MENU
Category
プロフィール背景画像
ツヨシ|溝口 剛の画像
ツヨシ|溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi
当ブログを運営しているツヨシ(33)です。22歳~30歳まで会社員として働く。30歳の時に会社員を辞め、ブロガーとして独立。現在は札幌にてブログを書きながら、妻と息子と仲良く暮らしています。当ブログは「雇われずに好きな事で生きていく」をテーマに転職や個人で稼ぐ方法をメインに配信しています。
>>「無料LINEマガジン」登録はこちら<<

【動画有】マイナビエージェントの体験談・感想を実際にインタビューで聞いてみた!

2020 5/03
【動画有】マイナビエージェントの体験談・感想を実際にインタビューで聞いてみた!
はじめのアイコン画像はじめ

マイナビエージェントを使った転職の体験談が知りたい。
実際の利用者の感想なんかが聞いてみたいな。

本記事は上記の悩みの方に向けて記事を書いています。

こんにちは!ツヨシ(@24shi_web)です。

私は30歳まで会社員として働いており、過去3回の転職を経験しております。

さて、あなたも今まさに転職しようか悩んでいて、マイナビエージェントの利用しようか迷っていましたか?

この記事では、実際にマイナビエージェントを利用して転職を成功させた方にインタビューを行い、体験談や感想をお伺いしておりますので信憑性の高い口コミ評判をお届けします。

これからマイナビエージェントの利用を考えている方は間違いなく参考になりますのでご覧ください。

本記事「マイナビエージェントの体験談」の信憑性について

実際に「クラウドワークス」というサービスで、マイナビエージェント利用者を募集し、インタビューさせて頂きました。

  • 名前:(仮名)けんたさん
  • 年齢:30歳
  • 住所:東京都在住
  • 現職:IT(システム導入支援)
  • 利用期間:2016年10月~2017年1月

ちなみに、マイナビエージェントの利用を確認するため、キャリアアドバイザーとのやり取りがわかるメールや内定通知書の提出をお願いしています。

なので、本記事でインタビューをさせて頂いたけんたさんがマイナビエージェントを利用していたことは確認済みです。

確認書類はこちら(担当キャリアアドバイザーとのメール内定通知書)です。

この記事を書いてる人

溝口 剛
Tsuyoshi Mizoguchi

   

1986年生まれ 33歳 札幌在住
8年間会社員として働くも会社員としての生き方が嫌になり、フリーランスへ。現在はブログより年間1,000万円の収益を得ています。

この記事の内容

1.【動画有】マイナビエージェントの体験談・感想を実際にインタビューで聞いてみた!

↑動画でインタビューの様子を全て公開しています。

マイナビエージェントの評価

求人数の多さ
対応の早さ
総合評価
↑上記の評価は体験者さんのインタビュー結果を基に評価。

↑上記の評価は体験者さんのインタビュー結果を基に評価。

さて、今回は実際にマイナビエージェントを使って転職を成功させた(仮名)けんたさんに電話インタビューを行い、使ってみた感想・転職の苦労などの体験談を聞いてみました。

↓けんたさんの話を簡単にまとめると…

転職前

  • 業績悪化に伴いリストラに合う
  • 中小企業に勤めていた

転職後

  • 中小企業から大手のグループ会社に転職できた
  • 年収は前職と変わらず
マイナビエージェントを使った感想
  1. 正直、求人案件数に不満があった
  2. 内定後の待遇交渉に不満があった
  3. しかし、担当者(キャリアアドバイザー)はとても一生懸命にやってくれてよかった
  4. 結果的に中小企業→大手グループ会社に転職できたので満足

まずケンタさんの感想として、マイナビエージェントは、リクルートエージェント等と比較すると求人数の多さに不満を感じたとのことです。

やはり、マイナビエージェントは転職エージェント業界では後発のため、この点は正直仕方ないかなと言う印象とおっしゃっていました。

しかしながら、現在は全国に営業所も設置されているため、徐々に改善はされていくかなと私は個人的に思いますが、

今回のけんたさんのようにマイナビエージェントのみだと「求人数に不満を感じた」と感じている方もいることから、リクルートエージェントdodaと合わせて使うのが良いです。

