MENU
Category
プロフィール背景画像
ツヨシ|溝口 剛の画像
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。

Uターン転職で実家に戻りたい…。実家で再スタートするのは全然ありです。

はじめのアイコン画像はじめ

都会での生活に疲れてしまって、正直今の生活が辛い…。
実家に戻りたいな…。

本記事は上記の悩みの方に向けて記事を書いています。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web_local)です。

私は26歳の時にUターン転職で実家に戻った経験を持っています。
現在は地元である札幌市でフリーランスブロガーとして活動している一児の父親です。

さて、あなたも首都圏又は実家から離れた地域での生活に悩み「実家に帰りたい…」と悩んでいましたか?

この記事では、Uターン転職で実家に戻りたいという方に向けて実家で再スタートするのは全然ありですよ!という内容のお話をしていきます。

現在、実家に戻りたいと悩んでいる方は是非ご覧ください。

0円で業界No,1の求人紹介と転職サポートが受けれます!

私は東京から26歳の時に地元に帰ってきましたが「決断」するまでに時間が掛かりました!そして、地元に帰ってき思ったのが「もっと早く決断すれば良かった!」ということ!転職するまでに最低3ヵ月以上はかかり、めんどくさがっていると「え?もうこんな歳?」と私みたいに後悔しますよ!
リクルートエージェントは私もUターン転職の時に使いましたが、会社員をやりながらでも業界No,1の求人紹介・転職サポートを無料で受けれるので「いつか地元に帰りたい!」と考えているならおすすめです!


※無料登録は2分ほどで完了しますよ!

この記事を書いてる人

溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi

   

1986年生まれ 33歳 札幌在住
8年間不動産・メーカー等の会社員として働き、3度の転職を経験。現在は札幌でフリーランスブロガーとして活動し、会社員時代に仕事選びに苦労した経験から「仕事・転職」に関する情報を「仕事・人生に悩む人」に向けて発信しています。

この記事の内容

1.Uターン転職で実家に戻りたい…実家で再スタートするのは全然ありです。

先日、Yahoo!知恵袋でこんな投稿を見つけました。

実家に帰りたくてUターン転職をされた方

私は今年、実家から遠方に就職をしたものです。

実家は九州で、今の場所は、実家まで丸一日かかるような距離です。ホームシックでとても精神的につらいです。

地元へUターン転職をされた方などご意見をお伺いしたいです。

引用:Yahoo!知恵袋より

Uターン転職で実家に戻ることに対して様々な意見があると思いますが、

私は実家に戻りたい!と考えているなら全然戻れば良いし、実家で再スタートすればよいだけだと感じています。

1-1.首都圏での生活・仕事が辛いなら辞めよう!

そもそも、首都圏での生活・仕事が辛いなら辞めれば良いです。

理由は首都圏での生活が全てではないし、辛い思いをしてその環境で仕事をする意味がないからです。

  • ホームシックで精神的に辛い
  • 首都圏の生活に孤独を感じている
  • 仕事もプライベートも楽しくない

こんな状態で人生歩んで至って楽しくないですよね?

なので、首都圏での生活・仕事が辛いならマジで辞めた方が良いです。

はじめのアイコン画像はじめ

でも、今と同じような仕事が就けるかな?
Uターン転職したら年収は下がるんだよね?

このように思う方もいるかもしれませんが、逆にやりたい仕事はできているけど、首都圏での辛いと感じるような生活をしていて幸せでしょうか?

現にもしあなたが本当にやりたい仕事をやっているのであれば、Uターン転職で地元に帰りたい!とはなっていないはずですよね。

なので、首都圏での生活・仕事が辛いと感じているなら辞めて、Uターン転職するというのも一つの方法です。

1-2.現在の仕事を辞め、実家に戻っても人生が終わるわけではない。

はじめのアイコン画像はじめ

現在の仕事を辞めて、実家に戻っても仕事はあるかな…。
人生が不安です…。

大丈夫。現在の仕事を辞めて、実家に戻ったとしても人生終わるわけではないですし、仕事だけが人生ではありません。

もし人生において「仕事」を最重要と考えているなら、Uターン転職して自分のやりたい仕事に就けなかったとき後悔する可能性もありますが、

恐らくUターン転職を考えている時点で、人生で重きを置いているのは「仕事」ではないはずです。

事実、私は東京のとある不動産会社で働いていて、26歳の時に会社を辞め、札幌に戻ってきたわけですけど、

そのあと、本当に自分がやりたかった仕事に就けたわけでもありません。

でもね、首都圏で生活していた時よりも生活も経済的にも楽になり、Uターン転職したことを後悔したことは一度もありませんよ。

1-3.実家から再スタートすれば良い!

