「4割」というデータも出ています。

参考:新型コロナで変わる就活 WEB面接のみで内定4割 NHK調査より

ただ、6割の企業は「WEB面接」以外に面談での面接をやるケースがまだまだあるので、転職活動に掛かる旅費交通費は掛かる可能性が高いです。

また、地元に部屋を決める場合も地元に戻って、内覧→契約をしないといけないので旅費交通費がかかります。

1-5.その他、新生活必需品

5つ目のUターン転職の費用は「新生活必需品」です。

全て今まで使っていたものを使い回す方にとっては、関係ありませんが新居に引っ越しをする場合、良い機会だと思って家具や家電を買い変える方も多いですよね。

なので、この部分の費用については人それぞれ異なりますが必要によって予算を組んでおきましょう。

【合計】Uターン転職に必要な予算

以上、Uターン転職に必要な予算を合計すると以下の通りです。

掛かる費用
退去費用0円
入居費用単身:25万円 / 家族:33万円
引越し費用単身:10万円 / 家族:20万円
旅費交通費単身:5万円 / 家族:7万円
その他新生活必需品
合計費用単身:40万円 / 家族:60万円

以上のことから、単身者で約40万円・家族世帯で約60万円ほどかかるということです。

ちなみに私は千葉から札幌にUターン転職して、最初実家に戻ったので費用は約15万円ほどでした。

また、私のUターン転職の体験談については以下の記事で詳しくお話ししていますのでこちらも合わせてご覧ください。

Uターン転職すると「生活費」が下がる可能性大!

はじめのアイコン画像はじめ

Uターン転職したら生活費が下がるって本当なの?

これは本当です。

事実、私はUターン転職して千葉→札幌にUターン転職しましたけど、本当に経済的に楽になりました!

首都圏よりも地方都市の方が家賃が安い

記事「Uターン転職のメリット・デメリット」に書いている通り、私たちの支出の中で最も大きな割合を占めているのが「家賃」です。

その家賃が首都圏よりも地方都市の方が家賃が安いので、Uターン転職すれば経済的にとても楽になります。

家賃駐車場代
千葉県浦安市7.0万円1.5万円
北海道札幌市5.5万円1.0万円
差額▲1.5万円▲0.5万円

私の場合ですが、家賃が「-2万円/月」になりました。

年間に換算すると「24万円」ですよ?Uターン転職するだけで、24万円も節約できるのはかなりでかいですよね。

また地方都市に住めばは家賃が安い上に、さらに部屋の広さや立地などのグレードの良い部屋に住むことができます。

  • 千葉県浦安市:1K(30㎡)駅徒歩15分
  • 北海道札幌市:1LDK(50㎡)駅徒歩7分

実際に私は上記の部屋に引っ越したわけですけど、家賃も下がった上に部屋のグレードは上がったので、Uターン転職して幸福度はかなりあがりましたよ。

このようにUターン転職すると首都圏よりも家賃が安いのはメリットです。

まとめ

今回は、Uターン転職にかかる費用について解説してきました。

  • 単身者:40万円
  • 家族世帯:60万円

上記の費用を目安に考えておけばOKですよ。

Uターン転職は住まいが変わる転職のため、一般転職よりは費用がかかってしまいますが、地元には地元の良さがありますので首都圏の生活が疲れた!と悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

悩んでるだけでは人生何も変わりませんが、ほんの小さな行動でより良い人生を歩むことはできますので是非行動してみてください。

「転職」で人生が大きく変わりました!

  • 転職したいのに行動していない人は読んでください
  • 行動しない人が損している「3つのコト」
  • 私が経験した転職で後悔した話も語っています!
  • 転職で家族との時間が溢れる人生になりました!
私はリクルートエージェントdodaで転職を成功させることができました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の内容
閉じる