私がUターン転職をしようと決断したきっかけ・理由は「〇〇」でした。

はじめ

Uターン転職をした人ってどんな理由・きっかけで地元に帰ろうと思ったんだろう…?

本記事は上記の悩みの方に向けて記事を書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

私は22歳の時に上京し、26歳の時にUターン転職をして札幌に戻ってきた経験を持っています。

現在は、札幌で家族3人で暮らしているフリーランスのブロガーです。

さて、あなたもUターン転職したいと思いつつもなかなか踏ん切りがつかず、Uターン転職経験者の地元に戻った理由・きっかけが知りたいと思っていましたか?

Uターン転職は会社を辞めるだけではなく、地元に移住するわけですから決断できないのも仕方ないです。

この記事では、実際に26歳の時にUターン転職で地元に移住した経験を持つ私が「Uターン転職に至った理由・きっかけ」をお話しています。

これからUターン転職をしたいと考えている方は是非参考にしてみてください。

この記事の内容

1.私がUターン転職をしようと決断したきっかけ・理由は「〇〇」でした。

さて、私がUターン転職をしようと思ったきっかけ・理由は「東京の暮らし・仕事に疲れていたから」です。

具体的に私は東京で生活していて以下の不満を持っていました。

  • 毎日通勤に1時間かけ会社に出社するのが疲れた。
  • 通勤が長いため、朝早く起きないといけない。
  • 満員電車が本当に苦痛だった。
  • 毎日21~22時に帰宅し、自宅と会社の行き来だけの人生が楽しくなかった。
  • 外出や旅行に行った時の人の多さ・不便さに耐えられなかった。
  • 家賃や駐車場代が高かった。
  • 将来、ちょっと広めの戸建てに住みたいと思っていたが住みたいと思える土地がなかったし、土地が高かった。
  • 将来、地元である札幌で子育てをしたかった。
  • 最終的な決め手は「転勤」を言い渡されたことだった。

東京での生活は確かに楽しい部分もありましたが、それと同時にストレスに感じる部分もめちゃくちゃ多かったです。

そして、マイナビ転職の「Uターン転職に関する実態調査」では以下のきっかけ・理由が多いという結果になっています。

出典:マイナビ転職「Uターン転職に関する調査」より
Uターン転職のきっかけ
  1. 地元の方が生活環境が充実するから
  2. 勤めていた会社に不満があったから
  3. 地元の方が経済的に楽だから
  4. 地元が好きで地元に貢献したかった
  5. 自己都合ではなく会社の都合
  6. 自分に合った生活がしたいから

Uターン転職をした理由を見ると、「都会よりも地元での生活の方が豊か」という内容の意見が多いという事です。

全ての人とまでは言いませんが、東京・首都圏での生活にストレスを感じている人は少なくないという事です。

具体的に意見が多かったUターン転職のきっかけ・理由について深堀していきたいと思います。

1-1.地元の方が生活環境が充実するから

「地元の方が生活環境が充実するから」の背景には、以下の要素があります。

  • 首都圏よりも広い家に住むことができる。
  • 家賃が下がるので車を持つ余裕も出てくる。
  • 自然が多く、人混みが少ないので暮らしやすい。

実際に私は東京(住まいは千葉県浦安市)→札幌にUターン転職したんですが、この点は本当に共感します。

地元に帰って同等の家賃を支払う場合、首都圏とは比較にならないほどの良い部屋に住むことができます。

  • 浦安市:1K(30㎡)駅徒歩15分 7万円
  • 札幌市:1LDK(50㎡)駅徒歩7分 5.5万円

同等以下の家賃を支払うだけで、広い部屋・いい部屋に住むことができるので地方都市の方が圧倒的に生活環境は充実しているのは間違いないです。

また、家賃が下がるため余ったお金で車を持つことができたり、さらに自然も多く、人混みも少ないので生活もとてもしやすいという事です。

首都圏で「生活の質」を上げるためにはお金をより稼ぐ必要がありますが、地方都市にUターン転職するだけで首都圏以上の生活環境を手に入れることができます。

1-2.地元の方が経済的に楽だから

「地元の方が経済的に楽だから」の背景には以下の要素が隠れています。

  • 家賃が首都圏よりも圧倒的に安い
  • 実家に住むことができる

私たちの支出の中で最も大きな割合を占めるのが「家賃」です。

そして、先ほどお話したように地方都市は首都圏よりも家賃が安いため経済的に楽になるという事です。

その根拠としてSUUMOの全国賃料相場を見ると一目瞭然です。

都道府県1K1LDK~2LDK~3LDK~
東京都(23区)8.00 万円11.97 万円15.45 万円19.16 万円
神奈川県(横浜市)6.04 万円8.39 万円10.12 万円11.79 万円
千葉県(市川市)5.90 万円7.90 万円9.40 万円10.80 万円
大阪府(大阪市)5.15 万円7.16 万円8.99 万円10.38 万円
埼玉県(さいたま市)5.31 万円6.96 万円8.20 万円9.25 万円
兵庫県(神戸市)5.00 万円6.73 万円8.10 万円9.40 万円
愛知県(名古屋市)4.94 万円6.73 万円8.16 万円9.29 万円
宮城県(仙台市)5.14 万円6.48 万円7.7 万円8.88 万円
福岡県(福岡市)4.21 万円5.73 万円7.31 万円8.77 万円
広島県(広島市)4.30 万円5.80 万円7.01 万円8.25 万円
北海道(札幌市)3.87 万円4.66 万円6.02 万円7.57 万円
参考:SUUMO全国賃料相場情報より

