MENU
Category
プロフィール背景画像
ツヨシ|溝口 剛の画像
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。

将来、親の介護をする!Uターン転職で彼女・家族と早めに地元に帰るべき4つの理由

はじめのアイコン画像はじめ

将来、親の介護をしたいから地元にUターン転職したいな…。
でも、彼女・家族がいるし…理解してもらえるかな…。

本記事は上記の悩みの方に向けて記事を書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web_local)です。

私は22歳の時に就職のため上京し、26歳の時Uターン転職をした経験を持っています。

現在は札幌でフリーランスブロガーとして活動しており、あの時Uターン転職をしてよかったと心から思っています。

さて、あなたも「将来、親の介護をしたい!または、彼女や家族と地元で暮らしたい!」と悩んでいましたか?

やっぱり、子育てや家の購入を考えた時に「地元でこれから暮らしたい」と思うのは自然な事だと思います。

事実、私もそうでしたからね。

なので、この記事では親の介護や彼女や家族と地元に帰って暮らしたいなら早めに決断して帰るべき4つの理由についてお話しています。

実際にUターン転職を経験談からお話しますので、Uターン転職を迷われている方には参考になる内容です。

0円で業界No,1の求人紹介と転職サポートが受けれます!

私は東京から26歳の時に地元に帰ってきましたが「決断」するまでに時間が掛かりました!そして、地元に帰ってき思ったのが「もっと早く決断すれば良かった!」ということ!転職するまでに最低3ヵ月以上はかかり、めんどくさがっていると「え?もうこんな歳?」と私みたいに後悔しますよ!
リクルートエージェントは私もUターン転職の時に使いましたが、会社員をやりながらでも業界No,1の求人紹介・転職サポートを無料で受けれるので「いつか地元に帰りたい!」と考えているならおすすめです!


※無料登録は2分ほどで完了しますよ!

この記事を書いてる人

溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi

   

1986年生まれ 33歳 札幌在住
8年間不動産・メーカー等の会社員として働き、3度の転職を経験。現在は札幌でフリーランスブロガーとして活動し、会社員時代に仕事選びに苦労した経験から「仕事・転職」に関する情報を「仕事・人生に悩む人」に向けて発信しています。

この記事の内容

1.将来、親の介護をする!Uターン転職で彼女・家族と早めに地元に帰るべき4つの理由

もし現在、あなたが以下のように悩んでいるのであれば私は早めにUターン転職を決断し、地元に帰った方が良いと考えています。

  • 将来、親の介護をしたいので地元に帰りたい。
  • 彼女や家族と地元で暮らしたい。
  • 東京で子育て・マイホーム購入が想像できない。

恐らく、Uターン転職を悩んでいる方ってこれらの動機がめっちゃ多いです。

事実、私も同じことを悩んでいました。

そして、上記の悩みを持っている方がなぜ、早めにUターン転職を決断し、帰った方が良いかと言うと理由は以下の4つです。

具体的に理由を一つずつ解説していきますね。

1-1.年齢が若い方がUターン転職での「仕事の選択肢」が多い

まず一つ目の理由が、年齢が若い方がUターン転職での仕事の選択肢が多くなるからです。

この点については、参考になる統計データもあって、dodaが2019年に調査した「転職成功者の年齢調査」がとても参考になります。

具体的には以下の通りです。

出典:dodaより

グラフを見て頂けるとわかる通り、転職が最も成功しやすいのは「年齢が若い時」と言うのは間違いないんです。

そして、年齢を重ねれば重ねるほど転職が厳しくなり、40代を超えると業界・企業によっては採用してくれないということもあります。

これはUターン転職にも共通しています。

はじめのアイコン画像はじめ

私の年齢じゃ良い仕事が全然ない!!
もっと早くUターン転職をすれば良かった!!

こんな風に後悔するのは嫌じゃないですか?

