MENU
Category
プロフィール背景画像
ツヨシ|溝口 剛の画像
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。

「地元に帰りたい」と思ったあなたへ。地元で豊かに暮らす人生もいいですよ。

はじめのアイコン画像はじめ

地元に帰りたい…。

実際に以下のように「地元へ帰りたい」と悩む方が多くいるのは事実です。

地元に帰りたい。

地元から遠いところに就職して今は一人暮らしをしています。

地元にいたときは一人暮らしが楽しみで早く独り立ちしたいとがんがえていましたが、こっちに来てからはずっと帰ることしか考えていません。

引用:Yahoo!知恵袋より
ツヨシのアイコン画像ツヨシ

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web_local)です。

私は22歳に上京し、26歳の時に地元に戻り、現在は家族三人で地元である札幌で楽しく暮らしています。

さて、あなたも期待と不安で上京し、いざ暮らしてみると「地元に帰りたい…」と感じていたのではないでしょうか?

実際に私も東京の住みにくさを感じて、26歳の時に地元の札幌に帰ってしまいました。

そして、恐らくモヤモヤした気持ちを解消したいと思い、ネットで情報収集をしているのかと思いますが、ネットには実体験者の声が意外と落ちていないんですよね。

なので、この記事では実際に東京での暮らしに疲れ果て、そして地元に帰ることで現在楽しく暮らすことができている私の意見「地元に帰り、豊かに暮らす人生もいいですよ。」というお話をさせて頂ければと思います。

この記事を読めば、あなたの「地元へ帰りたい」というモヤモヤした悩みから、そういった生き方もあるんだという気づきを得られると思います。

0円で業界No,1の求人紹介と転職サポートが受けれます!

私は東京から26歳の時に地元に帰ってきましたが「決断」するまでに時間が掛かりました!そして、地元に帰ってき思ったのが「もっと早く決断すれば良かった!」ということ!転職するまでに最低3ヵ月以上はかかり、めんどくさがっていると「え?もうこんな歳?」と私みたいに後悔しますよ!
リクルートエージェントは私もUターン転職の時に使いましたが、会社員をやりながらでも業界No,1の求人紹介・転職サポートを無料で受けれるので「いつか地元に帰りたい!」と考えているならおすすめです!


※無料登録は2分ほどで完了しますよ!

この記事を書いてる人

溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi

   

1986年生まれ 33歳 札幌在住
8年間不動産・メーカー等の会社員として働き、3度の転職を経験。現在は札幌でフリーランスブロガーとして活動し、会社員時代に仕事選びに苦労した経験から「仕事・転職」に関する情報を「仕事・人生に悩む人」に向けて発信しています。

この記事の内容

1.「地元に帰りたい」と思ったあなたへ。地元に帰るデメリットなんて大したことないですよ。

まず、「地元に帰りたい」と思っているあなたに言いたいことは、地元で豊かに暮らす人生もめっちゃ良いですよ!という事です。

でも、こういう事を言うと地元に帰ることによるデメリットについて悩む方も多いですよね。

地元に帰ることのデメリット・よくある悩み
  • 地元に帰っても仕事ってあるの?
  • 地元に帰ると年収が下がるんじゃないの?
  • 地元に帰るってなんか「負けた感」がある…

私は「東京→札幌」という地方都市に移住しましたが、地元に帰ることのデメリットなんてぶっちゃけ大したことないです。

まず初めに地元に帰るデメリットについて私の経験を基に解説していきます。

1-1.地元に帰っても仕事ってあるの?

地元に帰っても仕事ってあるの?

という悩みで、確かに地元(地方都市)は首都圏と比較する選べる「仕事」が少ないというデメリットがあります。

でも、あなた自身に「絶対やりたい仕事」ってありますか?

ちなみに、私にはなかったですw

  • 労働環境もきつくなくて
  • 休日もしっかりあって
  • そこそこの給料がもらえれば良い

私の仕事選びの基準ってこんな感じでしたw

恐らくですが、多くの方は「絶対にやりたい仕事」を持っていることの方が少なくて、あなたもそうなんじゃないですか?

こんな感じの考えであれば地元に帰っても、あなたが良いと思える仕事は間違いなくあります。

そして、何より「仕事」を第一優先に考えている方であれば間違いなく「地元に帰りたい」とは悩んでいませんので…。

つまり、あなたは人生において「仕事」よりも「別の何か?」を重視しているので仕事の重要度は必ずしも高くないという事です。

1-2.地元に帰ると年収が下がるんじゃないの?

はじめのアイコン画像はじめ

地元に帰ると年収が下がるんじゃないの?