また、内定後の「待遇交渉」に不満があったとのことですが、この点については担当キャリアアドバイザーの力量が大きく関係すると思われるので、マイナビエージェントのデメリットと言うか「担当者の巡り合わせ」によるところが大きいと感じています。

しかし、けんたさんはマイナビエージェントでの転職を総合的に見ると、もちろんデメリットは色々と感じる部分も多々あったけど、担当キャリアアドバイザーは一生懸命やってくれたし、結果として中小企業から大手グループ会社に転職することができたので、

マイナビエージェントを使った転職は満足であると言っていました。

以上のことから、マイナビエージェントは転職エージェントの中でもTOP4に入るサービスであることは間違いないので、リクルートエージェントやdodaと合わせて使う事によってとても満足度の高いサービスであることは間違いないという事です。

\登録無料です!2分で簡単登録!/

20代・第二新卒に強い転職エージェント
「未経験」でのIT分野への転職も実現可能です!

2.マイナビエージェントのメリット・デメリット

さて、それでは具体的にけんたさんのインタビューにて感じたマイナビエージェントのメリット・デメリットについてまとめていきます。

メリット

  • 20代・第二新卒の転職に強い
  • 分野に特化した転職エージェントが豊富
  • 熱心なキャリアアドバイザーがいる

デメリット

  • 求人数が他社よりも少ない
  • 待遇交渉を熱心にやってくれない場合がある

2-1.マイナビエージェントのメリット

2-1-1.20代・第二新卒の転職に強い

マイナビエージェントは特に20代・第二新卒の転職に力を入れており、若い世代の転職に強いと言われています。

その証拠に20代・第二新卒向けの専門転職エージェント「マイナビジョブ20’s」と言うサービスがあります。

リクルートやdodaなど競合他社はハイクラスの転職に力を入れている傾向が強いのですが、マイナビエージェントは若い世代の転職に力を入れているので、その点は競合他社と大きな違いです。

なので、20代・第二新卒の方で業界・業種を変えたい方、未経験でのポテンシャル採用を目指したい方はマイナビエージェントは非常におすすめであると言えます。

2-1-2.分野に特化した転職エージェントが豊富

マイナビエージェントは、専門職に特化した転職エージェントのサービスが豊富に揃っています。

具体的に見てみると以下の通りです。

特に近年若年層に人気のIT分野への転職などもマイナビエージェントは非常に力を入れており、IT分野への転職を検討中の方には「マイナビITエージェント」は登録必須ですね。

なので、分野に特化した転職エージェントの利用を考えているのであれば、マイナビエージェントは非常におすすめです。

2-1-3.熱心なキャリアアドバイザーがいる

今回インタビューさせて頂いたけんたさんがお話していた通り、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーはとても一生懸命に取り組んでくれる方がいるというのもメリットの一つです。

しかし、残念ながらこれはマンパワーによるものなので、個人差が大きくあるのも事実です。

なので、もちろんハズレキャリアアドバイザーに当たる場合もあるので完全なメリットとは言えないものの、キャリアアドバイザーのサービスに満足している方もいるのが事実なので「良いキャリアアドバイザー」がいることはマイナビエージェントのメリットと言って良いかなと。

もし担当キャリアアドバイザーと相性が合わない場合、営業所に連絡を入れて担当者の変更を申し入れを行いましょう。

この点については公式HPでも対応可能であると言われていますので。

転職を成功させるためには、良いキャリアアドバイザーに相談するのがとても大事ですから。

2-2.マイナビエージェントのデメリット

2-2-1.求人数が競合他社よりも少ない

マイナビエージェントはリクルートやdodaと比較してしまうと求人数が少ないです。

実際には3社の求人数は以下の通りです。

転職エージェント求人数
マイナビエージェント約4万件
リクルートエージェント約15万件
doda約10万件

マイナビエージェントは、リクルートエージェントやdodaと比較してしまうと求人数がやはり少なく感じます。

その証拠に、今回インタビューさせてもらったけんたさんもマイナビエージェントの求人数の少なさを実際にデメリットに感じたと回答しています。

もちろん、自分の希望通りの求人がマイナビエージェントで見つかれば、求人数は気にならないケースもあるでしょうが、転職が長引く場合、求人数の少なさをデメリットに感じてしまう可能性が高くなります。

