≫LINEにてブログ無料相談OKです。

WordPress Gutenbergのデフォルトブロックが 「Classic Paragraph」の時の対処法

https://24shi-web.com/wp-content/uploads/2020/03/hajime05.png
はじめ

WordPress Gutenbergのデフォルトブロックが「Classic Paragraph」になっているんだけど何で!?

本記事は、上記のような悩みの方に向けて記事を書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

WordPress歴は3年で、現在はブロガーとして活動し、アフィリ収益のみで生計を立てています。

さて、私はWordPress Gutenbergを使っていて「デフォルトブロックがClassic Paragraphになっている…」と気づいた一人です。

改行するたびに「Classic Paragraph」ブロックが追加されるのでめちゃ使いづらいんです。

この記事では、デフォルトブロック「Classic Paragraph」→「段落ブロック」にする方法を知ることができますよ。

1.WordPress Gutenbergのデフォルトブロックが 「Classic Paragraph」の時の対処法

さて、早速ですWordPress Gutenbergのデフォルトブロックが「Classic Paragraph(クラシック)」になっている原因は、

プラグイン「TinyMCE Advanced」の設定です。

なので「TinyMCE Advanced」の設定を変更してあげれば、デフォルトブロックを「段落」に戻すことができますよ。

具体的な設定の変更方法は以下の通りです。

設定の変更方法
  1. 「設定→TinyMCE Advanced」を選択
  2. 高度なオプションの設定を確認
  3. デフォルトブロックが「段落」になれば完了

1-1.「設定→TinyMCE Advanced」を選択

まずは、TinyMCE Advancedの設定画面を開きます。

左側のメニューから「設定→TinyMCE Advanced」を選択します。

1-2.高度なオプションの設定を確認

次にTinyMCE Advancedの設定画面が表示されたら、画面を下の方にスクロールし、「高度なオプション」を確認します。

すると、「Make the Classic Paragraph or Classic block the default block (hybrid mode)」というチェック項目があります。

翻訳すると「Classic ParagraphまたはClassicブロックをデフォルトブロックにします」ということ。

これが 「Classic Paragraph(クラシック)」 をデフォルトブロックにしている原因なので、チェックを外し、「変更を保存」します。

1-3.デフォルトブロックが「段落」になれば完了

そして、投稿の新規追加を選択し、デフォルトブロックが解消されたか確認してみましょう。

この設定を解除することでデフォルトブロックが「段落」に戻っています。

デフォルトブロックが「Classic Paragraph(クラシック)」で困っている方は是非、参考にしてみてください。

まとめ

今回はWordPress Gutenbergのデフォルトブロックが「Classic Paragraph(クラシック)」になっている時の対処法について解説してきました。

対処法
  1. 原因は「TinyMCE Advanced」の設定
  2. 高度なオプションの一箇所のチェックを外す
  3. デフォルトブロックが「段落」に戻る

これでデフォルトブロックを「段落」に戻すことができますよ。

さすがに「Classic Paragraph(クラシック)」がデフォルトになっていると記事は書きづらいかと思うので、参考にしてみてください。

以上です。

また、WordPress Gutenbergの使い方がわからないという方は以下の記事で詳しく解説していますので、こちらも合わせてどうぞ。

【2020年入門】WordPress Gutenbergエディタの使い方を初心者向けに解説しました。

\一部無料公開中です!/
ごく普通の会社員だった私が月100万円を稼ぐために行った4つの事とは?
ノウハウを試し読み
\一部無料公開中です!/
元会社員の私が月100万円を稼ぐために行った4つの事
試し読み