早めにUターン転職を決断して地元に帰ることがおすすめだという事です。

そして、Uターン転職は思った時が吉日です。だった、あなたにとって今が一番若い時なんですから。

Uターン転職のタイミングと年齢については以下の記事でさらに詳しくお話していますので、合わせてそちらもご覧ください。

1-2.給料・年収を下げずにUターン転職できる可能性が高まる

2つ目の理由は、年齢が若い方が給料・年収を下げずにUターン転職できる可能性が高まるからです。

この点についても、参考になるデータがマイナビ転職から出されていまして2014年に行われた「Uターン転職に関する実態調査」のなかの「Uターン転職後における年収の増減」と言うこうもこうです。

上記のグラフはマイナビ転職のアンケート「Uターン転職後における年収の増減」の項目を私がグラフ化したものです。

さらに年代別に「Uターン転職で収入の増減」をわかりやすく見ていくと以下の通りです。

着目してもらいたいのは「Uターン転職で年収が減少した割合」です。

見て頂けるとわかる通り、年齢が若い時にUターン転職をした方が「年収が減少する割合」が低いという事です。

つまり、Uターン転職の決断を渋り、年齢を重ねれば重ねるほどUターン転職で年収が下がる可能性が上がるという事です。

そうなると、

はじめのアイコン画像はじめ

年収が下がるなら、地元に帰るの辞めようかな…

年収が下がるなら地元に帰るのを辞め、東京で我慢して人生を送るという人が間違いなく一定数出てきます。

なので、年収を下げずにUターン転職を成功させるという意味でも、Uターン転職は早い方が良いということです。

1-3.地方都市の方が経済的には楽になるから

3つ目の理由は、地方都市の方が経済的に楽になるからという点です。

この点は「Uターン転職のメリット・デメリット」と言う記事でもお話させて頂いているのですが、地方都市(地元)の方が圧倒的に経済的に楽になります。

理由は、多くの方の支出で最も大きな割合を占めるのが「家賃」であり、地方に行けば「家賃」が下がる可能性が高いからです。

その根拠として、首都圏と主要な地方都市の家賃を比較すると以下の通りです。

※家賃相場については「SUUMOの全国の家賃相場情報」を参考にしています。

都道府県1K1LDK~2LDK~3LDK~
東京都(23区)8.00 万円11.97 万円15.45 万円19.16 万円
神奈川県(横浜市)6.04 万円8.39 万円10.12 万円11.79 万円
千葉県(市川市)5.90 万円7.90 万円9.40 万円10.80 万円
大阪府(大阪市)5.15 万円7.16 万円8.99 万円10.38 万円
埼玉県(さいたま市)5.31 万円6.96 万円8.20 万円9.25 万円
兵庫県(神戸市)5.00 万円6.73 万円8.10 万円9.40 万円
愛知県(名古屋市)4.94 万円6.73 万円8.16 万円9.29 万円
宮城県(仙台市)5.14 万円6.48 万円7.7 万円8.88 万円
福岡県(福岡市)4.21 万円5.73 万円7.31 万円8.77 万円
広島県(広島市)4.30 万円5.80 万円7.01 万円8.25 万円
北海道(札幌市)3.87 万円4.66 万円6.02 万円7.57 万円
参考:SUUMO全国賃料相場情報より

一覧表を見て頂くとわかる通り、地方に行けば安い家賃で部屋を借りる事が可能です。

事実、私は千葉県浦安市→札幌市にUターン転職することで毎月1.5万円家賃が下がり、かつ部屋のグレードは上がりました。

  • 浦安市:1K(約30㎡)7万円 駅徒歩15分
  • 札幌市:1LDK(約50㎡)5.5万円 駅徒歩7分

一般的に年齢が若い時の方がお金ないじゃないですか?

なので、Uターン転職をするだけで経済的に楽になり、幸福度も間違いなく上がりますよ。

1-4.出産・子育ての時は実家・親元の近くに住んでいると楽だから

4つ目の理由は、出産・子育ての時は実家・親元の近くに住んでいると楽だからです。

実際に私は現在結婚していて、今年第一子の息子が生まれたんですが、出産・子育ての時はマジで実家・親元の近くに住んでいると楽です。

この点については、奥さんのメリットだけと思われる方もいるかもしれませんが、旦那さん側にもメリットが大きいです。

  • 家事・洗濯を互いの親が助けてくれる
  • 家事が減ることで奥さんのストレスが減る
  • 奥さんの精神状態が安定する

奥さんは家事や洗濯などが楽になりストレスが減り、旦那さんは奥さんの精神状態が安定すれば良い夫婦関係を保つことが容易になりますよね。

※奥さん・旦那さんの両親と仲が悪く、逆にストレスになるという場合は除きますw

そして、事実問題として「親元から離れて場所で出産・子育て」をしていて悩んている方って結構多いんです。

育児中、実家が近い人がうらやましい…

現在第一子(6か月)の育児中です。
自分の実家は新幹線や飛行機を利用する距離、夫の実家は車で1時間半ほどです。
夫は平日は帰りが遅く、ほぼ一人で育てている状態です。

