Uターン転職の面接成功のコツ。この質問は面接で答えれるようにしよう!

はじめ

Uターン転職の面接で地元に帰りたい気持ちを素直に話していいのかな…?Uターン転職の面接対策が知りたい。

本記事は上記の悩みの方に向けて記事を書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

私は26歳の時にUターン転職で地元である札幌に戻ってきた経験を持っています。

そして、Uターン転職活動の面接を複数社経験し、内定も3社貰うことができました。

さて、あなたも「Uターン転職したいけど面接をどう切り抜けていいのかわからない…」と悩んでいましたか?

「東京の生活が疲れた!仕事中心の人生が無理!」なんて言ったもんならほとんどの面接で落とされてしまいますよねw

この記事では、実際にUターン転職で3社の内定を貰った事がある私がUターン転職の面接対策・高確率で質問されれる内容についてお話していきます。

これからUターン転職をしたい方、面接が苦手な方は是非参考にしてみてください。

この記事の内容

1.Uターン転職の面接成功のコツ。この質問は面接で答えれるようにしよう!

さて、Uターン転職でほぼ確実に聞かれる重要な質問事項は以下の3つです。

Uターン転職でよく聞かれる質問
  1. なぜ、地元で働きたいのか?
  2. なぜ、弊社で働きたいのか?
  3. どのように弊社で活躍できるのか?

一般的な転職と聞かれる質問は大きく変わりませんが、Uターン転職で聞かれる特徴的な質問は、

「なぜ、地元で働きたいのか?」

という点です。

具体的に一つずつこれらの質問に対する回答を解説していきます。

※もちろん、面接での受け答えに正解はありません。私がUターン転職での経験からお話していきます。

1-1.なぜ、地元で働きたいのか?

なぜ、地元で働きたいんですか?

東京で生活している中で、地元である札幌の良さを再認識し始めました。

そして、これから自分の人生を考えた時に地元である札幌で働きたいという思いが強くなったからです。

「なぜ、地元で働きたいのか?」と言う質問はUターン転職であれば間違いなく聞かれる質問の一つです。

私は面接で上記のように回答してきましたが、特別悪い印象を持たれるということはありませんでした。

重要な事は…「地元に帰る=マイナスな事」と捉えられないように回答するのが大事です。

1-1-1.地元に帰りたくなった理由を素直に話して良いのか?

はじめ

地元に帰りたくなった理由を正直に話して良いの?

Uターン転職の面接の悩みとして、地元に帰りたくなった本当の理由を話して良いのか?と悩む方もいるかもしれませんが、

答えはNOです。

面接は「本音と建前」であり、「建前」で喋らないといけないからです。

例えば、私がUターン転職・地元に帰ろうと思った本当の理由は以下の通りです。

  • 満員電車に乗りたくない
  • 1時間もかかる通勤時間が無理。早起きキツイ
  • 職場と自宅の行き来の人生が無理
  • ワークライフバランスが整った生活がしたい

上記のような理由を面接で話したら面接官からはどのような印象を持たれると思いますか?

恐らく…

こいつ、社会をなめてるな…。即不採用だ!!

と思われる可能性が99%だと思いますw

面接は「本音と建前」なので、地元に帰りたい本当のマイナスの理由をマイナスのまま伝えるのはNGです。

マイナスの理由を「プラスの理由に変換」して答えることが大事です。

なので、地元に帰りたくなった理由を素直に話してはいけません。

1-2.なぜ、弊社で働きたいのか?

なぜ、弊社で働きたい(志望された)のですか?

貴社は担当者一人当たりの担当物件が10件程度と他社の管理会社に比べて少ないと聞いております。

貴社のように物件1件1件を担当者が責任を持ち、しっかりと向き合う貴社の管理体制に魅力を感じました。

上記は私が札幌で某不動産管理会社の面接の時に言った内容です。

「なぜ、弊社で働きたいのか?」という質問は転職の採用面接で聞かれる定番の質問です。

いわゆる志望動機と言うやつですね。

ポイントは以下の2つを意識してあげればOKです。

  • 業界を徹底的に調べて、他社との違いを盛り込む
  • 他社との違いの中で「魅力」に感じた部分を盛り込む

私は過去3回の転職経験があり、結構な数の面接を受けてきましたが、志望動機はこの2つに尽きると感じています。

この2つを徹底してあげる事によって、「その会社でなければならない理由」になるのでおすすめです。

1-2-1.「経営理念に共感しました!」はおすすめしません。

「経営理念に共感しました!!!」

を志望動機にする方もいると思いますが、個人的にはおすすめしません。

なぜなら、企業調査していないことが面接官にバレバレだからです。

まだ、年齢が若い第二新卒くらいなら通用する場合もあるかもしれませんが、20代後半でのUターン転職なら間違いなく「経営理念に共感しました!」を志望動機にしてはいけません。