これもねよくある悩みで、私も地元に帰る前は同じ事を思っていました。

確かに地元の企業に転職して、年収が下がってしまうというケースがあります。

事実、Uターン転職の年収の増減についてはマイナビでアンケート調査が行われております。

20代の年収の増減

31%
増加
27%
変化なし
42%
減少

30代(前半)の年収の増減

28%
増加
20%
変化なし
52%
減少

30代(後半)の年収の増減

26%
増加
14%
変化なし
60%
減少

上記を見ればわかる通り、Uターン転職で年収が下がったと回答した割合は約40~60%いることがわかります。

さらに、年齢を重ねれば重ねるほど、年収が下がる確率が上がっているのもデータを見ればわかります。

一般転職でも全体の30%は「年収が下がっている」

しかし、一般転職であったとしても転職者の全体の1/3は「年収が下がっている」と言う事実があります。

この根拠は日経キャリアが行った「転職後の年収変化」のアンケート結果を見れば一目瞭然です。

一般転職の「転職後の年収変化」

40%
増加
30%
変化なし
30%
減少

確かにUターン転職の方が年収が下がる確率は高くなっているのは事実ですが、一般転職でも年収が下がります。

なので、地元に帰ったら年収が下がるのではなく、年収が下がる原因は年齢やあなた自身のスキルが大きく起因しているという事です。

ちなみに、Uターン転職で年収は下がるのか?については以下の記事でさらに深堀解説していますのでこちらも合わせてご覧ください。

1-3.地元に帰るってなんか「負けた感」がある…

はじめのアイコン画像はじめ

せっかく上京したのに、今更地元に帰ったら負けた感がある…

これもよくある悩みで、私も同じ事思っていたんですよね…w

東京にいながら「地元に帰りたい!」とは思いつつも、せっかく上京したのに今更地元に帰ると友人たちからマイナスに思われるとか負けたと感じるから行動に移せない…と思っている人は絶対に多いですよね!

でも、東京したら「勝ち」地元に帰ったら「負け」なんてことは間違いなくないです。

そもそも、人生において勝ち負けが存在しているなら、是非とも私に教えて欲しいものです。

  • そんな周りからの評価を気にして東京で「辛い人生を送る」
  • 周りの評価を無視して地元で「楽しい人生を送る」

あなたはどちらの人生を歩みたいですか?

一番重視すべきは他人にどう思われるかじゃなく、自分がどうしたいのか?どんな人生を送りたいのか?という事です。

他人の評価を気にしてばかりいると間違いなく人生、不幸になりますよ。

2.地元に帰って私が感じた3つのメリット。

冒頭にもお話しした通り、私は22歳に上京し、26歳に地元に帰ってきた経験を持っております。

なので、次に私が地元に帰ってきて実際に感じた3つのメリットについてご紹介します。

具体的には以下の通りです。

地元に帰ってきて私が感じたメリット
  1. 経済的に豊かになった
  2. 通勤時間が減り、自分の時間が増えた
  3. 仕事中心の生活じゃなくなった

2-1.経済的に豊かになった

まず私の場合、地元に帰ってきて経済的に豊かになりました!

はじめのアイコン画像はじめ

え?地元に帰って、年収下がらなかったの?

と思う方も多いかもしれませんが、手元に残るお金も増えました!

なぜなら、Uターン転職で年収が上がったのに加えて、家賃などの支出が下がったからです!

まず、私は地元に帰ってきた初年度は実家に住んでいたので家賃は0円でした。

翌年には、一人暮らしを始めたのですが家賃は東京に住んでいた時よりも約3万円ほど下がったんですよね。

地元に帰ると「家賃」は安くなり、これが本当に大きなメリットだなと感じました!

実際に首都圏と地方都市の家賃相場を比較してみると以下の通りです。

都道府県1K1LDK~2LDK~3LDK~
東京都(23区)8.00 万円11.97 万円15.45 万円19.16 万円
神奈川県(横浜市)6.04 万円8.39 万円10.12 万円11.79 万円
千葉県(市川市)5.90 万円7.90 万円9.40 万円10.80 万円
大阪府(大阪市)5.15 万円7.16 万円8.99 万円10.38 万円
埼玉県(さいたま市)5.31 万円6.96 万円8.20 万円9.25 万円
兵庫県(神戸市)5.00 万円6.73 万円8.10 万円9.40 万円
愛知県(名古屋市)4.94 万円6.73 万円8.16 万円9.29 万円
宮城県(仙台市)5.14 万円6.48 万円7.7 万円8.88 万円
福岡県(福岡市)4.21 万円5.73 万円7.31 万円8.77 万円
広島県(広島市)4.30 万円5.80 万円7.01 万円8.25 万円
北海道(札幌市)3.87 万円4.66 万円6.02 万円7.57 万円
参考:SUUMO全国賃料相場情報より

私の地元である札幌を見てください。

東京の家賃と比較すると、1/2〜1/3ですよ。

それでいて、私の場合年収は東京の時よりも上がり、支出が下がったので圧倒的に経済的に豊かになったというわけです。

これが地元に帰る最大のメリットだなと感じています。

2-2.通勤時間が減り、自分の時間が増えた

2つ目のメリットは、通勤時間が減って、自分の時間が増えた点です。

実際に私の札幌と東京での通勤時間を比較すると以下の通りです。

  • 東京時代:往復120分
  • 札幌時代:往復40分

毎日80分もの自分の時間が増えました。年間にすると約400時間(16日分)です!

かなり大きくないですか!?

また、総務省が発表している通勤時間の統計図を見てみても以下のようなデータが出ています。

首都圏は真っ赤で片道40分以上が平均値となっていますよね。

つまり、地方都市の地元に帰ることで通勤時間が短くなり、それにより自分の自由な時間・家族との時間が増えるのはメリットです!

