MENU
Category
プロフィール背景画像
ツヨシ|溝口 剛の画像
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。

札幌に「夏だけ(冬だけ)」短期移住をお得に方法を解説します!

はじめのアイコン画像はじめ

札幌に夏だけ(冬だけ)の短期移住をしたいと思っているんだけど…
お得に移住する方法ってないのかな??

本記事は上記の悩みの方に向けて記事を書いています。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web_local)です。

私は札幌在住のフリーランスブロガーです。30年以上札幌に住んでいて、札幌の酸いも甘いも知っておりますw

さて、あなたも「北海道・札幌に夏だけ(冬だけ)の短期移住がしたい!」と思っていましたか?

また、できることならそれ程お金をかけずに短期滞在したいですよね。

情報過多の時代にもかかわらず、北海道(札幌)への短期移住への情報ってネットではほとんど出回っていないのが現状です。

なので、この記事では実際に北海道札幌市に住んでいる私がお得に札幌移住をする方法について詳しく解説をしていきます。

これから夏だけ(冬だけ)札幌短期移住を考えている方は、是非ご覧ください。

本記事を流し読み
  • 北海道(札幌)に移住するなら「Airbnb」がおすすめ!
  • Airbnbなら最安1,000円/泊〜あります。(時期による)
  • キッチンや生活家電も備え付けなので長期滞在に向いている!
  • 記事後半では夏の札幌の魅力、冬の札幌の魅力について解説!

0円で業界No,1の札幌の求人紹介を受けられます!

移住する時に一番大事な要素は「仕事」です!なぜなら、仕事が決まってないと部屋を借りることができないからです!でも、多くは「札幌に仕事なんてないでしょ?」と漠然と行動しないんですよね…でも、ちゃんと転職活動する人は札幌にも仕事がある事を知り、移住を成功させています!リクルートエージェントは私も札幌移住の時に使いましたが、会社員をやりながらでも業界No,1の求人紹介・転職サポートを無料で受けれるので「札幌に移住したい!」と考えている方におすすめですよ!


※無料登録は2分ほどで完了しますよ!

この記事を書いてる人

溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi

   

1986年生まれ 33歳 札幌在住
8年間不動産・メーカー等の会社員として働き、3度の転職を経験。現在は札幌でフリーランスブロガーとして活動し、会社員時代に仕事選びに苦労した経験から「仕事・転職」に関する情報を「仕事・人生に悩む人」に向けて発信しています。

この記事の内容

1.札幌に「夏だけ(冬だけ)」短期移住をする方法を解説します。

さて、早速ですが札幌に「夏だけ・冬だけ」短期移住するのに必須なのが「宿泊先」ですよね。

札幌に長期間滞在予約が可能で、かつお金をかけずに格安で滞在できる宿泊先は以下の通りです。

具体的に一つずつ解説していきます。

1-1.Airbnb(エアビー)

Airbnbの評価
最安価格1,080円~
滞在の自由度

まず、夏だけ・冬だけの短期での札幌移住におすすめなのが「Airbnb」です。

Airbnbは民泊を斡旋しているサービスであり、個人オーナー所有の部屋や家を借りることができるので価格・日数についても融通がかなり利くのが魅力です。

また、キッチン・冷蔵庫・電子レンジなどの調理器具も付いているのがスタンダードのため、短期での札幌移住にはぴったりです。

出典:Airbnbより
出典:Airbnbより

さらに低価格な上に「オシャレかつコンセプトのある部屋」もあるので、夏だけ・冬だけの短期の札幌移住が非常に楽しくなりますよ。

札幌移住をするならAirbnbが最もおすすめです。

\低価格で札幌短期移住が可能

1-2.マンスリーマンション

マンスリーマンションの評価
最安価格1,500円~
滞在の自由度

2つ目に夏だけ・冬だけの札幌短期移住におすすめなのが「マンスリーマンション」です。

札幌のマンスリーマンションを数多く取り扱っているのが「札幌マンスリードットコム」というサイトです。

マンスリーマンションは、寝具の備え付けがない場合があり、レンタル又は購入しないといけない点などはデメリットです。

また、Airbnbの民泊は1ヵ月未満の滞在も可能に対し、マンスリーマンションは原則月単位での契約が基本となるため、日数についても縛りがあります。

民泊は「旅館・ホテル」として借り、マンスリーマンションは「住居」として借りるという違いがあります。

どちらにせよ、夏だけ・冬だけの短期での札幌移住に「マンスリーマンション」もおすすめです。

\1~3ヵ月の札幌短期移住におすすめ!/

1-3.アパホテル(ビジネスホテル)