なので、マイナビエージェントを利用する場合は、リクルートエージェントやdodaとセットで使うのが個人的にはおすすめです。

2-2-2.待遇交渉を熱心にやってくれない場合がある

この点については個人差があるかと思いますが、今回インタビューしたけんたさんが実際にマイナビエージェントを使って、待遇交渉を熱心にやってくれなかったと感じていたので、デメリットとしてあげました。

しかし、これは本当に担当キャリアアドバイザーによるものなのでマイナビエージェントだけではなく、リクルートエージェントやその他のエージェントでも起きうる問題かなと感じております。

また、年収交渉については「求職者本人」のキャリアや人柄なども関係することから完全なマイナビエージェントのデメリットともいえないかもしれません。

ただ、今回実際にマイナビエージェントの利用者であるけんたさんが遭遇した事例ということもあり、デメリットとしてあげました。

3.マイナビエージェントがおすすめな人

実際にマイナビエージェントがどんな方におすすめかというと以下に該当する方です。

マイナビエージェントがおすすめな人
  1. 20代・第二新卒の方
  2. 未経験で業界・業種を変えたい方
  3. IT等の専門分野への転職を検討中の方

マイナビエージェントは上記の要件に当てはまる方にはおすすめの転職エージェントです。

特に20代・第二新卒の未経験で業界・業種を変えたい方は利用するメリットは大きいと感じます。

若い世代の転職に力を入れているのは間違いなくマイナビエージェントであり、この点は競合他社であるリクルートエージェントやdodaとも差別化されている部分です。

また、ITやクリエイティブ職の専門の転職エージェントも用意されているのでこれらの業界に転職を検討している方は登録必須であると言えます。

4.おすすめ転職エージェント16社を徹底比較してみた!

転職エージェント名求人数対象エリアおすすめ度
リクルートエージェント約15万件全国★★★★★
doda約10万件全国★★★★★
マイナビエージェント約4万件全国★★★★
パソナキャリア約4万件全国★★★★
ワークポート約3万件全国★★★
Spring転職エージェント約2万件全国★★★
エンエージェント約1.5万件関東・関西★★★
type転職エージェント約1万件全国★★★
AidemSmartAgent約1万件関東・関西★★★
JACリクルートメント約1万件関東・関西★★★
ランスタッド約1万件全国★★★
第二新卒AGENTneo約1千件全国★★★
マイナビジョブ20's約3千件全国★★★
ウズキャリ約1千件関東・関西★★★
ハタラクティブ約2千件関東・関西★★★
就職Shop不明関東・関西★★★
※右→にスクロールできます。

※「求人数」については、2020年4月時点に調査した数値です。

さて、実際にマイナビエージェント以外の有名どころのエージェント16社と比較すると上記の通りです。

上記を見てもわかる通り、マイナビエージェントはリクルートエージェントとdodaには負けてしまうものの全体で見てみると豊富な求人数を誇っています。

また、マイナビエージェントは全国に営業所を構えているので、地方都市での転職でも利用することが可能です。

しかし、先ほどもお話した通り、マイナビに加えて上位の2つの転職エージェントを合わせて使う事によって、求人数を確保できるので個人的にはそういった使い方がおすすめです。

\登録無料です!2分で簡単登録!/

20代・第二新卒に強い転職エージェント
「未経験」でのIT分野への転職も実現可能です!

5.【体験談】マイナビエージェントの登録~その後の内定まで流れ

さて、それでは実際にマイナビエージェントの登録からその後の内定まで流れについて具体的に解説をしていきます。

実際にここでは、けんたさんへのインタビュー内容である体験談を基に解説していきます。

STEP
マイナビエージェント公式HPより無料登録
STEP
キャリアアドバイザーと面談
STEP
履歴書・職務経歴書の提出・添削
STEP
求人紹介・求人応募
STEP
採用試験・面接を受ける
STEP
内定・入社

5-1.マイナビエージェント公式HPより無料登録

STEP 1

マイナビエージェント公式HPより無料登録

ここでのやるべき事
ツヨシのアイコン画像ツヨシ

まず、始めに転職するに至ったきっかけ・経緯について簡単にお伺いしてよろしいでしょうか?