ちょっとしたことを手伝ってもらえること、また頻繁に祖父母に会ってかわいがってもらえることなど、
実家が近い人が大変うらやましくなります。

引用:発言小町より

特に子供が小さくて手がかかるうちは、奥さんの実家・又は旦那さんの実家の近くに住み、出産・子育てをサポートしてもらう事で奥さんと旦那さん、双方の幸福度が上がるのは間違いないです。

事実、私と妻は地元である札幌で出産から子育てできていることを本当に幸せに感じています。

2.「将来の親の介護のため」のUターン転職の「志望動機と面接対策」

はじめのアイコン画像はじめ

Uターン転職の転職活動で「将来、親の介護のため地元に帰ってきた!」って正直に言って良いの?

答えは簡単で、正直に言ってもOKです!

次にUターン転職での面接対策についてお話していきます。

ちなみに私はUターン転職にて内定3社貰うことができたので、この点についてもある程度信憑性は高い情報になっているはずです。

2-1.Uターン転職の「転職理由と志望動機」

まず、Uターン転職で一番悩ましいのが「転職理由と志望動機」です。

特に転職理由として、

  • 将来、親の介護のため帰郷しました
  • 地元に帰りたいから帰郷しました

と面接で話して良いのか?と悩む方がいるかもしれませんが、転職理由であればそのまま話してOKです。

ちなみに、私は「なぜ、地元(札幌)に戻ってきたのか?地元で働きたいのか?」と言う質問に以下のように答えています。

なぜ、地元で働きたいんですか?

東京で生活している中で、地元である札幌の良さを再認識し始めました。

そして、これから自分の人生を考えた時に地元である札幌で働きたいという思いが強くなったからです。

上記のようなイメージで「地元に帰る=マイナスな事」と捉えられるように答えてあげればOKです。

Uターン転職の志望動機に私情は挟まない

志望動機に関しては上記のような私情は挟んではいけません。

  • 親の介護をしたいので、地元にある貴社を志望しました
  • 地元に帰りたいと思っていたので、地元で活躍されている貴社を志望しました

わかると思いますが、帰ってきた私情を挟んだ志望動機にしてしまうと…

面接官のアイコン画像面接官

それ、弊社じゃなくても良いだろ…

その企業じゃないといけない理由にならないので、面接での受けは間違いなく悪くなります。

なので、志望動機に関しては私情は挟まずに「なぜ、貴社を志望したのか?」を答えることが大事です。

Uターン転職の履歴書・志望動機の書き方については以下の記事にまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください。

2-2.Uターン転職の面接対策

Uターン転職の面接対策についてですが、面接は「本音と建前」であることを理解し、「建前」で構成することが大事です。

「マイナスな理由をプラスに変換」して受け答えをするという事です。

例えば、地元に帰ってきたい本音は以下のものが多いですよね?

  • 満員電車が辛い
  • 通勤に1時間以上かかるのが無理
  • 通人に時間が掛かるので、早起きするのが辛い

私が首都圏→札幌に引っ越したいと思った理由の一部ですw

でも、これらを正直に話してしまうと面接官からあまりいい印象は間違いなく貰うことはできません。

なので、これらの「本音」ではなく、先ほどお話したような理由(建前)で受け答えする必要があるという事です。

Uターン転職の面接成功のコツについては、以下の記事にまとめていますのでこちらも合わせてご覧ください。

まとめ

今回は、将来、親の介護をしたい!と思っているならUターン転職で彼女・家族と早めに地元に帰るべき4つの理由について解説をしてきました。

彼女・家族と早めに地元に帰るべき理由
  • 親の介護をしたい!と思ったら早めにUターン転職するのがおすすめ!
  • 理由は若いうちの方が「仕事の選択肢が多く、年収も下げず」に戻れる可能性が高いから
  • 帰りたいと思っている人は、地方にUターンした方が幸福度は高まる

地元に帰って仕事があるのか?と色々と悩むかもしれませんが、まずはUターン転職におすすめの転職エージェントに登録なりして、行動をする事をおすすめします。

人生はちょっとの行動で好転しますが、行動しなければ今の人生は何も変わりませんので。

是非、参考にしてみてください。

「転職」で人生が大きく変わりました!

  • 転職したいのに行動していない人は読んでください
  • 行動しない人が損している「3つのコト」
  • 私が経験した転職で後悔した話も語っています!
  • 転職で家族との時間が溢れる人生になりました!
私はリクルートエージェントdodaで転職を成功させることができました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の内容
閉じる