はじめのアイコン画像はじめ

仕事を辞めて、実家に戻るって「負けた」気分がするし…

私も仕事を辞めて実家に戻ることが「負けた」、「恥ずかしい」と思っていた一人です。

何に負けたのかわかりませんけど、なんか「実家に帰る」って負けた感じしていました。

でもね、人生長いんですから失敗もするだろうし、実家に戻って再スタートすれば良いんですよ!

負けたと感じているなら、実家から通える仕事を探して、地元で働けば良いんです!

首都圏で働いている人が凄くて、地元で働いている人が負けなんてことは決してありませんよ。

私は26歳の時に札幌にUターン転職をして、会社員として働いていました。

そして、現在は札幌の田舎でフリーランスブロガーとして活動して、この記事を書いていますが、収入は会社員時代の5倍稼げるようになりました。

収入は増え、田舎なので支出が安いので逆に今では「田舎暮らし」を多くの人に提唱していますのでw

なので、もしあなたが現在首都圏での生活・仕事が辛いと感じているなら、Uターン転職して実家戻るのも一つの方法エスよ。

2.Uターン転職で実家に戻ったその先が大事です。

Uターン転職で実家に戻ることはとても賛成ですが、正直実家に戻った先が大事です。

2-1.実家に戻って「自分の人生」を考えよう!

まずやって欲しいのが実家に戻り、「自分の人生」を考えよう!という事です。

なぜなら、首都圏で生活している時は仕事や生活に追われ、自分の人生について考える時間なんてほとんどないですよね。

でも、実家に戻れば家事をしなくて良い分、時間的余裕も出てくるし、経済的にも一人暮らしの時より圧倒的に楽になります。

なので、実家に戻って「自分はこれからどう生きていきたいのか?」を考えてみてください。

私は一度札幌の実家に戻り、会社員として働きながらその後一人暮らしをして、会社員として生きるのは嫌だなと思ったのでフリーランスとして生きる事を決めました。

恐らく私は実家に戻り「自分の人生」について考えていなければ、今の自分はなかったかなと思います。

なので、Uターン転職で実家に戻ったら「自分の人生」を考えて、理想の人生になるように行動していくことをおすすめします。

2-2.Uターン転職におすすめの転職エージェント4選

はじめのアイコン画像はじめ

Uターン転職におすすめの転職エージェントってどれなの?

Uターン転職で実家に戻りたいと考えているのであれば、以下の転職エージェントがおすすめです。

[ おすすめの転職エージェント
  1. リクルートエージェント ※業界実績No,1の転職エージェント。登録必須。
  2. doda ※業界最大手の転職エージェント。地方にも強い。
  3. マイナビエージェント ※20代・第二新卒の転職に強いエージェント。
  4. パソナキャリア ※利用者の評判が良い。オリコン顧客満足度でNo,1を獲得。

これらの転職エージェントは、地方の求人にも強いのであなたの地元での転職にも間違いなく役立ちますよ。

ちなみに私はリクルートエージェントとdodaでUターン転職をしました。

また、Uターン転職におすすめの転職エージェントの詳細については以下の記事でさらに詳しくお話していますので合わせてご覧ください。

まとめ

今回はUターン転職で実家に戻りたいなら、実家から再スタートすれば良いというお話をさせて頂きました。

本記事のまとめ
  • 現在の生活・仕事が辛いなら辞めれば良い
  • 仕事を辞め、実家に戻っても人生終わりではない
  • 実家から再スタートすれば良い

仕事を辞めて、実家に帰っても人生終わりではないですよ。

これを読んでくれているあなたが本当に辛いと感じているなら、まずは地元に求人・仕事があるのか調べてみてください。

辛い人生を変えるのは少しの行動です。

「転職」で人生が大きく変わりました!

  • 転職したいのに行動していない人は読んでください
  • 行動しない人が損している「3つのコト」
  • 私が経験した転職で後悔した話も語っています!
  • 転職で家族との時間が溢れる人生になりました!
私はリクルートエージェントdodaで転職を成功させることができました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の内容
閉じる