けんたのアイコン画像けんた

転職しようと思ったというよりは、強制的にせざるを得ない状況になったんですね。
会社が人を減らしたいということでリストラ・早期退職の対象になったというのがきっかけです。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

そうだったんですね…
それで、転職活動を始められたと思うのですが、最初どのようにマイナビエージェントへはどのように登録しましたか?

けんたのアイコン画像けんた

マイナビの運営しているエージェントサーチというスカウトサービスがあるのですが、マイナビエージェントより連絡を貰って登録をした流れです。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

自ら公式HPより登録したわけではないんですね?

けんたのアイコン画像けんた

はい、そうです。

基本はマイナビエージェントより登録する流れになりますが、今回インタビューさせて頂いたけんたさんはマイナビエージェントサーチ経由の登録です。

マイナビエージェントを利用するのであれば、公式HPより登録が最も楽で、無料でかつ2分程度あれば完了しますので、転職をしようか悩んでいる方はまず登録してみるのがおすすめです。

ちなみに、マイナビエージェントサーチとは、マイナビが運営している「転職エージェント・人材紹介会社」を探すためのサービスです。

5-2.キャリアアドバイザーと面談

STEP 2

キャリアアドバイザーと面談

ここでのやるべき事
  1. マイナビエージェントの担当者(キャリアアドバイザー)と面談
  2. マイナビエージェントのキャリアアドバイザーと転職の条件や希望の確認
ツヨシのアイコン画像ツヨシ

登録後はマイナビエージェントとの面談があると思うのですが、電話面談でしたか?直接面談でしたか?

けんたのアイコン画像けんた

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーと直接面談をしました。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

なるほど、ありがとうございます。

マイナビエージェントへの登録が完了したら、次にキャリアアドバイザーとの面談があります。

基本は、直接面談ですがご都合が悪い場合やどうしても面談が不可の場合は電話面談でも対応するケースがあります。

面談時間の目安は1時間から1時間半程度です。

実際にマイナビエージェントとの面談は以下の流れで進みます。

  1. キャリアアドバイザーと登録者(転職希望者)の顔合わせ
  2. 現在の仕事・職務経歴の確認
  3. 自身の強みや自己PRポイントの確認
  4. 転職理由の確認
  5. 志望する業界・仕事選びの軸
  6. 待遇の希望・条件の確認
  7. 求人情報の紹介
  8. 今後の連絡と応募の流れについての説明

マイナビエージェントとの面談では今後の求人を紹介するにあたり必要な情報を聞かれます。

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーに本音で話して良いのか?と悩む方も多いですが、本音で話してOKです。

特に「給料に不満がある。土日休みの企業に勤めたい」とかざっくばらんに本音で話す方が、あなた自身満足度の高い求人情報を受け取ることができるようになりますので。

5-3.履歴書・職務経歴書の提出・添削

STEP 3

履歴書・職務経歴書の提出・添削

ここでのやるべき事
  1. 履歴書・職務経歴書の提出
  2. 履歴書・職務経歴書の添削アドバイスを受ける
ツヨシのアイコン画像ツヨシ

履歴書・職務経歴書はどのタイミングで提出しましたか?

けんたのアイコン画像けんた

履歴書・職務経歴書は面談の前に事前に準備しました。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

公式HPには履歴書・職務経歴書を添削アドバイスを貰えると書かれていますが実際はどうでしたか?

けんたのアイコン画像けんた

私の場合は「いや、特にこれでいいと思います!」って感じだったんで、そのまま使っていました。

マイナビエージェントとの面談の時には、履歴書・職務経歴書を事前に作成しておきます。

そして、面談の際に訂正する箇所があればキャリアアドバイザーから添削アドバイスを貰うことが可能です。

また、履歴書・職務経歴書をしっかりと記載することにより、面談当日に希望に合った求人を即座に紹介してもらう事が可能になったり、希望条件やあなたの適性に合わせた提案がスムーズに行ってもらえるようになります。

履歴書・職務経歴書はマイナビエージェントのキャリアアドバイザーとの面談時には完成しておくようにしましょう。

5-4.求人紹介・求人応募

STEP 4

求人紹介・求人募集

ここでのやるべき事
  1. マイナビエージェントの担当者(キャリアアドバイザー)に求人を紹介してもらう
  2. 希望の求人があれば応募をする
ツヨシのアイコン画像ツヨシ

求人紹介はどのような流れですか?