首都圏・関西圏以外の地方都市の家賃は安い傾向にあります。

私が住む札幌に至っては、東京の家賃の1/2以下です。

しかも、家賃は安く、住まいの質(広さや駅距離)は上がるというのが地方とに住む大きなメリットです。

また、人によってはUターン転職後、実家に住むという選択肢も出てきます。

そうなると、実家にお金は入れるとしても一人暮らしの「家賃や水道光熱費・食費」と比較すると圧倒的に抑える事ができます。

これが「地元の方が経済的に楽だから」の由縁です。

1-3.自分に合った生活がしたいから

「自分に合った生活がしたいから」の背景には以下の要素が隠れている。

  • 通勤時間が短縮され、自分(家族と)の時間が増える
  • ワークライフバランスが整っている
  • 仕事よりもプライベートを大事にしている人が多い

首都圏で働いている場合「自宅と会社の行き来」だけの人生になっている人が一定数いて、自分の趣味や好きな事に時間を使えていないと感じる人がいます。

私がその一人でした。

しかし、地方都市にUターンすることによって圧倒的に自分の時間が増えると感じています。

その一つが「通勤時間の短縮」です。

総務省統計局が公開している「都道府県別の通勤時間」を見ればわかる通り、首都圏では通勤に平均40分以上かけている人が非常に多いです。

往復換算すると「1時間20分~2時間」くらいです。

しかし、地方都市の通勤時間は首都圏の半分以下となっているため、その浮いた時間を自分の時間や家族との時間に使う事ができます。

ツヨシ

毎日、あと1~2時間早く自宅に帰ってこれると考えたどうですか?

たかが、1~2時間かと思うかもしれませんが、1年に換算すると約700時間(1ヵ月分の時間)に相当します。

つまり、首都圏で片道1時間以上通勤に時間をかけている人は、地方都市の勤務の方と比較して1ヵ月分以上の時間を損している可能性があるという事です。

さらに、地方都市の企業は「仕事よりもプライベート」を大事にしている方が多いです。

  • 家族との時間を大切にする
  • 自分の趣味の時間を大切にする
  • なので、会社全体で「休みを取る」のが普通

私が勤めていた東京の会社では「休む=悪」という暗黙の空気が流れていましたが、札幌で勤めていた会社はその真逆でした。

なので、地方都市にUターン転職することで「自分の時間」を持つことができるというのは間違っていないです。

また、Uターン転職のメリット・デメリットについては以下の記事で詳しく解説していますのでこちらも合わせてどうぞ。

2.Uターン転職希望者は増加傾向にある

そして、近年新型コロナの流行をきっかけにUターン・Iターン転職を希望する方が非常に増えていると言われています。

事実、20代の転職に強い「

」を運営している株式会社学情がUターン転職に関するアンケートを取った結果以下の統計データが取れております。

出典:株式会社学情アンケートより
出典:株式会社学情アンケートより

そして、Uターン・Iターン転職を希望する理由として、以下の理由が増えてきております。

  1. 首都圏での生活・仕事に疲れた
  2. 親の近くに住みたい
  3. 生まれ育った場所・自然豊かな場所で生活したい
  4. 「東京」以外でも十分に仕事ができるようになった
  5. 「人」が多い事がリスクと感じるようになった

新型コロナ流行に伴い、人口が多い首都圏で生活することをリスクに感じている若者が多いということです。

さらに、3密対策の一環としてテレワーク普及により、「東京」以外でも十分に仕事ができるようになったため、東京に住んでいる意味がなくなってきているという背景からUターン転職を希望する人が増えているんです。

以前まで「上京したのに地元に帰る」と聞くとマイナスなイメージを持たれる事も少なくありませんでしたが、今では「賢い選択」と見られることも増えてきているという事です。

まとめ

今回は私がUターン転職をしようと決断したきっかけ・理由についてお話してきました。

一つ言える事は、「東京の生活が苦痛」と感じているならUターン転職するのがおすすめです。

私はUターン転職で地元に帰ってきたことで、人生の幸福度が圧倒的に向上したし、

さらに「自分の時間」を持つことができたので、会社員を辞めフリーランスとして生きていくための準備もできました。

苦しみながら、東京での生活をしているなら「Uターン転職」とは賢い選択肢の一つですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

この記事の内容
閉じる