アパホテルの評価
最安価格3,500円~
滞在の自由度

3つ目は夏だけ・冬だけの札幌短期移住におすすめなのが「アパホテル(ビジネスホテル)」です。

札幌には数多くのビジネスホテルがあり、アパホテルが1泊3500円〜ととても安い価格で宿泊することが可能です。

他には札幌のスーパーホテルも連泊だと低価格で宿泊することが可能です。

ただ、ビジネスホテルはキッチンがついていないので、外食や弁当を毎日食べるとなると食費も日々かかるので最もコストがかかります。

また、滞在の自由度も低く、値段の割りに部屋も最も狭いので価格を抑えたい方には不向きかもしれません。

\予算がある程度出せる方におすすめ/

2.夏だけ・冬だけ札幌短期移住の5つの魅力

はじめのアイコン画像はじめ

夏だけ(冬だけ)札幌短期移住の魅力ってなんなの?

札幌の夏は気候的にも過ごしやすく、魅力的な季節で過ごしやすいです。

具体的に札幌に夏だけ・冬だけ短期移住する魅力は以下の通りです。

夏の札幌の魅力

  • 北海道の夏はカラッとして過ごしやすい
  • 雨が少ない(梅雨がない)
  • ゴキブリが出ない
  • 札幌のビアガーデンは最高に気持ちいい
  • 北海道の夏キャンプも最高

冬の札幌の魅力

  • スキー場が札幌市内に6カ所もある
  • 冬は特に札幌の食べ物・魚介類が美味しい
  • ホワイトクリスマスが楽しめる
  • 雪祭りが開催されている
  • ニセコは住み込みで働けて、英語も勉強可能

2-1.「夏だけ」札幌短期移住の魅力

夏に札幌短期移住する最大の魅力は、過ごしやすい「気候」です。

札幌の夏は非常に短く寝苦しい夜というのがほとんどありません。

日中は気温が30度を超える日もありますが、夜になると気温は下がり、とても過ごしやすい気温になります。

札幌の夏の散歩は本当に最高なんですよね。

私は約4年間千葉県に住んでいたのですが、札幌に帰ってきて札幌の気候の良さを再確認しましたので。

なので、夏の暑くてジメジメした気候から短期的に逃れたいと考えている方には夏だけ札幌短期移住は最高ですよ。

2-2.「冬だけ」札幌短期移住の魅力

冬に札幌短期移住する最大の魅力は「ウィンタースポーツと食事」です。

まず、ウィンタースポーツについてですが札幌市内には6カ所スキー場が点在しており、30分も走ればスキー場に到着します。

また、夜11時までと遅くまで営業しているスキー場もあるので仕事終わりにもウィンタースポーツを楽しむことができるのは札幌ならではの魅力。

そして、札幌は一年中食べ物が美味しいのですが、冬の食べ物は特に美味しいです。

魚介類はマジで冬が最高!そして、寒い中食べるラーメンもマジで最高です!!w

札幌の「遊びと食事」を堪能したい方は冬に札幌短期移住するのがおすすめです。

まとめ

今回は、夏だけ・冬だけ札幌に短期移住する方法について解説しました。

お得に札幌短期移住するなら以下の宿泊先がおすすめです。

本記事のまとめ
  • Airbnb
  • 札幌マンスリーマンション
  • アパホテル

個人的にはやっぱりAirbnbが良いかなと感じています。

おしゃれな物件も多く、生活家電やキッチンが充実し、さらに価格がリーズナブルなのでお金をかけずに札幌短期移住をすることが可能です。

ぜひ、札幌短期移住をしたいと考えている方は参考にしてみてください。

「転職」で人生が大きく変わりました!

  • 転職したいのに行動していない人は読んでください
  • 行動しない人が損している「3つのコト」
  • 私が経験した転職で後悔した話も語っています!
  • 転職で家族との時間が溢れる人生になりました!
私はリクルートエージェントdodaで転職を成功させることができました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の内容
閉じる