けんたのアイコン画像けんた

はい。面談の時に求人を紹介してもらいました。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

求人紹介は自分の希望通りに合った紹介がされましたか?それとも自分の視野にはなかった紹介をされたのか?求人紹介の質・提案はどうですか?

けんたのアイコン画像けんた

えーっと…自分の希望していた求人を多く出して貰えたかというと…多くはなかったですね。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

じゃあ、自分が想像していなかった求人紹介が多かったという事ですか?

けんたのアイコン画像けんた

そうですね。はい。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

それは良かったですか?悪かったですか?

けんたのアイコン画像けんた

まぁ、良くないと感じたのでエージェントを増やしたわけで…
全体的に見ても求人紹介の質は高くなかったと感じています。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

なるほど…

けんたのアイコン画像けんた

リクルートエージェント等と比較するとやっぱりマイナビエージェントは求人数という部分では少なく感じました。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

なるほど。そうなると、マイナビエージェントは求人数が弱点ですかね?

けんたのアイコン画像けんた

そうですね。弱点ですね。
リクルートエージェント等と比較するとやっぱりマイナビエージェントは求人数という部分では少なく感じましたので。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

ちなみに希望に合っていない求人を紹介された時、キャリアアドバイザーから「絶対に受けてください!」などといったごり押しはありましたか?

けんたのアイコン画像けんた

ごり押しはされていないですね。
受けたくない企業は別に受けなくて良いので自分でそこは選択することが可能でした。

マイナビエージェントの求人紹介は、キャリアアドバイザーとの面談の時から始まります。

そして、エージェントを使う最大のメリットは一般の転職サイトには掲載されていない企業の求人情報が紹介してもらえる点です。

また、企業の待遇面、労働環境や雰囲気や年収と言った転職サイトでは知りえることのできない情報をキャリアアドバイザーから得られるのはとても良い点です。

事実、私も転職活動を行っている時は「ちゃんと休めるのか?その企業に実際に勤める社員の給料」など普通では聞く事の出来ない情報を教えてもらっていましたので。

しかし、今回インタビューさせて頂いたけんたさんはマイナビエージェントの求人提案の質と量に不満を感じており、リクルートエージェントよりも劣っているといっていました。

なので、マイナビエージェント1社のみに絞るのではなく、間違いなくリクナビエージェント等と合わせて使うのが個人的にはおすすめです。

また、よく「求人のゴリ押し」を心配されている方も多いですがこの点についてはマイナビエージェントは問題ないですね。

5-5.採用試験・面接を受ける

STEP 5

採用試験・面接を受ける

ここでのやるべき事
  1. マイナビエージェントのキャリアアドバイザーに面接のアドバイスを受ける
  2. 応募先の企業の採用試験・面接を受ける
ツヨシのアイコン画像ツヨシ

求人応募や面接の日程調整や連絡業務はマイナビエージェントのキャリアアドバイザーがやってくれると思いますが、事務的な手続きは迅速にやってくれていましたか?

けんたのアイコン画像けんた

日程調整に関してはキャリアアドバイザーの方が迅速に進めてくれました。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

そしたら、この点については不満はないですかね?

けんたのアイコン画像けんた

ないですね。はい。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

面接についてのアドバイスはどうでしたか?