1-2-2.志望動機も「本音」は話してはいけない。

先程、面接は「本音と建前」だとお話しましたが、志望動機でも「本音」はもちろん話すことはNGです。

例えば、私の本当の志望動機は…

  • 給料が自分の希望とマッチしていたから
  • 土日休みが魅力的だったから
  • 営業はもうこりごりだと思っていたから

私が企業を志望する時の本当の動機なんてこんな感じでしたw

もし、これを面接の時に行ったら…

こいつ、マジ社会舐めてんな…。殴りて~…。

恐らくこのように思われますw

面接は「本音と建前」です。マイナスな動機は、プラスな動機に変換、時には言い換える事が大事です。

1-3.どのように弊社で活躍できるのか?

あなたは、弊社でどんな活躍をしてくれますか?

私は前職で不動産営業に従事しており、宅地建物取引とファイナンシャルプランナーの資格・知識を持っております。

不動産管理業は未経験ではありますが、これまで培ってきた不動産に関する知識と営業経験は管理組合様への修繕提案や入居者様同士のトラブル対応に活かせると考えております。

上記も私が札幌で不動産管理会社の面接を受けた時に答えた内容です。

「弊社でどんな活躍ができるのか?」と言う質問も定番中の定番です。

ポイントはここも2つです。

  • まずこれまでの自分自身の経験やスキルをアピールする
  • その経験やスキルがその企業でどのように活かせるのか「具体的」にアピール

これは「自己PR」も同じ構図です。

そして、どのように活かせるのか?を「具体的」にアピールするのがミソです。

上記の2つのポイントを満たせば、活躍のビジョンを面接官にしっかりと伝える事が可能です。

2.Uターン転職の面接は「本音と建前」を理解し使い分ける。

先ほどもお話した通り「本音と建前」を理解し、言葉を使い分ける事がとても大事です。

なぜなら、面接で聞かれる質問の本音は「マイナス」な事がほとんどだからです。

マイナスな本音をそのまま言ってしまっては、面接官の印象を下げる可能性は高いからです。

2-1.質問に対する「マイナスな理由をプラスに変換」して伝える

繰り返しにはなりますが、面接の質問に対する「マイナスな理由をプラスに変換する」のは面接を通過するコツとしてとても大事な事です。

記事前半でもお話した質問に対する回答は全て「プラスな理由」に変換していましたよね。

他にも、「なぜ前職を辞めようと思ったのですか?」もUターン転職の面接で定番の質問です。

私の仕事を辞めようと思った理由というのは…

  • 営業ノルマに追われるのが辛かった
  • 上司とウマが合わなかった
  • 給料が安くて満足いっていなかった
  • 残業や休みなど労働環境に不満があった

正直に「辞めようと思った理由」を話すとこんな感じですw

このように面接での質問に対して「本音(マイナスな理由)」を素直に話していては、面接を通過する可能性は限りなく低くなります。

なので、Uターン転職での面接でも「マイナスな理由をプラスに変換」するように心がけましょう。

2-2.受け答えの「具体性」がとても重要

2つ目のコツは、受け答えの「具体性」がとても重要だという事です。

例えば、記事前半でお話した「あなたは弊社でどんな活躍をしてくれるのか?」という自己PRを聞かれている質問で解説します。

  • 学生時代、体育会系に属していたので気合と根性がありますので粘り強く頑張ります!!
  • これまで培ってきた不動産に関する知識と営業経験は「管理組合様への修繕提案や入居者様同士のトラブル対応」に活かせると考えております。

具体的に受け答えをする事で「説得力」が生まれます。

そして、受け答えに説得力を持たせることができば、面接官の印象は間違いなく上がるので面接通過のコツとなります。

抽象的な回答で許されるのは第二新卒くらいまでですよ。

もちろん、第二新卒であっても具体的に受け答えできた方が良いですけど。

なので、Uターン転職の面接の受け答えでも「具体性」を意識するのがコツです。

まとめ

今回はUターン転職の面接成功のコツについてお話してきました。

総括すると、Uターン転職の面接でよく聞かれる以下の質問に対してちゃんと対策をしてあげる事が成功のコツです。

Uターン転職の面接でよく聞かれる質問
  1. なぜ、地元で働きたいのか?
  2. なぜ、弊社で働きたいのか?
  3. どのように弊社で活躍できるのか?

Uターン転職を検討している方、面接を受けられる方は是非参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

この記事の内容
閉じる