2-3.仕事中心の人生じゃなくなった

3つ目のメリットは、仕事中心の人生じゃなくなったことです。

私が東京で働いていた時は、勤務時間も長いし、通勤時間も2時間もかかるので毎日自宅と職場を行き来するだけの人生でした。

しかも、職場にも基本「仕事人間」の上司しかいなかったので、仕事を休む!ということがなかなかできない雰囲気で東京では仕事中心の人生を送っていました…。

しかし、札幌の不動産管理会社に転職したんですけど、東京の会社とは全く雰囲気も違って「仕事人間」がほとんどいなかったんですよ!

みんな、家族との時間を大事にしていて、代休とか有給とか使っていたので私もとても休みが撮りやすい環境でしたし、ほぼ毎日定時上がりでした!!w

もちろん、この点については転職する会社の風土・雰囲気によりますけど、地方都市の企業はワークライフバランスが整っているところが多いと感じています!

なので、仕事中心の人生じゃなくなったことも地元に帰って感じたメリットです!

3.地元に帰る判断は「街と会社、嫌なのはどっち?」

はじめのアイコン画像はじめ

やっぱり、地元に帰る決意がつかない…

それでもなかなか地元に帰る決意がつかない方も多いと思います。

もし、あなたが全く同じ風に悩んでいるのであれば、以下の点を考え、それを改善するために動けばOKです!

  • 「街(環境)」が嫌なのか?⇒地元に帰るべき
  • 「会社(仕事)」が嫌なのか?⇒会社を変えるだけで良い

という答えが導きだせるからです。

3-1.今住む「街(環境)」が嫌なのか?

例えば、以下の悩みを持っているなら今住んでいる「街(環境)」に不満を持っている可能性は高いです。

  • 休日に遊びに行っても人混みが苦痛
  • 毎朝の満員電車が苦痛
  • 将来、この街で子育てしたいと思わない
  • 周りに友人がいなくて孤独を感じる

これらは実際に私が東京に住んていた時に思っていた事です!

私は東京という街が正直あまり合わなかったんですよね。

なので、過去の私と同じように「街(環境)」が嫌だと思っているなら、間違いなく地元に帰る方が人生は幸せですよ。

3-2.それとも「会社(仕事)」が嫌なのか?

次に「会社が嫌」という具体的な悩みは以下の通りです。

  • 年収・給料が低いのが不満
  • 現在の会社の人間関係が嫌だ
  • 現在の仕事に興味・やりがいを感じない

上記の悩みの場合、地元に帰るというよりも「会社を変える・転職する」と言うのが行動が正解です。

3-3.仕事を第一に考えた人生にしたいのか?

最後にあなたは「仕事を第一」に考えた人生を送りたいのか?を考えてみてください。

地元に帰り、会社員でいる以上は「仕事」で妥協しないといけないことが出てくる可能性が高いです。

  • 会社規模
  • 仕事内容
  • 給料・年収

もちろん、地元に帰っても自分のやりたい仕事・待遇を受けれる可能性もありますが、それは全ての人ではないです。

もし、あなたが「仕事を第一」に考えているのであれば「地元の生活」は合っていないかもしれません。

逆に私と同じように「仕事」よりも「自分の時間・趣味」など、仕事はそこそこで人生をゆったり、自分の好きなように生きたいと考えているのであれば、地元に帰ることを強くおすすめできます。

地元には、都会にはない「時間的ゆとり」と「精神的ゆとり」があります。

なので、決断が付かな人は「仕事を第一の人生を送りたいのか?そうでないのか?」を考えてみてください。

まとめ

今回は「地元に帰りたい」という悩みに対して私なりの考えをお話させて頂きました。

地元に帰ることに対して迷われている方もいるかもですが、地元に帰るデメリットなんて本当に対したことないです。

本記事のまとめ
  • 地元に帰っても仕事ってあるの?
    • 地元にも仕事はあるよ!そもそも、仕事第一優先なら都会にいるべき!
  • 地元に帰ると年収が下がるんじゃないの?
    • 一般転職で30%は下がってる!年収が下がる原因はあなたのキャリアと年齢が起因する!
  • 地元に帰るってなんか「負けた感」がある…
    • 人生に勝ち負けなんてない!あるなら教えて教えて下さい!w

ちなみに、私は22歳で上京し、26歳の時に地元である札幌に帰ってきました。

既に地元に帰ってきて8年が経とうとしています。

後悔なんて1mmもないし、人混みもないし、地元で子育てをできていることが何より幸せです。

2~3年後にはさらに郊外に移り住んで、もっとスローライフを送ろうと考えております。

地元に帰りたいと悩んでいる方は参考にしてみてください。

「転職」で人生が大きく変わりました!

  • 転職したいのに行動していない人は読んでください
  • 行動しない人が損している「3つのコト」
  • 私が経験した転職で後悔した話も語っています!
  • 転職で家族との時間が溢れる人生になりました!
私はリクルートエージェントdodaで転職を成功させることができました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の内容
閉じる