けんたのアイコン画像けんた

キャリアアドバイザーから「こういう会社で、このような質問が来る可能性があります」って言うアドバイスを貰いました。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

とても具体的なアドバイスをしてもらえたんですね。

けんたのアイコン画像けんた

そうですね。

希望条件に合った求人に応募し、書類選考を通過することができれば、続いて採用試験・面接を受けていきます。

ちなみに、書類選考の合否や採用試験・面接の日時の設定についてもマイナビエージェントのキャリアアドバイザーが先方企業と日程調整を行ってくれるのでこの点も非常に楽です。

また、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーによっては面接にて「どのような質問がくるのか?」などの具体的なアドバイスをくれる場合がありあますので、この点も非常に役立つポイントです。

しかし、この点についてはキャリアアドバイザーによる部分が多いので、必ずしも具体的なアドバイスが受けれるわけではないです。

なので、キャリアアドバイザーの当たり外れはマイナビエージェントだけにとどまらずとても重要であるという事です。

今回インタビューさせて頂いたけんたさんはマイナビエージェントの担当キャリアアドバイザーから、そういった具体的なアドバイスが貰えたとのことで、とても満足されていました。

5-6.内定・入社

STEP 6

内定・入社

ここでのやるべき事
  1. 内定の連絡をマイナビエージェントより受ける
  2. 待遇面の交渉をマイナビエージェントのキャリアアドバイザーにお願いする
  3. 転職先企業と書類のやり取り、入社日の調整を行う
ツヨシのアイコン画像ツヨシ

内定が決まると、待遇面の交渉をキャリアアドバイザーにやってもらうと思いますが、この点はどうでしたか?

けんたのアイコン画像けんた

うーん…この点はあまり積極的にやってもらった感じはありません。
自分の求めている年収には届かなかったので…。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

なるほど…。じゃあ、条件面の交渉で「年収が上がりました!」という報告はキャリアアドバイザーの方からなかったんですか?

けんたのアイコン画像けんた

そうですね…。この点は不満に感じた点ですね。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

内定から入社までに必要な書類とか手続きはどうでしたか?

けんたのアイコン画像けんた

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーがオファー面談を組んでくれて、その後は直接会社とやり取りしてくださいねと言う流れでした。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

マイナビエージェントの担当キャリアアドバイザーの全体的評価・満足度はどうですか?

けんたのアイコン画像けんた

私は現会社の内定をもらう前に、実はもう1社内定を貰っていたんですね。
そこは正直違うなと感じて内定辞退を出したんですが、その後も献身的に求人紹介をしてくれたので担当キャリアアドバイザーの全体の評価としてはとても満足してるし、良かったです。

採用試験・面接を受け、内定を獲得することができたらマイナビエージェントのキャリアアドバイザーより「内定」の連絡が入ります。

内定の連絡が入り、その企業に転職したいのであればその旨を伝え、内定は確定します。

そして、この際に待遇(主に年収)で交渉してもらいたい事項があれば、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーにその旨を伝えると交渉してもらう事が可能です。

しかし、希望を伝えたからと言って必ず希望が叶うわけではないです。

事実、今回インタビューさせて頂いたけんたさんはこの待遇交渉面に対して不満を持っていました。

この待遇交渉に関しては、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーの能力と転職者本人の経歴やキャリアなどが大いに関係してきます。

しかし、条件面に納得がいかない場合はしっかりとマイナビエージェントのキャリアアドバイザーに相談しましょう。

そして、待遇面での両社が合意すれば、転職先の企業と入社に関わる書類のやり取りや入社日の調整が入り、入社に向けて動いていく流れです。

5-7.【番外編】退職するにあたり苦労した話

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

会社を辞める時の苦労をお伺いしたかったのですかありますか?

けんたのアイコン画像けんた

苦労はですね…
辞めることは強制的だったんですけど、給料の支払いについてもめました。
12月まで会社に在籍していて、翌月の1月まで給料を支払ってくれる約束だったのですが、払ってくれませんでした…

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

ええ!?それは何でなんですか?

けんたのアイコン画像けんた

今でもわからないです…。
それでこちらにも音声などの証拠があったので労働審判しようかという話までなったのですが、内定が決まってそんな時間はなかったので結局は辞めました。
お金をめぐる問題でゴタゴタしたという苦労がありました。

今回、インタビューさせて頂いたけんたさんは特殊なケースではありましたがこのように会社を辞める際にお金で揉めるケースもあるようですね。

5-8.マイナビエージェントを使ってみた感想・総括

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

最後にマイナビエージェントを実際に使ってみて満足いく転職ができたのか?という感想・総括をお伺いしてもよろしいでしょうか?

けんたのアイコン画像けんた

結論から言うと、中小企業から大手のグループ会社に転職することができたので、金銭面以外は満足のいく転職だと感じています。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

マイナビエージェントを使ってみて悪い点とかはどうです?

けんたのアイコン画像けんた

年収交渉と求人数ですかね。
求人数についてはもうちょっとあれば選択肢が広がったかなと感じています。

ツヨシのアイコン画像ツヨシ

次に良かった点はどうですか?

けんたのアイコン画像けんた

良かった点はマイナビエージェントのキャリアアドバイザーさんが良かったことですね。
内定を辞退しても、粘り強く最後までやってもらえたのでとても良かったです。

今回、けんたさんにマイナビエージェントを使ってみた体験談・感想をインタビューさせて頂きましたが、結果的に満足いく転職ができたとおっしゃっていました。

もちろん、マイナビエージェントにも求人数の少なさという部分はありますのでその点はリクルートエージェントを併用して使うなどすれば解消されると個人的には思います。

是非、今回のけんたさんのマイナビエージェントの体験談を参考しして頂ければ幸いです。

\登録無料です!2分で簡単登録!/

20代・第二新卒に強い転職エージェント
「未経験」でのIT分野への転職も実現可能です!

6.マイナビエージェントのよくある質問

さて、最後にマイナビエージェントのよくある質問について解説していきます。

6-1.仕事の都合で平日の面談ができない場合は?土日も可能なの?

はじめのアイコン画像はじめ

仕事の都合上、どうしてもマイナビエージェントの直接面談できない場合は?

どうしても直接面談ができない場合は、電話面談で対応いただけます。

また、首都圏に関しては土曜日も面談可能な場合がありますのでこの点についてはマイナビエージェントのキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

6-2.マイナビエージェントでマッチする求人がない場合は?

はじめのアイコン画像はじめ

マイナビエージェントでマッチする求人情報がない場合はどうすれば?

体験者であるけんたさんもお話していた通り、マイナビエージェントは求人数がデメリットと感じるケースがあります。

なので、マッチする求人が見つからない場合はリクルートエージェントやdodaと言った求人数が多い転職エージェントを合わせて使う事がおすすめです。

6-3.マイナビエージェントで内定辞退をしたい場合はどうすれば良いの?

はじめのアイコン画像はじめ

マイナビエージェントを使って、内定を貰ったけど辞退したい場合はどうすればよい?

けんたさんも実際に内定を獲得し、辞退し、2社目の内定先に入社しているので問題ありません。

もし、内定を獲得しても違うなと感じたのであれば正直にマイナビエージェントのキャリアアドバイザーに相談しましょう。

6-4.連絡のレスポンスが遅いから担当者(キャリアアドバイザー)を変えて欲しいんだけど…

はじめのアイコン画像はじめ

連絡のレスポンスや相性が合わないからマイナビエージェントの担当者(キャリアアドバイザー)を変えて欲しいんだけど…。

マイナビエージェントの担当者(キャリアアドバイザー)は変更可能です。

やはり、転職活動を成功させる上でキャリアアドバイザーの相性は非常に重要ですので、担当者を変えて欲しいと感じたのであれば、営業所の他のスタッフに連絡して担キャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。

もし言い辛いかもしれませんが転職を成功させるためですので。

また、それと同時にマイナビエージェント以外のサービスに登録は必須です。

他の転職エージェントを知れば、現在の担当キャリアアドバイザーが優秀なのかどうかも判断することができますので。

まとめ

今回は、マイナビエージェントの体験談・感想を実際の利用者さんにインタビューした内容をお話してきました。

総括するとマイナビエージェントは以下の通りかなと。

本記事のまとめ
  1. マイナビエージェントはおすすめできる転職エージェントであることは間違いない
  2. 特に20代や第二新卒、専門職への転職希望者にはおすすめ
  3. しかし、求人数とキャリアアドバイザーの能力がデメリットになるケースがある
  4. なので、デメリットをカバーするという意味でリクルートエージェント等と合わせて使うのが吉

是非、今回の体験談インタビューがあなたの転職の参考になれば幸いです。

\登録無料です!2分で簡単登録!/

20代・第二新卒に強い転職エージェント
「未経験」でのIT分野への転職も実現可能です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の内容
閉じる